ITサービスマネジメント(ITIL) 基礎問題をモバイルで配信開始

株式会社ピーエイと株式会社ゼータは、携帯コンテンツ「資格王・受験王」のサービス「もしもしde模試」内のコンテンツ配信『モバイル模擬試験』で、ITIL基礎知識習得のための演習問題を配信開始します。

株式会社ピーエイ 2007年05月24日

平成19年5月24日

会社名 株式会社ピーエイ
代表者 代表取締役社長 加藤博敏
(コード番号 4766 東証マザーズ)

『資格王・受験王/モバイル模擬試験/企業三大疾患』で
NTTデータ先端技術のITサービスマネジメント(ITIL) 基礎問題を配信開始


株式会社ピーエイと株式会社ゼータは、共同で株式会社ピーエイが提供する携帯コンテンツ「資格王・受験王」のサービス「もしもしde模試」内のコンテンツ配信『モバイル模擬試験』で、ITIL基礎知識習得のための演習問題を、2007年5月24日より配信開始します。

エヌ・ティ・ティ・データ先端技術株式会社が提供している研修に対応したオリジナル演習問題を、「資格王・受験王」の『モバイル模擬試験(総合企画:株式会社ゼータ)』で配信します。

1.「資格王・受験王」とは(運営:株式会社ピーエイ)
 資格やスクール情報をユーザに配信し、スキルアップ、就転職、進学を考える社会人や学生から高い支持を得ている携帯サイトです。

※「モバイル模擬試験」へのアクセス方法は、以下のURLでも確認できます。
   (リンク »)

2.ITILとは
ITIL(Information Technology Infrastructure Library)とは、1989年に英国政府機関のOGC(英国商務省)に公表されたIT Service ManagementにおけるベストプラクティスをまとめたフレームワークでIT運用における実際の知識やノウハウが集約されており、欧米では業界のデファクト・スダンダードとして認知されているものです。

●IT Service Management基礎研修コース
エヌ・ティ・ティ・データ先端技術株式会社の提供する研修サービスで、OGCが持つ品質標準を満たすとされるEXINの認定を取得しているものです。2日間の研修と最終日に提供されるITIL Foundation認定試験により構成されており、ITILに関する知識を深めながら、ITIL Foundation有資格者となることを目的としております。

※詳細はインターネット( (リンク ») )をご覧ください。

3.エヌ・ティ・ティ・データ先端技術株式会社の概要
商 号 エヌ・ティ・ティ・データ先端技術株式会社
設 立 1999年8月3日
資本金 1億円
代表取締役社長 三宅 功
所在地 東京都江東区豊洲3-3-9 豊洲センタービルアネックス9階
業務内容 1. テクニカルコンサルティングサービス
2. システムインテグレーションサービス
3. 最新技術の動向調査、製品評価
URL (リンク »)

4.株式会社ゼータの概要
商 号 株式会社ゼータ
設 立 2004年6月1日
資本金 1,000万円
代表取締役社長 河合 一彦
所在地 東京都新宿区早稲田町74番地 花野ビル2F
事業内容 1. 著作権、著作隣接権、意匠権、商標権、工業所有権の取得
および管理運用
2. 書籍、雑誌、その他印刷物の企画、製作および販売
3. 広告宣伝の情報媒体の企画開発および販売
URL (リンク »)


5.株式会社ピーエイの概要
商 号 株式会社ピーエイ
設 立 1986年6月
資本金     5億1,322万8千円(平成18年12月末現在)
代表取締役社長 加藤 博敏
所在地 本社:東京都新宿区新小川町6番29号 アクロポリス東京10階
事業内容 1. 求人広告の提供
2. 大学、専門学校等情報の提供
3. 模擬試験の提供
4. 資格情報の提供およびIT資格(OCUP)の認定・推進
URL (リンク »)

※本文中に記載された会社名、商品名、サービス名は各社の商標または登録商標です。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社ピーエイの関連情報

株式会社ピーエイ

株式会社ピーエイの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから