Mandrivaとターボリナックス、Moblin.orgプロジェクトに参画 Manbo-Labsにおけるインテル(R) Atom(TM)プロセッサー搭載ネットブック向けOS製品の開発を表明

TLホールディングス株式会社 2008年10月21日

10月20日発表「Mandriva and Turbolinux to join Moblin Project through their joint Manbo Labs to expand the business in the field of Atom-based products along with Intel」参考訳

Mandriva (本社:フランス パリ) とターボリナックス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:矢野広一、以下ターボリナックス)は10月20日、両社の共同開発プロジェクト「Manbo-Labs (マンボラボ)」が、モバイル・インターネット端末向けに優れたインターフェースを開発することを目的としたオープンソースプロジェクト「Moblin.org (Mobile & Internet Linux Project)」に参画することを発表しました。今後は同プロジェクトにおいて積極的に技術協力を実施し、同プロジェクトの技術をベースとしたネットブック向けOS製品の開発を行います。

【Moblinについて】
「Moblin(www.moblin.org)」は、次世代のMIDやネットブック、車載情報システムといったモバイル端末向けに最適なLinuxプラットフォームの構築を推進するオープンソース・プロジェクトで、よりダイナミックで表現力豊かなアプリケーション、通信機能を含むアプリケーションをインテル(R)Atom(TM) プロセッサー・テクノロジーをベースとする機器上で実現するLinuxベースのソフトウェア・プラットフォームとなります。

■ Manbo-Labsについて

Manbo-Labsは、より多くのリソースをテクノロジーに投資することを目的にMandrivaとターボリナックスが共同で設立したプロジェクトです。Linuxディストリビューションのコアとなる基本システムの開発リソースとテクノロジーを両社のエンジニアがラボラトリで共同開発を行うことで共有しています。2008年3月に最初の成果である基本システム「Manbo Core」をリリースし、これをベースとしたデストリビューション「Mandriva Linux 2008 Spring」、「Turbolinux Client 2008」をそれぞれヨーロッパ・アジア市場において開発・販売しています。

Manbo-Labsは今後以下の事業展開を予定しています。
1. Manbo-LabsにおいてManbo Coreの開発とManbo CoreベースのOS製品の開発を行う新たな参画企業の追加
2. 基本システムの開発範囲の拡張
3. Manbo-Labsが開発する対象プロダクトの追加

■ Manbo-Labsにおけるネットブック向けOS製品開発について

Mandrivaとターボリナックスは、今後、Moblin.org技術をベースとしたLinuxディストリビューションの基本システムの開発を行います。両社ともネットブック向けのLinuxディストリビューションを開発するための独自のテクノロジーと高度な専門技術があり、Moblin.orgにおいても貢献していきます。Manbo-Labsがネットブック向けに開発する新しいディストリビューションはMoblin.org技術を反映し、インテル(R) Atom(TM)プロセッサー搭載ハードウェアに最適化した以下の特長を持ちます。

- 低消費電力技術による長時間のバッテリーライフを実現
- システムのスピード起動
- スモールフットプリント(小型機器対応)
- 小型画面に最適化し視覚的に優れたインターフェース

Mandrivaとターボリナックスは、2008年第4四半期から2009年第1四半期にかけてネットブック向けOS製品のリリースを予定しています。
また、Moblin.org技術は低リスクでOSV(Operating System Vendor)やISVにとって製品化までの時間を短くできるため、ネットブックのみではなくインテル(R) Atom(TM)プロセッサー搭載製品全般において優れた価値を提供します。Manbo-Labsではオープンで将来性の高いMoblin.orgプロジェクトの成果をベースとした他の製品も手がけていく予定です。

■ インテル コーポレーション、Mandriva、ターボリナックス 各社コメント

インテル コーポレーションオープンソース・テクノロジーセンターのディレクターであるRam Peddibhotla氏は「真にオープンであるMoblinは、広く誰もが参加可能であるという技術革新を生み出します。パートナーシップに基づきMoblinをベースとしたManbo-Labsのソリューションは,インテルAtomプロセッサーを搭載したネットブック上で充実したインターネットとメディア体験をユーザーに提供していくでしょう。」とコメントしています。

ターボリナックスのCEOである矢野広一は「Intel Atomプロセッサーを搭載したモバイル機器は確実に次世代のITビジネスの鍵となります。当プロジェクトの成果は世界中のユーザーの新しいITライフを加速していくものと確信しており、今回Manbo-Labsで当プロジェクトに着手できることを非常に嬉しく思います。」とコメントしています。

MandrovaのCEOであるFrancois Bancilhonは「Moblinコミュニティーでターボリナックスと協業できることを嬉しく思います。Manbo-Labsで開発した独自のテクノロジーを含む当プロジェクトで取り組んでいく製品とテクノロジーは、我々のプロダクトのOEM/ODM供給先により大きなバリューを与えるでしょう。」とコメントしています。


インテル、Intel、インテル Centrino、インテル Atom は、米国およびその他の国における Intel Corporation の商標です。
LinuxはLinus Torvalds氏の商標または登録商標です。ターボリナックスおよびTurbolinuxは、ターボリナックス株式会社の商標または登録商標です。その他、記載された会社名および製品名などは該当する各社の商標または登録商標です。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR