アトラクス、日本版SOX法対応に向けた文書管理システム「TRIANGLE J-SOX」販売開始

ニューズフロント 2007年03月09日 17時09分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アトラクスは3月9日、金融商品取引法(日本版SOX法)対応に向けたクライアント/サーバ型の文書管理システム「TRIANGLE J-SOX」を販売開始した。同法準拠の内部統制に必要な「業務フロー」「リスク・コントロール・マトリクス(RCM)」「業務記述書」の3文書をセットで作成し、見直しや修正、運用状況の評価を容易に行えるという。

 これらの文書は事業分野、拠点、業務プロセスごとに作成する必要があり、作業負荷が大きく、修正/変更時の整合性維持などに手間がかかる。

 TRIANGLE JSOXでは、テンプレートをもとに業務フローを作成する際、並行して関連付けされたRCMや業務記述書を作成できる。部署ごとに従業員の習熟度に差があっても、一定の標準以上の文書を作成できるという。作成した文書はすべてデータベース上で連携させ、修正時には自動で整合性を維持する。

 また複数の従業員が異なる業務フローを同時に登録可能で、分担、共同作業が容易という。運用状況の評価工程では、評価結果を入力しやすいよう関連する業務の確認項目のみを表示できる。このほか拠点間ネットワークを構築していない企業に向け、確認項目のリストをExcelファイルとして出入力する機能を備える。

 サーバ側の対応OSは、Windows 2000 Server SP4 以上/Windows 2003 Server SP1。またSQLサーバとして「SQL Server 2005 Express Edition」を必要とする。クライアント側の対応OSはWindows XP SP2。これに加えアプリケーションソフトとしてOffice2000 Standard以上と、Visio Standard 2003またはVisio Professional 2003を利用する。

 料金は保守料込みの年間ライセンス料が税別165万円。クライアント数は無制限としている。アトラクスは初年度2億円の売上げを見込む。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR