意思決定者と影響者(購入検討者)による無線データの導入

株式会社データリソース 2004年08月04日

意志決定者vs. 購入(検討)影響者、現在無線データを利用しているユーザーvs. 現在検討中のユーザー候補について、非常に詳しく調査している。

今年初め、インスタット/MDR社は、サービス、アプリケーション、アクセス機器などの無線データソリューションの導入を決める際に、意志決定者とその影響者(その決定を受けて具体的に導入を検討する立場にある人)がどのような関係にあるかについて、中規模企業と大規模企業(従業員100人以上)で働く339人の意志決定者(ITマネージャーなど)と587人の購入検討者(部課長クラスの担当者)を調査した。この2つのグループは相互に大きな影響を与えあっており、意思決定の過程は企業の規模によって異なっているようだ。

この調査を通じて明らかになった重要なポイントは次の通り:

・無線データは企業にとって非常に重要となっており、IT予算の約20%は無線LANやWANの接続機器やサービスなどの無線データ通信につぎ込まれている。また、無線データ導入資金は必ずしもIT事業関連部門から捻出される訳ではなく、約半数の企業で事業部や担当部署からの予算を割り当てている。そのため、無線データに割り当てられたIT予算の割合を見るだけでは、企業における無線データ に使われる総費用の正確な全体像を知ることはできない。当初考えられていたよりも、多くの経費が使われているのだ。

・中規模および大規模企業の約半数が現在無線データを利用しており、その他30%が将来導入する計画があったり、見積を取り寄せたりしている。現在無線WANデータサービスを利用している4分の1のユーザーは、将来的にはもっと活用したいと思っている。

・無線データの多くは、企業が正規に導入したものではなく、従業員自らが導入 したいわゆる"バックドア"によるものである。つまり、無線データソリューションプロバイダは、三方面からのマーケティング/セールスアプローチ、すなわち、"バックドア"を利用しているエンドユーザーを特定する、部長/課長クラスに導入の現実性とその必要性を理解させ、時にはプロバイダ選択を手助けする、そして実際に機器やサービスプロバイダを選択する立場にあるITマネーにソリューションの導入をサポートをする必要がある。

・購入検討者の約3分の2は、ソリューション導入の際に新しい機器の購入を計画しており、アクセス機器にも大きなビジネスチャンスがある。

・一般的に無線データアプリケーションとは、Eメール、ウェブアクセス、表計算ソフト、ワープロソフトを指している。将来は、インスタントメッセージやウェブベースのアプリケーションなどが含まれる。アプリケーションの利用はデバイスによって異なる。

・様々なタイプのソリューションプロバイダが必要とされている。無線/固定電話キャリア、ITハードウェア(例:HP、 IBM)、ネットワーク機器プロバイダ(例 :Cisco、3COM)が上位を占めている。

・従来よりも多数の人達が、ITハードウェアプロバイダの利用を検討している。また、無線および固定電話キャリアは、テクニカルサポートやコンサルティングなどのサービス提供を望んでいる。多くのマネージドサービス(例:固定電話を利用したリモートサービス、ネットワークマネージメント)にとっても大きなチャンスとなる。

・無線VoIPアプリケーションに対する関心はそれほど高くない。
インスタット/MDR社のレポート「無線データ通信ビジネスユーザーへの意思決定者と影響者の役割」では、ビジネス環境における無線データの購入計画と導入過程が分かりやすく解説されている。意志決定者vs. 購入(検討)影響者、現在無線データを利用しているユーザーvs. 現在検討中のユーザー候補について、非常に詳しく調査している。また企業規 模別(例:100-249人、250-999人、1000-9999人、1万人以上)、垂直市場、担当部署に関するデータも提供されている。

次のような問題についても、取り上げられている。
oモバイルワーカー(比率とタイプ)
o無線データ(WWANや企業向け無線LAN、公衆無線LAN/ホットスポットサービス)の利用状況(特にWWANにフォーカス)
o音声およびデータサービスを提供する無線キャリア
o意思決定のプロセスとサービスプロバイダを選ぶ際の条件
oユーザー社員の平均請求金額
o料金の支払い方法と契約の利用法(企業への請求方法と支給)
o他サービス(例:テクニカルサポート)やマネージドサービスの需要
o対応デバイス(例:PDA、ノートブック、双方向メッセージング機器)
oPDAとノートブックPCの単独使用での無線データアプリケーションサービスの利用状況と今後の予定
oIT予算の中での無線データへの出資比率、社内の出資元

このレポートには、付録として175の図を含むパワーポイントによる詳細なプレゼンテーション資料がついている。

◆調査レポート
無線データ通信ビジネスユーザーへの意思決定者と影響者の役割
(リンク »)

◆インスタット/MDR社について
(リンク »)

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR