AT&T GNS、国内・国際ネットワーク相互接続サービスを提供

AT&Tグローバル・サービス株式会社 2005年10月20日

AT&Tグローバル・サービス株式会社(以下AT&T GNS)は、本日、お客様の国内ネットワークと国際ネットワークを相互接続する「AT&T EVPN・NOSクロスオーバー・サービス」を、11月1日より提供すると発表しました。

このサービスでは、東京のAT&Tデータセンター内にお客様専用のクロスオーバー・ルーターを設置し、AT&TグローバルIP VPNネットワーク(エンハンスドVPNサービス:EVPNサービス)と、AT&T GNSが提供する国内のIP VPNサービス、広域LAN(イーサ)サービスなどを相互接続します。

このサービスでは、お客様の国内回線を直接AT&Tデータセンター内に収納するため、海外へのネットワークの容易な展開、国内ネットワークの構築の柔軟性、また、国際ネットワークへのアクセス回線料金の節約などの効果が見込まれます。また、お客様は、国内・国際ネットワークを相互接続することで、統合的なネットワークの設計から、構築、運用・保守まで一元的にAT&Tのサービスの利用が可能となります。

サービスの提供価格はクロスオーバー・ルーター1台につき初期費用157,500円、月額料金20,500円からで、サービスの導入にあたってお客様拠点への特別な機器の設置は不要です。また、クロスオーバー・ルーターはAT&Tが24時間365日の運用、監視を行います。

EVPNサービスはAT&Tが運用する国際的な閉域IPネットワークとMPLS技術を活用して、グローバルなビジネス展開をされる企業の基幹ネットワークに、高品質で信頼性の高いネットワークを提供する国際IP-VPNサービスです。先進的なネットワーク統合運用管理システム(iGEMS: integrated Global Enterprise Management System)で提供する運用管理サービスは、お客様のグローバル・ビジネスをバックアップします。

また、国内ネットワークにAT&Tが提供するネットワーク・アウトソーシング(NOS)をお使いいただくことにより、お客様毎のビジネス戦略の視点から、最適なネットワーク・ストラテジーの立案を支援し、コンサルティング、設計から、構築、運用・保守に至るまでトータルアウトソーシングを可能にします。NOSでは、AT&Tグループ各社、通信キャリア各社、通信機器メーカー各社からお客様のニーズに合わせた製品・サービスを効果的に組み合わせ、最適なネットワーク・ソリューションをご提供します。

用語解説

AT&Tグローバル・サービス株式会社
1999年(平成11年)に設立、本社は東京都港区。企業ネットワークの設計から運用、構築、保守まで一括して提供するネットワーク・アウトソーシング・サービスを核としてビジネスを展開。また企業向け、個人向けにデータ・ネットワーク・サービス及びインターネット接続サービス等のネットワーク・コネクティビティ・サービスも展開。代表取締役社長:湊 方彦(みなと のりひこ)、従業員約370名、資本金10億円。
詳細は (リンク ») でご覧いただけます。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから