【第23回ホットリサーチ】ビジネスアプリケーションの利用調査 : ビジネスブログの活用は有効 20.4%から30.1%に〔第2回ホットリサーチ(2005/3/14)との前回比〕

株式会社ホットリンク 2006年12月04日

ブログ事業を展開している株式会社ホットリンク(本社:東京都千代田区、代表取締役:内山幸樹)では、マクロミルの協力により、「ビジネスアプリケーションの利用調査」に関して調査を実施し、103名の有効回答を得ました。
先端技術開発系の研究室との連携プロジェクト「ホットラボ」への活用とともに、
市場ニーズにマッチした製品開発を推進していきます。


【主な調査結果】

●現在どのようなビジネスアプリケーションを利用しているか?
-「グループウェア」44.7%
現在どのようなビジネスアプリケーションを利用しているか質問したところ、「グループウェア」を利用している人が最も多かったが、56.3%から44.7%に減っていた。
その他のアプリケーションも利用は減少傾向にあったが、「ブログシステム」のみ1.9%から4.9%と増加傾向にあり、ビジネスアプリケーションとしてブログを導入する企業が増えてきていることがわかった。

●利用しているビジネスアプリケーションについて
-「一部しか利用していない」20.0%
利用しているビジネスアプリケーションについて使用状況を質問したところ、前回と同様に全体の約2割は一部機能しか利用していないことがわかった。
アプリケーション別で見ると、掲示板システム利用者は「利用頻度は少ない」が17.6%から37.5%、文書管理システム利用者は「利用頻度は少ない」が19.2%から33.3%、日報システム利用者は「入力するのが面倒」が15.8%から23.5%に増えていた。

●ビジネスアプリケーションの中でよく利用している機能は何か?
-「メール送受信」54.2%
なんらかのビジネスアプリケーションを利用している回答者に対して質問したところ、前回と同様に「メール送受信」機能利用者が最も多かった。
アプリケーション別で見ると、「掲示板」機能の利用は、26.5%から11.9%に減っていた。

●ブログについてご存知ですか?
-「知っている」98.1%
前回「知っている」との回答は、87.4%から98.1%に増えていた。またブログ投稿経験者は20.4%から29.1%に増えていた。
ブログ閲覧者も含めるとブログ利用者は、60.2%から78.6%に増えていた。

●ブログの使用目的は何か?
-「情報収集として」35.1%
ブログを「知っている」回答者に対して使用目的を質問したところ、「興味があった」が45.9%から50.0%に増えており、回答者が最も多かった。
次いで「情報収集として」が29.7%から35.1%と増えており、ブログを情報収集として利用する人は増加傾向にあることがわかった。

●ビジネスブログを活用した場合、有効であると思うか?
-「思う」30.1%
ブログのビジネス活用の有効性については、「思う。所属する企業が導入している」(1.9%から4.9%)、「思う。所属する企業が導入を検討している」(3.9%から2.9%)、「思う。所属する企業は具体的には検討していない、またはしているかどうか不明)(14.6%から22.3%)との意見があった。また、「わからない・どちらとも言えない」は58.3%から37.9%減っていた。

●ブログはどのような分野で有効か?
-「知識の共有」48.4%
ブログをビジネスに活用することは「有効である」との回答者に対して、具体的な分野を質問したところ、前回と同様「知識の共有」(76.2%から48.4%)が最も多かった。
しかし、「スケジュール管理」は14.3%から25.8%、「ファイル管理」は4.8%から12.9%、「施設予約」は0%から6.5%と、ブログの利用目的が多様化していることがわかった。

●ブログのビジネス利用の利点に対する現状
-「下層からの意見が経営層に的確に伝わらず改善が必要」43.7%
ブログをビジネス活用する利点として、社内コミュニケーションの活性、マーケティングデータ収集力の向上、情報伝播性の向上等が考えられる。
そこでそれぞれのポイントについての現状を質問したところ、前回と同様に社内コミュニケーションについて改善が必要と考えている回答者が約4割であった。項目別に見ると、「上司とのコミュニケーションが密に取れている」(13.6%から10.7%)や「他部署とのコミュニケーションが密に取れている」(4.9%から1.9%)と減っており、「下層からの意見が経営層に的確に伝わらず改善が必要」は(35.9%から43.7%)増えていた。ブログをビジネス活用している人は、現状よりも密な社内コミュニケーションが必要と考えていることがわかった。

注:上記の結果は、第2回ホットリサーチ( (リンク ») )
との比較集計結果です。同じ質問を行い、その回答との比較を行いました。

「ホットリサーチ」の詳しい調査結果は、
(リンク »)
から、ご覧いただけます。
何卒宜しくお願い申し上げます。


<本件に関するお問い合わせ先>
株式会社ホットリンク/広報担当:後藤・萩原  
TEL : 03-6268-3855  
e-mail : promotion@hottolink.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!