編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

パナソニック、社内分社と連結子会社を統合--システムネットワーク事業展開

田中好伸(編集部)

2010-01-05 17:23

 パナソニックは1月5日、新たに企業向けシステムネットワーク事業ドメインを設立、社内分社のシステムソリューションズ社(システム社)と、100%連結子会社のパナソニック コミュニケーションズ(PCC)を再編、統合してパナソニック システムネットワークス(PSN)を1月1日付けで発足させたことを発表した。

 PSNは、パナソニックの100%子会社で資本金は298億4500万円。グローバルでの従業員数は1月現在で2万1900人となっている。

 パナソニックでは、通信と映像の融合が進む企業向けシステム市場で、映像系に強みを持つシステム社と、通信系に強みを持つPCCを再編、統合してPSNにすることで、音声からイメージ、映像、データをIP網で統合する「統合IPネットワーク」のソリューションで、新興国を中心にしたグローバルでの事業拡大と収益力向上を目指すとしている。

 PSNは、(1)監視カメラや防犯カメラで地域や企業を守る“セキュリティ”、(2)音声と映像でつなぐ“コミュニケーションネットワーク”、(3)ハンディターミナルや非接触ICカードリーダなどの“モビリティ”、(4)放送と通信の融合で映像と情報の配信ソリューションを提供する“ブロードメディア”、(5)商品群を各種社会基盤のトータルシステムとして提供する“インフラシステム”、(6)自社商品を支えるデバイスを生み出す“オプティカルデバイス”――という6つの事業体制を取る。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]