Beat Communication ガジェット+ポイントシステムが実装された新型社内SNSをリリース

株式会社Beat Communication 2008年02月12日

From PR TIMES

Beat Communication ガジェット+ポイントシステムが実装された
新型社内SNS『Beat Office 1.3』をリリース


■概要
SNSパッケージ構築大手の株式会社Beat Communication(本社:東京都港区、
代表取締役:村井 亮)は、各種新機能を追加し、ユーザインタフェースを
刷新したSNSパッケージ「Beat Office 1.3」をリリースした。

「Beat Office」シリーズは、堅牢な安全性・軽微なシステム負荷・管理者向け
機能の豊富さと扱いやすさなどで、高い評価と豊富な導入実績を得ている社内
SNSパッケージである。

■詳細
「Beat Office」は多数の社内SNSユーザの意見をもとに、従来の社内SNSには
ないさまざまな機能を搭載している。Beat Officeを導入することによって、
多くの機能を1つのツールとしてワンストップで使うことができ、社内Web2.0
空間を作ることが可能である。

主な機能は、基本的なSNS機能のほか、Wiki機能やスケジュール管理、多機能
Q&A、携帯電話での閲覧・投稿、アンケート、ブログ、動画タグの埋め込み、
共有ファイル、ソーシャルブックマーク、ターゲットを絞ったメディア配信、
グーグルマップ機能など。

こうした従来の機能をさらに改善・修正するとともに、今回大きくは
「ポイント機能」「ガジェット機能(カスタムトップページ機能)」
「つぶやき機能」などの新機能を備えることとなった。

・ポイント機能

管理者が設定したポイントをユーザの行動に応じて付与していくことができる。
例えばログイン・SNSへの招待・各種機能の利用や活動への参加などにポイント
を付与することによって、ユーザの利用インセンティブを高め、SNSの活性化を
促進することができる。付与されたポイントはユーザのトップページに表示され
(表示しないように管理者が設定することも可能)、またポイント上位者の
ランキングも表示される。

・ガジェット機能(カスタムトップページ機能)

ユーザが自分のトップページに表示させる項目を自由に設定することができる。
また、ユーザは自分のトップページ内にタブを設け、表示項目をカテゴリごと
に整理することができ、これらのタブを切り替えることによって、トップページ
の表示を瞬時に切り替えることができる。トップページのレイアウトは、
表示項目をドラッグ&ドロップすることによって変更することができるため、
より直感的なカスタマイズ操作が可能となっている。レイアウトの変更は、
瞬時にデータベースに保存される。

・つぶやき機能

あえて日記やコミュニティに投稿するまでもなく、別のユーザにメッセージを
送るまでもないような、ちょっとした「つぶやき」を投稿することができる。
ユーザのページには自分の投稿以外にもリンクしている友人など別のユーザの
投稿もほぼリアルタイムで表示される。こうした情報発信のハードルが低い
機能によって、メッセージの交換や日記の投稿などと比較すると「ゆるい」
コミュニケーションが生まれ、ユーザ間の情報交換が緩やかに行われる。

「Beat Office」はすでに数多くの企業への導入実績があり、ユーザの意見を
汲みあげてきた。今後も企業内SNSの機能を強化し、さらなるコミュニケーション
ツールへと進化していく。

↓Beat Office 1.3 詳細URL
(リンク »)

■Beat Office 1.3 の販売形式
a.ASP
b.パッケージ販売

※価格はユーザー数によって異なりますので弊社(E-mail: ask@beat.co.jp )
 もしくは弊社販売パートナー迄お尋ね下さい。「Beat Office」シリーズを
 既にASPで契約しているユーザーの場合、バージョンアップは無料になります。

■サービス開始日
2008年2月12日(火)
-----------------------------------
【会社概要】
■株式会社Beat Communication( (リンク ») )
国内ソーシャルネットワーキングサービスにおけるパイオニア。2004年国内で
最初の社内SNSパッケージ「Beat Communication」を発売。その後、東日本電信
電話株式会社、株式会社NTTデータ、日本興亜損保、早稲田塾、日本コムシス
など数多くの大手企業へ社内SNSを導入。

本社  : 〒107-0052 東京都港区赤坂8-5-28 AXIA青山906
設立  : 2004年1月6日
代表者 : 村井 亮
-----------------------------------
【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社Beat Communication
担当  : 浅見
TEL  : 03-5411-3034
FAX  : 03-5412-7258
E-MAIL : press@beat.co.jp

※本広報資料の転送/引用は、ご自由にご利用下さい。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社Beat Communicationの関連情報

株式会社Beat Communication

株式会社Beat Communicationの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!