Applicure社「dotDefender」販売開始

ソフトウェア型WAF(Webアプリケーション ファイアウォール) Webサーバにプラグインとしてインストール

有限会社先端技術研究所 2007年05月07日

先端技術研究所は、イスラエル国 Applicure Technologies社のソフトウェア型WAF(Webアプリケーション ファイアウォール)製品「dotDefender」の販売を開始した。

Press Release: 2007-05-07


先端技術研究所
Applicure社「dotDefender」販売開始
ソフトウェア型WAF(Webアプリケーション ファイアウォール)
Webサーバにプラグインとしてインストール

有限会社 先端技術研究所(Advanced Research of Technologies, Inc.、 (リンク ») 、本社: 横浜、電話: 045-978-1292、社長: 工藤 安信)は、イスラエル国 Applicure Technologies(アプリキュア テクノロジース)社のソフトウェア型WAF(Webアプリケーション ファイアウォール)製品「dotDefender(ドットデフェンダ)」の販売を開始した。

先端技術研究所では、「Webセキュリティ」を今後の中心テーマとして捉えている。昨年には、マルタ国Acunetix(アクネティクス)社のWebアプリケーション脆弱性監査ソフトウェア製品「WVS(Web Vulnerability Scanner)」(ウェブ バルネラビリティ スキャナ)の販売を開始した。WVSは既にかなりの販売実績を上げてきたが、見つかった脆弱性に如何に対処するかが次の課題となっている。本来Webアプリケーションの ソース コードにある脆弱性を修正するのが根本的解決策であるが、直ぐに修正するのが難しいというのが通例である。結局事実として存在する脆弱性に対しては、まずはWAFを導入するという解決策に行き着くことになる。ところが、ハードウェア アプライアンス型WAFは、非常に高価なため、なかなか即導入とはいかなかった。そこで、先端技術研究所では、低価格のソフトウェア型WAFを選択した。

Webは、組織の大小に拘わらず、ビジネスITインフラストラクチャの不可欠なコンポネントである。ますます頻繁化している攻撃から企業Web環境を防御することは、極めて重要な責務となってきた。一方、既存ソリューションの複雑さと効果の無さは、管理者を欲求不満に陥れてきた。求められているものは、あらゆる大きさの組織にとっての確固たるセキュリティであり、それは同時に十分に簡単でターンキー ソリューションとして実施可能なものでなければならない。そのソリューションが、今dotDefenderで可能になった。

dotDefenderは、ファイアウォール、IPS/IDS等のネットワーク防御を補完する専用の アプリケーション セキュリティを提供する。dotDefenderは、IIS、Apacheのサーバ内に サーバ プラグインとして装備される。この革新的なWebサイト セキュリティ ソフトウェアは、SQLインジェクション、クロスサイト スクリプティング、パス トラバーサル、その他多くのアプリケーション攻撃に対して、強力な防御を提供する。

dotDefenderのライセンス定価は、79万9千円となっている。また、SaaS向けの1年間ライセンスや、VM用のライセンスも用意されている。

先端技術研究所では、メーカ、流通、システム インテグレータ、セキュリティ コンサルタント等を経由して販売を行う。

■ dotDefender

dotDefenderは、Webアプリケーション機能の悪意ある利用に備えてWebサイトのセキュリティを費用効果的に提供する ソフトウェア ベースのWebアプリケーション ファイアウォールである。

強力なWebサイト セキュリティ、迅速なインストレーションとインテグレーション、箱から出して即使えるWebサイト防御、性能、自動ライブ アップデート、容易なメンテナンス、コスト効果的、等々を特長としている。

■ Applicure Technologies (リンク »)

Applicure社は、Webアプリケーション セキュリティと アプリケーション コンプライアンスのためのソフトウェア製品を開発している。Applicure社としては、セキュリティとIT統制はコスト効果的かつ効率的でなければならず、これにより本来の ビジネス ゴールに自由に集中できると考えている。Applicure社の製品の主な特徴は、最先端技術、簡単な投入、努力を要しないメンテナンス、そして手ごろな価格である。Applicure社は、2004年に設立され、市場アナリストやスペシャリストの間で急速に評判を高めてきた。IT Week誌も、その業績を認め、トップ100ベンダの一つに挙げている。

■ 先端技術研究所 (リンク »)

先端技術研究所は、本社を横浜に置き、情報技術(IT)分野における日本を代表する先端技術ハンターである。高度な問題解決力、基礎から応用までの豊富な技術力、長年の業界経験と事業実績、米国、ヨーロッパ、イスラエル等との幅広い人脈、強力な国内販売チャネルを差別化として、海外のソフトウェア製品の日本市場への輸入販売等、多方面の事業を行っている。
045-978-1292、KHB16427@nifty.ne.jp

このプレスリリースの付帯情報

dotDefender

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

有限会社先端技術研究所の関連情報

有限会社先端技術研究所

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?