株式会社ケイエルジェイテック、プロキシ型アプライアンスの新バージョン「K-PROX(TM) 2.0」を発表

カスペルスキーアンチウイルス/スパムエンジン及びi-FILTERコンテンツフィルタ対応のアプライアンスが更にパワーアップ

株式会社ケイエルジェイテック 2008年04月29日

高検知率で有名な露Kaspersky Labs社のアンチウイルス、アンチスパムエンジンを採用。コンテンツフィルタは国内最大手i-FILTERを採用。更に高機能化で使いやすく。

株式会社ケイエルジェイテック (東京都千代田区、以下:ケイエルジェイテック社 (リンク ») ) は、プロキシ型アプライアンス"K-PROX"の次期バージョンであるK-PROX ファームウェア2.0を近日発売開始することを発表した。K-PROXはこれまでもPOPメール受信とWebアクセスの際に簡単にフィルタリングする製品として、主に小中企業から大企業の事業部単位までをターゲットに販売を行ってきた。新バージョンのファームウェアにより、ターゲットマーケットをそのままに、更に高機能化、高性能化を実現する。

新バージョンでは、ベースOSおよびセキュリティ機能のスマート化、セキュリティの強化が行われた。要望の多いSMTPプロキシのアンチウイルス、アンチスパム対応も実現し、隔離機能もPOP3プロキシと統合化が行われた。また、近日発売予定のログ収集管理アプライアンス"K-MONITOR(仮称)"にも対応し、運用環境も更に強化された。

SMTPのプロキシに対応したのは非常に大きい。アンチウイルス、アンチスパムの対応はもちろんのこと、フレッツ網でVPNを構築した企業は本部経由でしかインターネットにアクセスできない場合が多く、K-PROX経由でWeb、POP3、SMTPとアクセスすることで、支店でのインターネットアクセスが実現可能となる。

POP3/SMTPの隔離機能も重要な機能となる。隔離後のメールは受信者が自ら隔離DBの管理を行えるので、運用者に対する問い合わせも軽減される。管理機能では、送信者をユーザのブラックリスト、ホワイトリストDBにワンタッチで登録出来る。また、送信者アドレスや件名による検索機能、誤判定に対する解除依頼、DBからのリリース送信機能も搭載された。SMTPでは、スパムだけでなく全てのメールを隔離することも可能で、J-SOXの根幹となるフォレンジックの機能としても利用可能となる。

新バージョンより、コンテンツフィルタであるi-FILTERとの親和性が強化される。ログについてWindows共有フォルダに自動コピーする機能を追加し、NASによるログのバックアップ、Windows上で動作するi-REPORTERやLogSearchで利用可能となる。

K-PROXは、今回の新バージョンのファームウェアで、これまでも好評だったアンチウイルス、アンチスパム、コンテンツフィルタの基本性能をそのままに、全体的な機能が強化された。企業やプロバイダの管理者にとって、まさに最適なセキュリティ・アプライアンスの選択肢となるだろう。

----------------------------------------------------
         製品情報ページURL
----------------------------------------------------
■「K-PROX(TM)」製品紹介ページ
  (リンク »)
■ケイエルジェイテック社ホームページ
  (リンク »)

※記載された会社名および製品名は各社の商標または登録商標です。

このプレスリリースの付帯情報

K-PROX(TM) 製品画像

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社ケイエルジェイテックの関連情報

株式会社ケイエルジェイテック

株式会社ケイエルジェイテックの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?