J-SOX法対応特別セミナー -内部統制報告制度への実務対応- 迫りくるJ-SOX法施行にどう準備するか

株式会社アトラクス 2007年02月21日

開催場所: 東京

開催日:  2007年3月8日

申込締切日: 2007年3月8日

 日本版SOX法(金融商品取引法)では、2008年4月以降に始まる事業年度より、上場
企業に対して「財務報告の内容の適正性」を確保するための「内部統制の整備」を求
めています。
 今回のセミナーでは、こうした内部統制報告制度への実務対応のポイントと、ツー
ルの活用による「文書化3点セット」の効率的な作成について講演します。

■15:45~
受付開始

■16:00~16:05 株式会社アトラクス 代表取締役 高木 稔
はじめに

■16:05~17:05 株式会社レキシコム 代表取締役 中原 國尋 先生
【第一部】
『今から始める制度対応のポイント』
 Ⅰ.内部統制報告制度の概要
    なぜ取り組まなければならないのか、何をいつまでに達成しな
    ければならないのか。
 Ⅱ.内部統制とは(理論的背景)
    4つの目的と、6つの基本的要素。
 Ⅲ.制度対応のためのステップ
    計画から評価まで、制度対応のためのステップとポイント。
    文書化はなぜ必要か。

■17:05~17:45 株式会社アトラクス プロデューサー 成吉 新一
【第二部】
『ツール活用による効率的な文書作成について』
   作業負荷が大きく文書量も膨大になるため、日本版SOX法対応に
  おける最大の難所と言われる「文書化3点セット」を、効果的・効率的
  に作成・管理できるツールを紹介。

■17:45~18:00
質疑応答・アンケートご記入

関連情報へのリンク »

株式会社アトラクスの関連情報

株式会社アトラクス

株式会社アトラクスの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから