エージェントシステム開発のホットリンク キャラクターエージェント派遣サービスの提供を開始 ~バンダイのコーポレートサイトに導入~

株式会社ホットリンク 2007年11月30日

エージェントシステム開発の株式会社ホットリンク(東京都千代田区、代表取締役社長 :内山 幸樹、以下ホットリンク)は、WEBサイトのナビゲーションを行うキャラクターを 企業のホームページ上に派遣するサービスを開発、11月30日から提供を開始します。 なお、初回導入先として株式会社バンダイ(東京都台東区、代表取締役社長: 上野 和典)のコーポレートサイト(http://www.bandai.co.jp/)にて本日より 公開されております。

キャラクターエージェント派遣サービスは、ナビゲーション機能付きのキャラクターを
WEBサイトに簡単に組み込むことができます。キャラクターエージェント派遣サービスは、
ユーザの行動や質問に応じて対話形式で誘導や説明を行うように設定されており、
WEBサイト上での適切かつ丁寧なナビゲーションが可能となります。


■キャラクターエージェント派遣サービスの概要  
名  称:キャラクターエージェント派遣サービス
内  容:Flashによるナビゲーション機能付きキャラクターエージェントを
      WEBサイト上に派遣する
価  格:月額費用 25万円/月~。初期費用:100万円~
      (※キャラクター制作費、シナリオ製作費等、要相談)。
販売目標:2008年12月末10件
機  能;
 1.静的ナビゲーション機能
   アニメや実写のキャラクターをWeb上にフローティング表示し、事前に設定された
   シナリオに沿って、ページを遷移しながら、WEBサイト内をナビゲーションします。
 2.選択式対話ナビゲーション機能
   ダイアログによって、ユーザへ選択肢を提示しながら対話を行い、ユーザの
   意向に応じてWEBサイト内をナビゲートできます。
 3.時間帯別シナリオ変更機能
   ユーザがサイトにアクセスした時間帯や曜日によって対話内容を動的に変更できます。
 4.アクセス履歴別シナリオ変更機能
   ユーザがサイトにアクセスした回数に応じて、対話内容を動的に変更できます。
 5.検索キーワードとの連動(LPO連動)機能
   検索エンジンや検索結果連動広告経由でアクセスしてきたユーザに対し、
   検索キーワードに応じた対話をおこなうことができます。

オプション機能::
 6.サイト内検索エンジン連動機能
   サイト内検索エンジンと連動して、ユーザがダイアログに入力したキーワードに
   応じて、サイト内を案内できます。また、ユーザの行動履歴を学習し、
   ナビゲート先のページを最適化できます。
 7.レコメンドエンジンとの連動機能
   ホットリンク社のSaaS型レコメンドエンジン(「れこないず」)と連動し、
   レコメンドエンジンの出力内容を利用して、ユーザの嗜好性に合わせた商品や
   ページを推薦することができます。

導 入 先:株式会社バンダイ(URL (リンク ») )




ホットリンクおよびオプトグループでは、「ユーザの要求」と「コンテンツ」をマッチングさせる
レコメンドソリューションが今後のeマーケティングにおいて重要になると考えており、
『キャラクターエージェント派遣サービス』を同分野のインタフェースモジュールとして位置づけ、
レコメンドサービスと合わせて、拡販に注力していくものです。



以上

■株式会社ホットリンクについて
ホットリンクはエージェント技術を核とした、レコメンドソリューションや口コミ情報の
選別ソリューション/サービスの提供を中心に、お客様のインターネット上での
マーケティング活動を先端技術で支援するテクノロジーカンパニーです。
(リンク »)



《本件に関するお問い合わせ先》
・株式会社ホットリンク 広報担当 片桐・成瀬
sales@ml.hottolink.cojp  TEL)03-6268-3855

このプレスリリースの付帯情報

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?