ネットアンドセキュリティ総研株式会社、「M&A時代の企業統合・グループ経営の動向と活用法」を販売開始

低コストで事業を爆発的に拡大!経営形態・スキームを最適化して 年間数千億の増収を狙うM&A戦略  ~「1+1」=10 シナジー効果を最大化する企業統合のポイント~

サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社 2005年10月28日

インターネットビジネスの総合シンクタンクであるネットアンドセキュリティ総研株式会社(代表取締役 原 隆志 東京都港区)は、シグマベイスキャピタル株式会社(代表取締役 清水 正俊 東京都中央区)が運営するシグマインベストメントスクールが開催する「M&A時代の企業統合・グループ経営の動向と活用法」の販売を開始いたしました。

報道関係者各位

平成17年10月28日
ネットアンドセキュリティ総研株式会社
(リンク »)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
低コストで事業を爆発的に拡大!
   経営形態・スキームを最適化して 年間数千億の増収を狙うM&A戦略
 NS総研「M&A時代の企業統合・グループ経営の動向と活用法」を販売開始
 ~「1+1」=10 シナジー効果を最大化する企業統合のポイント~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■■ 要約 ■■

インターネットビジネスの総合シンクタンクであるネットアンドセキュリティ総研株式会社(代表取締役 原 隆志 東京都港区)は、シグマベイスキャピタル株式会社(代表取締役 清水 正俊 東京都中央区)が運営するシグマインベストメントスクールが開催する「M&A時代の企業統合・グループ経営の動向と活用法」の販売を開始いたしました。

このセミナーでは、楽天やライブドアの買収で話題になったM&Aをはじめとした企業統合において、経営形態・スキームを最適化してシナジー効果を最大化するポイントを最近の動向と事例の考察を通じて、徹底解説します。

本講座は2005年11月16日(水)13:30から16:30の3時間開催します。

詳細ページ: (リンク »)


■■ 講座の概要 ■■

●時間もコストも最小限 事業を爆発的に拡大させるM&A戦略

M&Aや企業グループ再編に関するニュースや話題が新聞紙上やメディアを日々賑わしています。2004年には2000件を超えるM&Aが行われており、複数企業の統合を通じた企業経営はもはや我が国でもごく日常化しております。

また、新規上場マーケットが注目を集め、IPOを狙うベンチャー企業は珍しい存在ではなくなって来ておりますが、IPO前の段階でも企業統合、M&Aを通じてグループとして株式公開をターゲットにする企業が増加傾向にあります。

その反面、MBO等による上場企業の非上場化といった現象も見られます。日本のMBOは敵対的買収対策というイメージが大半ですが、米大手スーパーのKマートの例のように、MBOは将来の企業価値増大、再上場を狙ったスキームのひとつであるともいえるのです。

本講座では、このようなM&A時代の企業統合、グループ経営について、最近の動向と事例の考察を通じて、経営形態(水平型統合、垂直型統合、複合型統合等)・スキーム(持株会社化、合併、子会社化等)を最適化する方法を徹底解説します。

●グループ経営における管理体制・コーポレートガバナンスのポイント

平成15年4月に施行された商法改正によって、企業は、委員会等設置会社の導入が可能になりました。これは米国型企業統治とも呼ばれ、新しい企業統治制度として注目されています。

企業は、今までどおり日本型の統治の仕組みを選ぶことも、委員会等設置会社に移行することもできます。

本講座では、会社の市場価値を最大化するにはどうすればよいか?グループ経営における持株会社と子会社の取引関係等を通じた企業統治、管理体制の在り方についてお話いたします。


■■セミナーの特徴■■

 ・M&Aを含む最近の企業統合の動向と事例がわかる
 ・経営統合における経営形態・スキームを最適化してシナジー効果を最大化する方法がわかる
 ・会社の市場価値を最大化するコーポレートガバナンスのポイントを徹底解説

■■ こんな方におすすめ ■■

 ・企業の買収・売却を検討されている経営者の方
 ・起業家
 ・投資家
 ・企業統合を行った会社の経営者の方


■■セミナープログラム■■

M&Aをはじめとした企業統合において、経営形態・スキームを最適化してシナジー効果を最大化するポイントを最近の動向と事例の考察を通じて、徹底解説します。

またグループ経営における持株会社と子会社の取引関係等を通じた企業統治、管理体制の在り方についてもお話いたします。

1.企業統合・グループ経営の最近の動向
2.企業統合の形態別・スキーム別検討
3.企業統合・グループ経営の事例研究
 ~成功例・失敗例から見る対応策の考察~
4.グループ経営における管理体制・コーポレートガバナンスのポイント
5.まとめ
 ~M&A時代における企業統合の意義と留意点~


■■ 講師プロフィール ■■

 講師:三優ビーディーオーコンサルティング株式会社
    公認会計士 八上 俊樹氏

公認会計士(平成11年登録)。
学校法人大原学園大原簿記専門学校会計士科での原価計算担当講師を経て、三優ビーディーオーコンサルティング(株)にて、主として中堅企業を対象として株式公開準備支援、資本政策、事業再編等のコンサルティング業務に多数従事し、現在に至る。

■■ 開催概要 ■■

◆タイトル:
 「M&A時代の企業統合・グループ経営の動向と活用法」

◆主催:シグマベイスキャピタル株式会社
        「シグマインベストメントスクール」

◆日時
 2005年11月16日(水)13:30~16:30(受付開始13:00~)

◆会 場:「シグマベイスキャピタル株式会社」
     東京都中央区日本橋室町1-7-1 スルガビル8F
      (リンク »)

◆定員:28名

◆受講料:25,200円(税抜 24,000円+消費税 1,200円)

◆キャンセル期限:2005年11月9日(水)
◆入金期限:2005年11月11日(金)

◆お申し込み方法
TEL・FAX・e-mailのいずれかにて住所・お名前・e-mail・電話番号・会社名を明記の上お申し込みください。
また、下記ウェブサイトよりお申し込みページへリンクしておりますので、そちらのフォームでのお申し込みも可能となっております。

------------------------------------------------------------------
・ウェブサイト : (リンク »)
・E-Mail    : info@shop.ns-research.jp
・TEL/FAX   : TEL:03-5770-4418 / FAX:03-5770-4419
------------------------------------------------------------------

○講座にてご持参頂くもの
・受講票
・お名刺
・筆記用具

◆お申し込みに関する注意点
(リンク »)

■■ シグマインベストメントスクール  ■■

・設  立 :1990年4月
・活動内容:シグマインベストメントスクールの通学制・通信教育コースの各種教育プログラムは理論を実務に橋渡しできる我が国唯一の”実践金融理論専門教育機関”として斯界では高い評価を得ている。
日系・外資系金融機関をはじめ事業法人、監査法人、官公庁等の約300社にのぼる企業の社員研修に導入実績がある。

・連 絡 先:〒103-0022
      東京都中央区日本橋室町1-7-1 スルガビル8F
      TEL:03-5203-5504 / FAX:03-5203-5502
      venture@sigmabase.co.jp


■■ ネットアンドセキュリティ総研株式会社 ■■

・設  立:1996年10月
・資 本 金:151,450,000円(2003年11月20日現在)
・代 表 者:代表取締役 原 隆志
・事業内容:インターネットビジネスの総合シンクタンク
・U R L: (リンク »)
・連 絡 先:〒106-6138
      東京都港区六本木6-10-1六本木ヒルズ森タワー38F
      株式会社ライブドア内
      TEL:03-5770-4417 / FAX:03-5770-4419
       info@ns-research.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社の関連情報

サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社

サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!