ネットアップ、業界で初めて新規格FCoE対応ストレージを発表 シスコのNexus 5020スイッチへの対応を表明

ネットアップ株式会社 2008年10月24日

(この報道発表資料は、2008年10月14日に米国サニーベールで発表されたものの抄訳版です)

2008年10月24日- NetApp(NASDAQ:NTAP、以下ネットアップ)は、ストレージ・ベンダーとしては初めて、ファイバチャネル・オーバー・イーサネット(FCoE)をサポートするSANストレージ・ソリューションの提供を発表しました。FCoEへの対応によってネットアップのユニファイド・ストレージ*・アーキテクチャが拡張されることで、お客様は、全てのプロトコルに対して柔軟なデータアクセスを確立し、変化するビジネス環境に瞬時に対応することが可能となります。

FCoEは、ファイバチャネル(FC)をイーサネット上で実現させる新たなプロトコルです。FCとイーサネットの技術統合により、SANの接続性とネットワーク性をより幅広く生かしたままケーブル数の削減が可能となるため、ITオペレーションの合理化と、スタッフの生産性の向上を図ることができます。ネットアップのストレージが誇るユニファイド・ストレージ・アーキテクチャをFCoEに対応させることで、FC SAN環境で利用可能なソフトウェア機能と管理ツールがFCoE環境でも利用可能となるため、変化する業務要件やITニーズに合わせてITインフラ基盤を柔軟に構築することが可能となります。

ネットアップは、シスコ、Emulex、QLogicなどパートナー各社のデータ・ネットワーキング製品をサポートすることにより、データセンターの拡張に必要なネットワーク技術をより多くのお客様に提供できるように努めています。各種のデータ・ネットワーキング製品は、お客様のデータセンターを統合し、SAN環境への既存投資を保護すると同時に、時間とともに変化するSANインフラを支えます。データセンターの簡素化により、お客様は、消費電力や冷却コストを低減することが可能となります。

さらに、ネットアップは今回の発表に加え、シスコ社の「Nexus 5020」スイッチへの対応も表明しました。さらに、FCソリューションのラインナップを強化するこのスイッチによって、ネットアップは、さらにシンプルなデータセンター・インフラをお客様に提供できるようになります。「Nexus 5000」シリーズは、データセンターの10ギガビット・イーサネットへの移行と、また、ユニファイド・ファブリックの構築を目的として設計されています。ネットアップは、11月以降に、シスコ社の「Nexus 5020」スイッチの販売開始を予定しています。
以上

*ユニファイド・ストレージ:ファイルアクセスとブロックアクセスの2つの形態を同時に利用でき、UNIX®、Linux®、Windows®が混在している環境でも全てのデータを単一のストレージ・インフラで管理することができます。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから