ビットレイティングス、総額3 億円の第三者割当増資を実施

拡大するモバイル検索市場への積極的展開を加速

エフルート株式会社 2006年12月13日

モバイル検索ポータル「F★ROUTE(エフルート)」を運営するビットレイティングス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:佐藤 崇、以下ビットレイティングス)は、この度、エヌ・アイ・エフSMBCベンチャーズ株式会社、りそなキャピタル株式会社、みずほキャピタル株式会社、株式会社HIKARIプライベート・エクイティを割当先とした第三者割当増資により、総額3億円を調達したことを発表いたします。

モバイルインターネットサービスは、通信事業者による課金回収代行サービスを利用したダウンロード型コンテンツサービス(公式メニュー)を中心に発展してきましたが、2003年に導入されたパケット通信料金の定額化やフルブラウザー機能の搭載により、情報収集ツールとしての側面を急速に帯びてきています。また、2006年に主要携帯電話事業者すべてが、検索機能の本格導入に踏み切るなど、急激にモバイル検索市場が拡大しています。このため、ユーザーのコンテンツ利用動向も、従来の公式メニュー経由から、検索エンジン経由へとシフトしてきており、モバイル検索分野において優位性を持つことが、今後の拡大するモバイルインターネットビジネスに大きな影響を与えることが予測されます。

こうした背景を踏まえ、ビットレイティングスではこれまでモバイル検索事業を強化すると同時に、F★ROUTE内コンテンツの拡充を図って参りましたが、今回の資金調達はこうした事業展開をさらに加速するものです。現在、専門検索機能(バーティカル検索機能)において、辞書検索やブログ検索など、11機能を展開しておりますが、今後一年で検索機能の倍増を予定すると同時に、ユーザーによって検索結果を表示する順番が変更可能となるパーソナライズド検索機能を開始する予定です。併せてその他検索関連サービスの推進、検索エンジン提供パートナーやコンテンツの増強など、モバイル検索を中核とするモバイルメディア事業・モバイルコンテンツ事業における、効果的で速やかな収益向上を目指します。

*1 通信事業者による公式サイトではない、オープンなサイト



[F★ROUTE(エフルート)へのアクセス方法]
携帯電話 より
URL入力  (リンク »)  

※au・TU-KA端末の場合下記アクセス方法もございます。
EZトップメニュー->カンタンアクセス・オープンサイト->F★ROUTE


[会社概要]

<ビットレイティングス株式会社>   (リンク »)

ビットレイティングスの運営する「F★ROUTE」( (リンク ») )は、月間ユニークユーザー数120万人をかかえるモバイル検索ポータルサイトです。ビットレイティングスでは、2006年度より本格的なモバイル検索事業への事業集中を行い、2006年6月には世界初となる携帯電話向けロボットクラスタリング検索サービスを開始し、その後NTTDoCoMo・auでは公式メニューから利用できるモバイル検索プレイヤーとして参入しました。11月にはEC研究会(NPO法人)が実施した日本検索経済大賞の特別賞を受賞し、モバイル検索の相次ぐ新機能投入により市場シェアの拡大を進めています。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【本リリースに関するお問い合わせ】
ビットレイティングス株式会社
東京都千代田区九段南3-11-8 飛栄九段ビル8階
担当:綱島 (つなしま)
E-mail : pr@bitrating.com
T E L : 03-3515-3955    F A X : 03-3515-3395
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
# # 文中の会社名およびサービス名は、各社の商標または登録商標です。 # #

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

エフルート株式会社の関連情報

エフルート株式会社

エフルート株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!