WIDE ProjectとJPRSがJP DNSサーバ「e.dns.jp」を増強 -サーバの海外拠点追加、IP Anycast技術の導入により、JP DNSをさらに強化-

株式会社日本レジストリサービス 2007年12月04日

2007年12月4日発表
報道関係者各位
                         株式会社日本レジストリサービス(JPRS)
                         WIDE Project


      WIDE ProjectとJPRSがJP DNSサーバ「e.dns.jp」を増強     
-サーバの海外拠点追加、IP Anycast技術の導入により、JP DNSをさらに強化-


 大規模・広域の分散型コンピューティング環境の構築を目指すWIDE Project
(以下WIDE、代表:学校法人慶應義塾常任理事 兼 慶應義塾大学環境情報学部
教授 村井純)と、JPドメイン名の登録管理およびドメインネームシステム
(DNS)の全体管理と運用を行う株式会社日本レジストリサービス(以下JPRS、
本社:東京都千代田区、代表取締役社長:東田幸樹)は、本日、JP DNS(※1)
のさらなる信頼性向上のため、WIDEが運用するJP DNSサーバ「e.dns.jp」に、
下記の増強を行ったことを発表しました。


 (1)サーバの海外拠点追加(サンフランシスコ(米国)、パリ(フランス))
 (2)IP Anycast技術(※2)の導入(IPv4、IPv6)


  (注: IPv4におけるIP Anycast技術の導入は2007年12月下旬を予定して
     います。)


 なお、今回の対応によりJP DNS全体では、JPRSが運用するJP DNSサーバ
「a.dns.jp」、株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ)が運用するJP
DNSサーバ「d.dns.jp」と合わせ、3つのJP DNSサーバで(2)のIP Anycast技
術による、各DNSサーバへの問い合わせのネットワーク的な分散が可能となりま
した(参考資料 図1: JP DNSの管理・運用体制を参照)。


 今回の増強によるJP DNSの具体的な信頼性向上効果として、まず(1)により、
JPRSが全体管理を行ない、5組織が協働で運用しているJP DNSの地理的な分散配
置がいっそう促進され、東京や大阪など日本国内のサーバ拠点で地震などの災害
が同時に発生した場合でも、影響を受けない地域でJP DNSの運用継続が可能とな
るなど、JP DNS全体の耐災害性が向上します。また(2)により、上述の地理的
な分散に加え、「e.dns.jp」への問い合わせのネットワーク的な分散が可能に
なり、高負荷への対応、より高品質なサービスの実現、耐障害性の向上などが
得られます。さらに今回、従来からのIPv4に加え、IPv6 においてもIP Anycast
技術を適用したことで、IPv6環境においても同様の効果が得られます。


 これまで、WIDEとJPRSは、M-Root DNSサーバやJP DNSサーバといった、インタ
ーネットの基盤を支えるDNSサーバの運用により得られた知見を、国内外の関連
会議等で公開することにより、インターネットコミュニティへの貢献を行って
きました。今回運用を開始したIPv6でのIP Anycast技術の適用は、現在、世界的
にみても運用経験が少なく、JP DNSでの今後の運用経験をフィードバックするこ
とにより、同分野におけるさらなる貢献が期待できます。


 WIDEとJPRSは今後も、他のDNSサーバ運用者等と協力し、インターネットコ
ミュニティ、社会のニーズに応えるべく、JP DNSのさらなる信頼性の向上と安
定運用に努めてまいります。



■用語解説


※1.「JP DNS」


 JPドメイン名の登録情報をインターネット上に公開し、JPドメイン名による
インターネットアクセスを可能にするためのDNS(ドメインネームシステム)
がJP DNSです。JP DNSはJPRSが全体管理を行うと共に、社団法人日本ネットワー
クインフォメーションセンター(JPNIC)、株式会社インターネットイニシア
ティブ(IIJ)、WIDE Project、国立情報学研究所(NII)との協働により運用
しています。


 ●参考資料1: JP DNSの管理・運用体制
   (リンク »)


※2.「IP Anycast技術」


 ある機能やサービスのためのIPアドレスを複数のサーバで共有することにより、
負荷分散や耐障害性の向上などを図るための技術。IP Anycast技術を適用した
サーバへのリクエストは経路制御技術により、発信元からネットワーク的に一
番近いサーバに送られます。


 ●参考資料2: IP Anycast技術の概要
   (リンク »)


■参考URL


1. JP DNS Web Page
(リンク »)


2. 2003年8月5日付報道発表資料(WIDE/JPRS)
WIDEプロジェクトとJPRSが災害時や非常時に向けて「JP」ドメインサーバの
本格的な可用性確保策を実施
(リンク »)


3. 2004年2月2日付報道発表資料(JPRS/IIJ)
JPRSとIIJが運用するJP DNSサービス(「a.dns.jp」、「d.dns.jp」)に
IP Anycast技術を導入
(リンク »)


4. 2005年12月20日付報道発表資料(JPRS)
WIDEプロジェクトとJPRSがRoot DNSサーバの共同運用を開始
(リンク »)



■株式会社日本レジストリサービス(JPRS)
  (リンク »)
  (リンク ») レジストリサービス.jp/

 JPドメイン名の登録・管理、およびドメインネームシステム(DNS)の運用
を行う会社として2000年12月26日に設立。JPRSはネットワークの基盤を支え
る企業として、インターネットの発展に寄与し、人と社会の豊かな未来を築
くことに貢献することを企業理念として活動しています。


■WIDE Project
  (リンク »)

 インターネット関連技術の実践的な研究開発を行う研究コンソーシアムで
1988年に活動を開始し、100社を超える企業組織および40大学などと幅広い分野
で共同研究を行っているほか、1997年よりDNSのルートサーバの一つである
「M.ROOT-SERVERS.NET」の運用も行い、インターネットの発展に寄与していま
す。


■本件に関するお問い合わせ先


 株式会社日本レジストリサービス(JPRS)広報宣伝室
 TEL:03-5215-8451 FAX:03-5215-8452
 e-mail: press@jprs.co.jp
  (リンク »)
  (リンク ») レジストリサービス.jp/
 〒101-0065 東京都千代田区西神田3-8-1千代田ファーストビル東館13階


 WIDE Project 広報担当
 TEL:0466-49-3618 FAX:0466-49-3622
 e-mail:press@wide.ad.jp
 〒252-8520 神奈川県藤沢市遠藤5322
 慶應義塾大学SFC研究所 ΔN109

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社日本レジストリサービスの関連情報

株式会社日本レジストリサービス

株式会社日本レジストリサービスの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?