企業プロダクトの大殿堂が始動

zigsow、ユーザー参加型集合知サービスを開始 ~ 第一弾はインテル ~

zigsow株式会社 2008年04月01日

 zigsow株式会社(本社:東京都目黒区、代表取締役:金澤正吾)は、運営する情報蓄積型コミュニティサイト「zigsow(ジグソー)」(http://zigsow.jp)にて、企業の歴代製品群の詳細な情報をユーザーの協力により再構築してゆく、ユーザー参加型集合知サービス「Legend(レジェンド)」シリーズを4月1日から開始致します。

■ zigsow内にプロダクトアーカイブを構築
 zigsowはコレクターシップに溢れモノに対する思い入れがあり、自ら楽しみを見出しながら濃密な情報発信を続けるユーザーが集う情報蓄積型のコミュニティサイトです。

zigsowではこの度、企業のモノへの想いの集大成である歴代製品の系譜を、実用的かつ、有機的な文化資産的情報として後世へ伝えてゆくことを目指し、ユーザーが自らの所有物、経験などを元に情報構築が行えるユーザー参加型集合知サービス「Legend」シリーズを開始致します。

「Legend」は、企業が世に送り出したプロダクトの全記録を、ユーザーのボランタリーベースでの協力により、唯一無二のプロダクトアーカイブとして構築していくことを目的としております。これは、zigsowが、世界に名を馳せる文化資産を有し、伝説的なアーカイブを構築することができる企業として殿堂入りを認めた企業のみに参加していただけるサービスです。

第一弾として、マイクロプロセッサーの歴史を開拓してきたインテル株式会社の「iA Legend」がオープン致します( (リンク ») )。

■「Legend」の特長
1.進化系統樹で歴代製品を表現
 企業の歴代製品の進化の歴史と変遷を、進化系統樹で表現致します。ユーザーはこの進化系統樹により製品の進化の意味を知ることができ、また、歴史的価値のある資料として自ら情報を提供することにより、ひいては伝統ある企業のブランド構築に自身が参加できるという名誉を得ることができます。

2.ユーザーの参加による実用的な情報の蓄積が可能
 「Legend」内では、ユーザーが自身の経験を元に、製品に対する想いや実用的な情報を自由に語ることができ、そこで蓄積されたコンテンツは従来のzigsowと同期されていきます。また、従来のzigsowに既に登録されている膨大な関連アイテム情報も「Legend」に登録されます。このシステムにより、企業製品の既存ユーザーに「Legend」への参加を誘導することができ、今後の潜在ユーザーには製品の実際の利用シーンや魅力を周知することができ、製品ユーザー層の拡大に寄与致します。

以上

このプレスリリースの付帯情報

「Legend」の画面イメージ

用語解説

【本件に関するお問い合わせ先】
担当:金澤、坂野(03-3716-7836、pr@zigsow.co.jp)

※本プレスリリースの内容は、下記のURLよりPDFファイルにてダウンロードが可能でございます。
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

zigsow株式会社の関連情報

zigsow株式会社

zigsow株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!