日本ネットワーク・アプライアンス、中堅企業向けストレージ新製品 「FAS2000シリーズ」を提供開始

中堅企業の重要課題となる信頼性の高いデータ管理基盤の構築と厳しいコスト削減の要求に同時に対応

ネットアップ株式会社 2007年09月07日

日本ネットワーク・アプライアンス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:大家 万明、以下ネットアップ)は、主力ストレージ製品群「NetApp FASシステム」の中堅企業向け新製品『FAS2000シリーズ』を本日より提供開始します。「FAS2000シリーズ」は、従来のエントリレベル・ストレージ製品「FAS200シリーズ」の後継となる製品です。従業員数が100人から1000人程度の中堅企業市場を主な対象としており、ストレージ容量が最大24TBの「FAS2020」と、最大69TBの「FAS2050」の2種類の製品で構成されます。

最小パッケージ構成の参考価格は、「FAS2020」が3,477,000円(税別)から、「FAS2050」が4,275,000円(税別)からです。従来のFAS200シリーズと比較してストレージ容量を最大で4倍以上に拡大すると同時に、ディスクドライブには最大300MB/秒の高速転送帯域を持つ最新のインタフェース規格「SAS(Serial Attached SCSI)」をネットアップとして初めて採用するなどストレージに要求される基本性能を向上しながらも、従来のエントリレベル製品のFAS200 シリーズとほぼ同等の価格帯で提供します。これにより、中堅企業の重要な課題となる信頼性の高いデータ管理基盤の構築と厳しいコスト削減の要求を同時に満たします。

「FAS2000シリーズ」は、ネットアップの全ての製品に共通のストレージOS「Data ONTAP」を搭載して提供します。「Data ONTAP」には、データ保護、セキュリティ、リモート管理などデータ管理に必要となる多くの機能が搭載されています。「Data ONTAP」はネットアップのストレージ製品に共通のOSのためネットアップ製品間の完全な互換性が確保され、従来製品からのアップグレードやFAS3000シリーズ およびFAS6000シリーズへのアップグレードが簡単に行えます。ユーザーは「Data ONTAP」の操作を習得するだけで、ストレージ製品毎に異なる操作や管理技術を習得する必要がないため、データ管理に関する運用管理の労力とリソースを大幅に削減することが可能となります。

ネットアップでは、従業員数が100人から1000人程度の中堅企業を「Midsize Enterprise (MSE)」と新たに定義し、今後のビジネス拡大の最重要市場として位置づけています。MSE市場では、ITシステムの性能や信頼性に大規模企業と同等のレベルが要求されると同時に、企業の急激な成長や変化に柔軟に対応できる拡張性が求められます。一方、IT専門の組織やスタッフを充分に配備することが難しいケースもあるため、導入や管理の容易性も重要な要素となります。成長途上にある中堅企業の多くは、これまで主にWindowsサーバと直接接続型ストレージ(DAS)の組み合わせによるITシステムを構築してきました。しかしこのようなITシステムでは、企業活動の拡大に伴う急激なデータ容量の増加、経営の統合やグローバルでの拠点展開、また株式公開による日本版SOX法への対応など、ITシステムへの急激な負荷増加には柔軟に対応することが困難になります。新製品「FAS2000シリーズ」はこのようなMSE市場からの要求に合わせて開発され、信頼性、拡張性、運用管理性を向上させるネットワーク・ストレージ・システムを低コストで提供します。

IDCによれば、世界の外付型ディスクストレージ・システム市場は2011年には60億ドルにまで成長し、年平均成長率(CAGR)は10.9%になると予測されており、全市場のほぼ2倍の速さで成長が進んでいるといわれています(*1)。特に、中堅企業におけるストレージ増加へのニーズは増加の一途をたどっており、技術スタッフやコストを増やすことなくデータの管理と保護を実現することが、競争優位性を強化する上で急務となっています。「FAS2000シリーズ」は、エンタープライズ・クラスのストレージ技術によってこうした中堅企業の課題に応え、データ管理の複雑さやコストを最小限に抑えながら、堅牢なデータ基盤の構築を実現します。

今回の発表により、ネットアップが提供するストレージ製品は中堅企業に最適なエントリレベルの新製品「FAS2000」、あらゆる用途に対応可能な信頼性と拡張性を備えたミドルレンジ製品の「FAS3000」、大企業の基幹業務システムにも対応可能なハイエンド製品「FAS6000」の3シリーズとなり、小規模から大規模まであらゆる規模の企業において、データの管理および保護のニーズに幅広く対応してまいります。

<主な製品仕様>
●FAS2020
最大ストレージ容量: 24.6TB
ヘッドユニット内最大ディスクドライブ数: 12
システムあたりの最大ディスクドライブ数: 40
ECCメモリ: 2GB
対応ストレージプロトコル: FCP、iSCSI、NFS、CIFS

●FAS2050
最大ストレージ容量: 69TB
ヘッドユニット内最大ディスクドライブ数: 20
システムあたりの最大ディスクドライブ数: 104
ECCメモリ: 4GB
対応ストレージプロトコル: FCP、iSCSI、NFS、CIFS

<提供開始時期>
2007年9月7日より

<価格>
ネットアップのFAS2000シリーズは、正規販売代理店を通じて発売されます。

●NetApp FAS2020
最小パッケージ構成: 1.8TB (300GB, 15,000回転 SASディスク x 6)
参考価格(税抜): 3,477,000円

●NetApp FAS2050

最小パッケージ構成: 1.7TB (144GB, 15,000回転 SASディスク x 12)
参考価格(税抜): 4,275,000円

*価格は構成・条件等により異なります。


以上

*1出典:IDC Worldwide Disk Storage Systems 2007-2011 Forecast:
Mature, but Still Growing Market, May 2007.


●ネットワーク・アプライアンスについて
ネットワーク・アプライアンス(ネットアップ)は、今日のデータ集約型企業に対して統合ストレージソリューションを提供するリーダーベンダーです。1992年の創立以来、ネットアップは、「シンプル」なデータ管理を実現するテクノロジや製品の開発と、パートナーの開拓を行ってきました。ネットアップのソリューションおよびサービスに関する情報については、 (リンク ») をご覧ください。


NetAppおよびNetwork Applianceは、それぞれ、米国および他の国におけるNetwork Appliance, Inc.の登録商標および商標です。他のすべてのブランド名や製品名は、それぞれを所有する企業の商標または登録商標であり、法律によって保護されています。

●本リリースについてのお問い合わせ先
日本ネットワーク・アプライアンス株式会社 広報担当:平井
TEL: 03-5404-1200  FAX: 03-5404-1288
Mail: pr-contact@netapp.co.jp

このプレスリリースの付帯情報

NetApp FAS2050

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR