北米で2009年までにケーブルモデムに近づくDSL

株式会社データリソース 2004年07月05日

ケーブルモデム接続は現在DSLを2対1の割合で上回っているが、米国の調査会社プローブグループ社では、2009年までにケーブルモデム数は2倍に増えるが、DSL接続数は3倍になり、DSL接続が徐々にケーブルモデム接続との差を縮めていくと予測している。

プローブグループ社の調査レポート「ブロードバンド接続:カナダ、メキシコ、米国」では、ケーブルモデム接続がDSLを2対1の割合で上回っており、2009年までにケーブルモデム数は2倍に増えるが、DSL接続数は3倍になりDSL接続が徐々にケーブルモデム接続との差を縮めていくと報告していると、プローブグループ社の調査取締役のAlan Mosher氏は言う。このレポートでは、北米におけるIP接続市場について予測を立てている。

この調査レポートは、北米におけるインターネット接続数についてアクセス方法別に予測し、一般ユーザー/SOHO、中小企業、大企業の情報を掲載している。また、北米における国別の予測を立てている。このレポートは、プローブグループ社が提供する年間サブスクリプションサービス「Worldwide Broadband Access Model」シリーズの一環で、世界のIP接続に関する現状分析を提供する。

◆調査レポート
ブロードバンド接続:カナダ、メキシコ、米国
(リンク »)

◆プローブグループ社について
(リンク »)

◆このプレスリリースに関するお問合せは下記までお願い致します。
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
info@dri.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR