「'07 自動車情報システム市場の将来展望」を販売開始

カーナビやETCなど自動車情報システム市場の現状と展望を徹底分析

サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社 2007年08月08日

インターネットビジネスの総合シンクタンクであるサイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社(代表取締役 土屋 継 東京都港区)は、情報通信関連機器・電子部品及び材料・エネルギー・環境についての調査業務を行う株式会社日本エコノミックセンター(代表取締役 石澤 宜之 東京都中央区)が発行する調査資料「'07 自動車情報システム市場の将来展望」の販売を開始しました。

報道関係者各位

平成19年8月8日
サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社
(リンク »)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
サイボウズ・メディアアンドテクノロジー、
「'07 自動車情報システム市場の将来展望」を販売開始

~カーナビやETCなど自動車情報システム市場の現状と展望を徹底分析~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■ 要約 ■■

インターネットビジネスの総合シンクタンクであるサイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社(代表取締役 土屋 継 東京都港区)は、情報通信関連機器・電子部品及び材料・エネルギー・環境についての調査業務を行う株式会社日本エコノミックセンター(代表取締役 石澤 宜之 東京都中央区)が発行する調査資料「'07 自動車情報システム市場の将来展望」の販売を開始しました。

詳細ページ: (リンク »)


■■ 資料概要 ■■

日本エコノミックセンターの調査によれば2006年のカーナビゲーションの出荷台数は488万8,000台、ETC車載器の出荷台数は531万台になりました(輸出、海外生産及びOEM分を考慮し、日本エコノミックセンター推定による)。

2006年のカーナビ市場は、ナビ高付加価値化と、地上デジタル放送対応機器、娯楽システムによって売上げが増加しました。タイプ別ではDVDから大容量HDDへのデータメディアの移行が加速しました。出荷実績では05年累計でDVDとHDDタイプの比率は約2対1の出荷台数でしたが、06年累計ではHDDタイプがDVDタイプを若干上回りました。

また、簡易型ポータブルナビの普及が本格化したことにより、国内市販カーナビ市場では売れ筋商品の価格の二極化が進みました。市販カーナビ市場では、実売価格30万円前後の価格帯の製品が多く、購買層が限定されていましたが、2006年から需要が本格化した簡易型ポータブルナビは10万円未満という価格で、軽自動車ユーザーからも高い支持を獲得しています。

一方、ETC車載器は各高速道路会社が積極的なキャンペーンや割引システムの導入を実施したことなどが功を奏し、2006年においてはセットアップ台数が約500万台増加し、累計1,500万台を突破しました。今後より一層の利用率とセットアップ台数の増加を目指して、高速道路料金決済以外の用途、例えば駐車場やガソリンスタンド等での利用へ向けて研究が進められ、既に実用化されている例もあります。

自動車用電子部品については、エンジンの電子制御のみならず、エアバックに代表される安全システムや車載情報機器分野等で新たな需要が開拓されつつあります。


■■ 資料目次 ■■

第I章 市場の動向・規模
 1.カーナビゲーション市場の動向
  (1) 市場の概要
  (2) 市場の動向(グラフ)
    1) メーカー別出荷台数推移(2006~2011年)
    2) メーカー別出荷台数シェア(2006~2011年)
    3) メディア別推移予測(2006~2011年)
    4) ルート別シェア(2006~2011年)
    5) カーナビ世界需要長期推移予測(2006~2018年)
     (日本/北米/西欧/中国)
 2.簡易型ナビゲーション(PND)市場の動向
  (1) 市場の概要
  (2) 世界需要推移予測(2006~2014年、グラフ)(日本/北米/欧州)
 3.ETC車載器市場の動向
  (1) 市場の概要
  (2) 市場の動向(グラフ)
    1) メーカー別出荷台数推移(2006~2011年)
    2) メーカー別出荷台数シェア(2006~2011年)
    3) ルート及び形態別シェア(2006~2011年)
    4.参考統計資料

第II章 関連部品・デバイスの動向
 1.回路部品の動向
 2.接続・変換部品の動向
  (1) 接続部品
  (2) 変換部品
 3.車載用エレクトロニクスモジュールの動向
 4.半導体の動向
 5.関連企業の動向
  (1) コンデンサー関連企業
    1) 三洋電機 株式会社 電子デバイスカンパニー
    2) ニチコン 株式会社
    3) 日本ケミコン 株式会社
  (2) センサー関連企業の動向
    1) KOA 株式会社
    2) 日本セラミック 株式会社
    3) 北陸電気工業 株式会社
    4) 日立金属 株式会社
    5) ヤマハ 株式会社
  (3) コネクター関連企業の動向
    1) ケル 株式会社
    2) 日本航空電子工業 株式会社
    3) ホシデン 株式会社
    4) ミツミ電機 株式会社
  (4) モーター関連企業の動向
    1) 株式会社 ジェイテクト
    2) 日本電産 株式会社
    3) 日立金属 株式会社
    4) マブチモーター 株式会社
    5) 株式会社 ミツバ 
  (5) 車載用IC(マイコン、LSI含む)関連企業
     NECエレクトロニクス(株)/富士通(株)
     (株)ルネサステクノロジ/ローム(株)
  (6) タッチパネル関連企業
     SMK(株)/パナソニックレクトロニックデバイス(株)
  (7) 車載用ディスプレイ・パネル関連企業
     NEC液晶テクノロジー(株)/三洋エプソンイメージングデバイス(株)
     シャープ(株)/東芝松下ディスプレイテクノロジー(株)
     (株)日立ディスプレイズ/三菱電機(株)
  《参考資料》
   ●車載マイコン世界市場推移予測(2006~2014年度)
   ●車載センサー世界市場推移予測(2006~2014年度)
   ●車載用ディスプレイ世界市場推移予測(2006~2014年)

第III章 ITSの動向
 1.ITSの動向
  (1) ITS実証実験
  (2) VICS
  (3) ETC
 2.テレマティクスの動向
  (1) 個人用サービス
     トヨタ自動車(株)/日産自動車(株)/本田技研工業(株)
  (2) 業務用サービス
     いすゞ自動車(株)/オリックス自動車(株)/クラリオン(株)
     日産ディーゼル工業(株)/日野自動車(株)
 3.車内LANの動向
  (1) 情報系車載LAN規格「MOST」
  (2) 車載標準LAN規格「CAN」
  (3) 次世代の高速車載LAN規格「Flex Ray」
 4.無線通信の動向
  (1) ブルートゥース
  (2) DSRC
     沖電気工業(株)/三菱電機(株)
 5.GPS(全地球測位システム)関連企業の動向
  (1) DXアンテナ 株式会社
  (2) 株式会社 パスコ
  (3) 株式会社 ヨコオ

第IV章 企業実態独自調査
 1.カーナビゲーション
  (1) アイシン・エイ・ダブリュ 株式会社
  (2) アルパイン 株式会社
  (3) クラリオン 株式会社
  (4) 株式会社 ケンウッド
  (5) 株式会社 ザナヴィ・インフォマティクス
  (6) 三洋電機 株式会社
  (7) 株式会社 デンソー
  (8) パイオニア 株式会社
  (9) 富士通テン 株式会社
  (10) 松下電器産業 株式会社
  (11) 三菱電機 株式会社
 2.ETC車載器
  (1) 株式会社 デンソー
  (2) 松下電器産業 株式会社
  (3) 三菱重工業 株式会社
  (4) 三菱電機 株式会社
 3.カーオーディオ関連
  (1) アルパイン 株式会社
  (2) クラリオン 株式会社
  (3) 日本ビクター 株式会社
  (4) パイオニア 株式会社
  (5) 三菱電機 株式会社
 4.車載型地上デジタル放送受信用チューナー
  (株)ケンウッド/日本ビクター(株)/松下電器産業(株)/三菱電機(株)


■■ 概要 ■■

商 品 名:'07 自動車情報システム市場の将来展望
発 刊 日:2007年5月18日
発   行:株式会社日本エコノミックセンター
販   売:サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社
判   型:B5判・200貢
価   格:
     68,000円(本体価格64.761円+消費税3,239円)別途税込送料500円

詳細ページ: (リンク »)


【お申し込み方法】
TEL・FAX・e-mailのいずれかにて住所・お名前・e-mail・電話番号・会社名を明記の上お申し込みください。
また、上記URLよりお申し込みページへリンクしておりますので、そちらのフォームでのお申し込みも可能となっております。


■■ サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社 ■■

・設 立 :1995年10月
・資 本 金:257,916,250円
・代 表 者:代表取締役 土屋 継
・U R L: (リンク »)
・連 絡 先:〒107-0052
      東京都港区赤坂1-5-11新虎ノ門ビル9F
      TEL:03-3560-1368 / FAX:03-3560-1330
      info@ns-research.jp


■■ この件に関するお問い合わせ ■■

〒107-0052
東京都港区赤坂1-5-11新虎ノ門ビル9F
サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社
TEL: 03-3560-1368 / FAX: 03-3560-1330
担当:安田
info@shop.ns-research.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社の関連情報

サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社

サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!