バーテックス リンク社、 「コンピュータフォレンジックス」をメインテーマに情報漏洩対策セミナーを開催

~最新情報漏洩事件で見えてきた企業の新たな課題と対策~

株式会社バーテックスリンク 2005年09月02日

 株式会社バーテックス リンク(以下バーテックス リンク社、www.vertexlink.co.jp、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:関塚 聖一)は、企業の経営者、情報システムの管理者、ネットワーク担当者を対象に「最新情報漏洩事件で見えてきた企業の新たな課題と対策」と題し、情報漏洩対策セミナーを富士通株式会社(以下富士通、本社:東京都港区、代表取締役社長:黒川博昭)と共同で、9月14日、Platform Solution Center(東京都港区浜松町)にて開催し、広く参加者を募集することになりましたので、お知らせします。

 今年4月の個人情報保護法施行後も企業の情報漏洩事件は一向に後を絶たない昨今、その多くは内部からの漏洩であると言われています。そのため単に情報漏洩を未然に防ぐばかりでなく、それが発生することを前提とした対策を講じる必要が出てきています。こういった現状で今注目されているのが、「コンピュータフォレンジックス」という技術です。コンピュータの状態や過去に発生した事象の証拠保全や不正アクセス追跡のための解析手段という意味で多く用いられており、その技術は誰がどのような手段を使って情報を持ち出したのかを見つけ出す技術として注目をあびています。本セミナーでは、新しい切り札である「コンピュ-タフォレンジックス」を中心に、今後の具体的な情報漏洩対策を紹介します。

 主な内容は、セキュリティ分野の第一人者であるインターナショナル・ネットワーク・セキュリティ株式会社( (リンク ») )代表取締役 兼CSO 岩見守和氏による「個人情報保護法対策の実務とネットワークフォレンジックス」の基調講演、そしてバーテックス リンク社が提供する統合情報漏洩対策ソリューション「Webwasher」のHTTPSロギングによってこれまで出来なかった分野で実現するフォレンジックスの紹介と実践的セキュリティについての講演です。また、「ETERNUS NR1000C series」と「Webwasher」を連携させることで、より強固な統合型セキュリティゲートウェイ機能の提供が可能になることから、その具体的な連携方法についても紹介していきます。

 バーテックス リンク社では、統合情報漏洩対策ソリューション「Webwasher」をはじめ、URLフィルタリングソフト「SmartFilter」、個人情報抽出ソフト「すみずみ君」など、あらゆる面から企業の情報漏洩対策ソリューションを提供しており、今後もさらに強固なセキュリティソリューションを広く提供していくことになります。

尚、セミナーの概要は以下の通りです。

<セミナー概要>
■ タイトル:最新情報漏洩事件で見えてきた企業の新たな課題と対策
■ 主催:株式会社バーテックス リンク・富士通株式会社
■ 日時:2005年9月14日(水)14:00~16:20
■ 会場:富士通Platform Solution Center
    (地図: (リンク ») )
■ 定員:60名
■ 対象:企業の経営者、情報システムの管理者、ネットワーク担当者など
■ プログラム
14:00~14:40 
「個人情報保護法対策の実務とネットワークフォレンジックス」
インターナショナル・ネットワーク・セキュリティ株式会社 
代表取締役 兼 CSO 岩見守和氏

14:50~15:30
「集めて守る!さらに活かす富士通の情報漏洩対策ソリューション」
ソフトウェア事業本部 ミドルウェア事業統括部
第二ミドルウェア技術部 プロジェクト部長 佐戸井 麻美
プラットフォームビジネス本部
テクニカルプラットフォームビジネス部 杉本 克己

15:40~16:20
「ゲートウェイセキュリティとフォレンジックスについて」
株式会社バーテックス リンク ソリューション本部 海老澤 仁

■ 申し込み先: (リンク »)  
■ 問合せ先:株式会社バ-テックスリンク ソリューション本部
         電話:03-5259-5126

<講師プロフィール>
インターナショナル・ネットワーク・セキュリティ株式会社
代表取締役 兼 CSO 岩見 守和
1987年  株式会社ヒュ-コムに入社 取締役 営業本部長代理
1998年 インタ-ナショナルネットワ-クセキュリティの設立と同時に常務取締役として活動を開始、
その後代表取締役COOに就任
2001年  総務省「情報セキュリティ・ビジネスの発展と官民連携のあり方に関する調査研究会」委員(1年間)
2003年  東京大学 国際・産学共同センタ- 研究員
2004年  代表取締役  CSOに就任

パソコン通信のスタ-ト時期から非同期通信の普及に携わり、その後LANからWANへの時代の流れの中でル-タ-、更にはHIPPI ファイバ-チャネル、ATM-LANを含むギガビットネットワ-クの新技術の普及に従事する。その後各種の最新通信技術・セキュリティ技術の紹介に携わる。最近ではネットワ-クセキュリテイの総合的監査診断、セキュリティポリシ-、ISMS・プライバシ-マ-ク認証取得コンサルティング、セキュアデ-タセンタ-設計コンサルティング、認証局システム監査、セキュリティ技術者教育等を専門とした活動に従事する。近時は個人情報保護とセキュリテイ対策の紹介で、各種セミナ-にて講演する機会が多い。


Webwasherについて (詳細に関しては、 (リンク ») をご参照ください。)
Webwasherは、CyberGuard社(本社:米国フロリダ州、開発拠点ドイツ パダボーン、会長兼社長Patrick Clawson、日本オフィス:東京都千代田区、代表 後藤聖治)が提供する総合情報漏洩対策ソリューションです。最新のフィルタリングとセキュリティ技術をベースに、Webフィルタリング、コンテンツフィルタリング、Emailフィルタリング、アンチ・ウイルスとレポーティングを統合したコンテンツセキュリティマネジメント製品です。「Webwasher」製品は、フォード、モトローラ、UBSほか4,000社以上に採用され、クライアント製品は500万人以上のインターネットサーファーが利用しています。Network Appliance社、Check Point社、Computer Associates社、Network Associates社を始め、IT業界のリーディングカンパニーとのアライアンスにより、全世界に事業展開しています。


株式会社バーテックス リンクについて
株式会社バーテックス リンクは、IT市場の多様なニーズを先取りして、新しい価値を創造・提供する『Value Creator(価値創造企業)』です。国内外のトップクラスの技術を持つ有力企業とアライアンスを結び、製品企画から生産管理、マーケティング、セールス、サポートまで、IT市場で培ってきた多くの経験・実績を活かして、コンシューマユーザーおよびエンタープライズユーザーに常に新しい提案を行なっています。ビジネスエリアは、デジタルオーディオ・デジタルビデオを中心にしたマルチメディアと、フィルタリングと情報漏えい対策を中心にしたセキュリティにフォーカスしており、2005年には医療福祉分野にも積極的に参入していきます。
資本金29億2,700万円、年商(連結)29億3,400万円(2005年度3月期実績)。社員数(連結)72名(2005年3月現在)。JASDAQ上場(登録銘柄 コード番号 9816)


報道関係のお問い合わせ先:
株式会社バーテックス リンク 広報・IR課: 黒木
電話:03-5259-5239 Fax: 03-5259-5119
E-mail : pr@vertexlink.co.jp

* 本文中の会社名および製品名は、各会社の登録商標または商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社バーテックスリンクの関連情報

株式会社バーテックスリンク

株式会社バーテックスリンクの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR