不審電話対策や通話内容の確認用に最長約45分間さかのぼって録音できるファクスを発売

日本電気株式会社・NECアクセステクニカ株式会 2006年09月19日

NECならびにNECアクセステクニカはこのたび、通話内容をさかのぼって録音できる「さかのぼり録音」機能を搭載したモデルなど、デジタルコードレスパーソナルファクス「スピークス」シリーズ6機種を商品化し、10月13日より発売します。

 新商品は、通話中または通話終了後に専用ボタンを押すことで、通話開始から最長約45分間の録音が可能な「さかのぼり録音」(注1)機能を新たに搭載しています。通話が終了してからでも録音ができる機能は、業界初(注2)となります。
これにより、通話内容を手軽に録音し、不審な電話かどうかの確認や、電話番号・待ち合わせ場所のメモなどに利用することができます。

 また、ファクスの受信頻度に合わせて、(1)受信が少ないときは記録紙カセットを装着せず使用できるコンパクトな「カセットレス受信」、(2)多いときには記録紙カセットを装着し受信と同時に印刷できる「カセット受信」の2つの受信スタイルから選択できる「スマート受信スタイル」(注1)を採用しました。

型名 SP-DA320(S) SP-DA320W(S) SP-DA220(K) SP-DA220W(K) SP-DA120(S) SP-DA120W(S)
色 シャインシルバー メタリックブラック シャインシルバー
希望
小売価格 オープン
発売日 10月13日
販売目標 2万台/月 1万台/月 2万台/月
付属子機 1台 2台 1台 2台 1台 2台
新商品の特長は以下の通りです。

1.業界初(注2)、通話を終了してからも録音できる「さかのぼり録音」
  (SP-DA320(S)/320W(S)/220(K)/220W(K))
通話中に専用の「さかのぼり録音」ボタンを押すと、通話開始時にさかのぼり通話終了まで最長約45分間(注3)録音可能。設定により(注4)通話終了後でも「さかのぼり録音」ボタンを押すことで直前の通話を録音可能。また、録音した通話を聞く際、聞きたい場所を素早く探すことができる「30秒スキップ再生」機能も搭載。

2.ファクスの受信スタイルを選べる「スマート受信スタイル」
  (SP-DA320(S)/320W(S)/220(K)/220W(K))
(1)ファクス受信が少ないときは、記録紙カセットを外した「カセットレス受信」によりコンパクトに使用可能。ファクス受信後は記録紙サポーターを使用して印刷。
(2)ファクス受信が多いときは、記録紙カセットを装着した「カセット受信」によりファクス受信直後に印刷可能。

3.新商品全ラインナップにデジタルコードレス子機(2.4GHz帯)を採用
(1)ノイズの少ないクリアな音質。
  (2)子機での通話を盗聴されにくい「周波数ホッピング方式」を採用。
(3)同周波数帯を使用する無線LANとの同時使用などにより干渉が生じた場合、無線チャネルの自動変更や手動でのチャネルパターン設定などにより干渉を低減することが可能。

4.見やすい「漢字表示」の採用(SP-DA320(S)/320W(S))
  親機のディスプレイに電話帳に登録した名前を大型漢字で表示。(ナンバー・ディスプレイ(注5)利用時)。
以 上

(注1)「さかのぼり録音」「スマート受信スタイル」は以下機種に搭載。
SP-DA320(S)/320W(S)/220(K)/220W(K)
「さかのぼり録音」専用ボタンは親機のみ。
(注2)2006年8月末現在、発売済みの普通紙パーソナルファクスにおいて。
(注3)留守録、ファクスとメモリを共用しているため、これらの機能でメモリを使用している場合、通話開始からの録音可能時間は短くなる。
(注4)通信終了後の「さかのぼり録音」有効時間の設定「0分/5分/無制限」から選択。出荷時の設定は「0分(録音を残さない)」。無制限は、電話の着信など次の動作の開始まで。
(注5)利用にはNTT東日本またはNTT西日本との契約が必要。(有料)


<新商品に関する情報>
インターネット (リンク »)

<本件に関するお客様からのお問い合わせ先>
NEC speax(スピークス)インフォメーションセンター
電 話 0120-200940(フリーダイヤル)
フリーダイヤルをご利用できない電話などからのお問い合わせは以下の通りです。
0537-22-8821
対応時間 平日(月~金)9:00~19:00 
             土日・祝日  9:00~17:00
(年末年始の当社休日を除く)

<本件に関する報道関係からのお問い合わせ先>
NECアクセステクニカ広報代理 有限会社シン
担当:佐藤(080-5501-1447)石川(090-5308-8849)
FAX:03-5384-7586 Mail:press@777.nifty.jp

※本件については、NEC広報部よりプレスリリース及び関連資料を送付させていただいている場合があります。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから