Karalon Traffic IQ Professional 企業向けライセンス販売開始

セキュリティ機器スキャナ ソフトウェア セキュリティの仕組は本当に機能しているのか?

有限会社先端技術研究所 2008年01月23日

先端技術研究所は、英国Karalon社のセキュリティ機器スキャナ ソフトウェア製品「Traffic IQ Professional」の企業向けライセンスの販売を開始した。Traffic IQ Professionalは、ファイアウォール、侵入検知システム、侵入防止システム、コンテント フィルタリング機器、ウィルス防御システム、ルータ、スイッチ等の非プロクシィ型機器をスキャンし、セキュリティの仕組が本当に機能しているかどうかを検証する。

Press Release: 2008-01-23


先端技術研究所
Karalon Traffic IQ Professional 企業向けライセンス販売開始
セキュリティ機器スキャナ ソフトウェア
セキュリティの仕組は本当に機能しているのか?

有限会社 先端技術研究所(Advanced Research of Technologies, Inc.、 (リンク ») 、本社: 横浜、電話: 045-978-1292、社長: 工藤 安信)は、英国Karalon(カラロン)社のセキュリティ機器スキャナ ソフトウェア製品「Traffic IQ Professional」(トラフィック アイキュー プロフェッショナル)の企業向けライセンスの販売を開始した。Traffic IQ Professionalは、ファイアウォール、侵入検知システム、侵入防止システム、コンテント フィルタリング機器、ウィルス防御システム、ルータ、スイッチ等の非プロクシィ型機器をスキャンし、セキュリティの仕組が本当に機能しているかどうかを検証する。

Traffic IQ Professionalは、これ迄セキュリティ監査事業者やコンサルタントを対象にしたライセンスのみを提供してきたが、一般の企業が自社のセキュリティ機器をスキャンするには価格的な壁があった。この度、低価格の企業向けライセンスを新規に投入することにより、これ迄セキュリティ監査事業者やコンサルタントに任せきりだったセキュリティ機器の管理を、自らの裁量で行うことが可能になった。

ネットワーク セキュリティの仕組みを持つことが当たり前になった今、その仕組みに対して、「正しく運用されているか」、「本当に機能しているか」、「コンプライアンスは確保されているか」が厳しく問われる時代になっている。企業は、導入したセキュリティ製品を含め、「説明責任」を果たす義務を負っており、「今のままで大丈夫か」を真剣に考えなければならなくなった。コンプライアンス確保のための唯一の方法は、各機器、全体的なネットワーク、セキュリティ ソリューションの積極的な検証である。

Traffic IQ Professionalは、2枚の ネットワーク カードを使った仮想的なソースとデスティネーションにより、実際の攻撃と同様のステートフルな双方向のデータの流れを生成する。追加のハードウェアやTCP/IPスタックの必要が無いので、追加ハードウェアの導入が一般的に制限されているセキュアな環境での使用を可能にしている。

Traffic IQ Professionalの企業向けライセンスの価格は、セキュリティ機器一式に対する無制限回数検査のライセンスと保守で、年間28万円となっている。複数ライセンスを同時に購入する場合は、更に値引きが用意されている。

先端技術研究所では、メーカ、流通、システム インテグレータ等を経由して販売を行っていく。

■ Traffic IQ Professional

(リンク »)

■ Karalon Limited (リンク »)

Karalon社は、2004に設立され、英国Hertfordshireに本社を置いている。一般家庭からグローバル企業までのユーザが、多様な ソフトウェア ソリューション、OS、ハードウェアの必要無しに、容易にネットワークベースの セキュリティ ソリューションの機能や限界を検証することを可能にし、コスト効果が高く、直観的に理解でき、簡単に利用できるアプリケーションを、Microsoft Windowsプラットフォーム上で開発している。

■ 先端技術研究所 (リンク »)

先端技術研究所は、本社を横浜に置き、情報技術(IT)分野における日本を代表する先端技術ハンターである。高度な問題解決力、基礎から応用までの豊富な技術力、長年の業界経験と事業実績、米国、ヨーロッパ、イスラエル等との幅広い人脈、強力な国内販売チャネルを差別化として、海外のソフトウェア製品の日本市場への輸入販売等、多方面の事業を行っている。
045-978-1292、KHB16427@nifty.ne.jp

このプレスリリースの付帯情報

Traffic IQ Professional

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

有限会社先端技術研究所の関連情報

有限会社先端技術研究所

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!