【ホットリンク】ビックカメラのECサイト「ビックカメラ.com」にレコメンデーションエンジン「レコナイズ」を提供

株式会社ホットリンク 2008年11月27日

株式会社ホットリンク(本社:東京都千代田区、以下ホットリンク)は、
株式会社ビックカメラ(本社:東京都豊島区、以下ビックカメラ)が
運営するECサイト「ビックカメラ.com」 (リンク »)
において、サイト利用者の行動履歴をもとに、利用者の嗜好性に
合った商品を自動推薦・表示するレコメンデーションエンジン
「レコナイズ」 (リンク »)
を11月4日(火)より本導入しております。

【ビックカメラ「ビックカメラ.com」
 レコメンデーションエンジン導入ご担当者様コメント】
ビックカメラ.comのサイトへ来訪してくださるユーザーが、目的とする商品へ
効率的に辿りつける仕組みをレコメンデーションエンジンによって実現し、
サイト内の回遊率向上や離脱率の低減を図れればと考えました。
この点に関しては、レコナイズの強みであるパーソナライズド
レコメンデーションによって、ユーザー個々の嗜好性によって表示する
商品を変えることで、改善させていこうと考えています。
さらには、既に購入を検討しているユーザーに対して、カートページにて
関連度の高い別商品を自動推薦・表示することで、ついで買いを
促すとともに顧客単価の向上を図っていくことを考えています。

【導入ポイント】
<課題>
ビックカメラ.comでは、商品種類や点数が多い中で、来訪してきた
ユーザーをいかに簡単に目的商品へ誘導させるかが一つの課題と
なっていました。

<解決方法>
 (1)サイトトップページやカテゴリトップページ等で、関連商品を
  自動推薦することで、離脱率を低減し目的商品へ効率的な誘導を促進。
 (2)サイトトップページで、ユーザーの行動履歴と商品の属性情報を
  掛け合わせたハイブリッド型協調フィルタリングを導入し、ユーザーの
  嗜好性により近しい商品をパーソナライズド化して推薦・表示することを
  可能とした。
 (3)ショッピングカートページで、ついで買いによる顧客単価を向上させる
  ために、過去にカートに入れた商品に紐づく関連商品を表示させている。
  これによって、ユーザーが既に購入を決めている商品と併せて、
  関連度の高い商品をカートに投入する可能性が高まる。

【導入目的】
・離脱率の低減 (ユーザビリティ改善)
・一人当たりの購入点数の向上
・一人当たりの購入金額の向上

【導入効果】
・現在検証中です。

【SaaS型レコメンドソリューション「レコナイズ」について】
株式会社ホットリンクが提供する、SaaS型レコメンドソリューションです。
ユーザーの購買履歴などの情報や、取扱商品の属性情報などを基に、
ユーザーの 嗜好に合った商品などを自動的にお勧めすることができます。
大量トラフィックに耐えうる高い信頼性と高速レスポンスを兼ね備えた
強固なシステムや、多彩な 独自のアルゴリズムの組み合わせによる
多様なレコメンド手法、ECサイトに留まらない様々な外部システムとも
柔軟に接続できる API(Application Program Interface)などが特徴です。

【株式会社ビックカメラについて】   (リンク »)
・会社名:株式会社 ビックカメラ
・所在地:東京都豊島区高田三丁目23番23号
・代表者:代表取締役社長 宮嶋 宏幸
・資本金:184億238万円
・設立日:1980年(昭和55年)11月

【ホットリンクについて】   (リンク »)
ホットリンクは、レコメンデーションエンジンや口コミマーケティングツール
「電通バズリサーチ」、「クチコミ@係長」の提供を中心に、クライアント企業の
インターネットマーケティング活動を先端技術で支援する
エージェントテクノロジーカンパニーです。
・会社名:株式会社ホットリンク
・所在地:東京都千代田区大手町1-6-1 大手町ビル7階 (〒100-0004)
・代表者:代表取締役社長 内山 幸樹
・資本金:2億5199万6千円
・設立日:2000年6月26日

<本件に関するお問い合わせ先>
株式会社ホットリンク 営業企画部
担当窓口:池上 武藤
E-mail :sales-htl@ml.hottolink.com
TEL  :03-6268-3855
FAX  :03-3215-5431

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!