ホワイトペーパー

面倒なカスタマイズはもう勘弁!「長期間つかえるか」を第一にしたグループウェア選択術

株式会社富士通マーケティング 2016年10月21日

グループウェアのリプレースを検討する企業が増加している。
コミュニケーション環境を改善する各種ツール類の進化は速く、求められる機能も日々多様化しているからだ。

企業内外でのデータ連携も活発化している。
だが、「スマートにリプレースできだろうるか?」と悩むケースは多いはずだ。
特に、現状のシステムがパッケージに大幅なカスタマイズを加えていた場合だと、新システムで同じ機能を再現するのは容易ではない。
長期に渡り使い続けていくには、カスタマイズを最小限に抑え、標準機能を活かしていくのが得策なのだ。

グループウェア・ワークフローソリューション「POWER EGG」は、新基幹システムのカスタマイズを最小限に抑えた運用が可能にする。
これまで約1,200社の導入実績があり、資料では卸売企業や食品会社での導入事例を取り上げている。
ぜひ本資料をダウンロードして確認してほしい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)