JPRSがJPドメイン名の周知キャンペーンサイト「JPRS24」http://jprs24.jp/を本日開設 ‐特設ゲームなどにより、一般ユーザーのJPドメイン名に対する理解を促進‐

株式会社日本レジストリサービス 2007年10月15日

2007年10月15日発表
報道関係者各位
                      株式会社日本レジストリサービス(JPRS)


JPRSがJPドメイン名の周知キャンペーンサイト「JPRS24」 (リンク ») を本日開設
‐特設ゲームなどにより、一般ユーザーのJPドメイン名に対する理解を促進‐


 JPドメイン名の登録管理及びドメインネームシステム(DNS)の運用を行う、
株式会社日本レジストリサービス(略称JPRS、住所:東京都千代田区、
代表取締役社長 東田幸樹)は、本日、一般ユーザーへのJPドメイン名の
周知を目的に、特設ゲームなどのコンテンツにより、JPドメイン名やインター
ネットについての理解を促進するキャンペーンサイト「JPRS24」 (リンク ») を
開設しました。

 これは、社会でのインターネット利用が日常的になった現在、インターネット
の安定的で健全な発展のためには、JPドメイン名の登録者やインターネット
技術者だけではなく、JPドメイン名をWebアクセスやメールで利用する多くの
ユーザーに対しても、JPドメイン名やインターネットに関する理解促進を図ること
が重要であるとの考えに基づくものです。

 本キャンペーンサイトは「ゲームで学ぶ」「ドメイン名って何?」「JPRSがな
かったら?」などのコンテンツで構成され、サイト上の日常的なシーンをクリッ
クすることなどにより、今や日常生活と切り離せない存在であるインターネット
、JPドメイン名についてわかりやすく学ぶことができます。なかでも、特設ゲー
ム「.JP~インターネットを取り戻せ~」では、ユーザーがドメイン名の無い世
界を疑似体験することにより、インターネットの大切さとJPRSの働きを改めて実
感することができます。

 JPRSは、今後もJPドメイン名のレジストリとして、その公益性に鑑み、広く
インターネットコミュニティ、社会のニーズに応えるべく、より利用しやすく
価値の高いJPドメイン名環境の整備に努めてまいります。

------------------------------------------------------------------------
■株式会社日本レジストリサービス(JPRS)
(リンク »)
< (リンク ») レジストリサービス.jp/>

JPドメイン名の登録・管理、およびドメインネームシステム(DNS)の運用を
行う会社として2000年12月26日に設立。JPRSはネットワークの基盤を
支える企業として、インターネットの発展に寄与し、人と社会の豊かな未来を
築くことに貢献することを企業理念として活動しています。

------------------------------------------------------------------------
■参考URL

1.JPドメイン名の周知キャンペーンサイト「JPRS24」
  (リンク »)

------------------------------------------------------------------------
■本件に関するお問い合わせ先

株式会社日本レジストリサービス(JPRS)広報宣伝室
TEL:03-5215-8451 FAX:03-5215-8452
e-mail: press@jprs.co.jp
(リンク »)
< (リンク ») レジストリサービス.jp/>
〒101-0065 東京都千代田区西神田3-8-1千代田ファーストビル東館13階
------------------------------------------------------------------------

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社日本レジストリサービスの関連情報

株式会社日本レジストリサービス

株式会社日本レジストリサービスの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?