DNSルートサーバのIPアドレス変更完了:管理者は適切な設定変更を

大野晋一(編集部) 2007年11月02日 18時35分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 既報の通り、1日にルートネームサーバー「L.root-servers.net」のIPアドレス変更が行われた。これまで198.32.64.12で提供されていたサービスが199.7.83.42に変更される。

 変更に伴い、ルートヒントファイルも更新された。JPRSではBIND 9、djdns、Windows Serverにおける設定変更方法例を公開している。DNSキャッシュサーバの管理者は適切な設定変更を行いたい。

 なお、新しいルートヒントファイルのURIは以下の通り。

  • ftp://rs.internic.net/domain/db.cache
  • ftp://rs.internic.net/domain/named.cache
  • ftp://rs.internic.net/domain/named.root
  • ftp://ftp.internic.net/domain/db.cache
  • ftp://ftp.internic.net/domain/named.cache
  • ftp://ftp.internic.net/domain/named.root
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR