OKWave Booksシリーズ『使ってみました、VistaのQ&A』発売

Windows Vistaに関するみんなの“困った”を解決するQ&A56篇を収録

株式会社オウケイウェイヴ 2007年04月02日

日本初、最大級のQ&Aサイト「OKWave」を運営する株式会社オウケイウェイヴ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:兼元謙任)は、株式会社インプレスR&D(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井芹昌信)と共同で、「OKWave」のQ&Aコンテンツを書籍化したOKWave Booksシリーズ最新刊『使ってみました、VistaのQ&A』を2007年4月2日に発売します。

今回発売する『使ってみました、VistaのQ&A』は、「OKWave」に投稿されたWindows Vistaに関連したQ&Aの中から、OKWave利用者の検索回数や閲覧回数等の統計データをもとに56篇を抽出。Windows Vista発売から約2ヶ月の間にみんなから寄せられた、みんなが知りたい質問・相談を書籍化したPCライフ必携の一冊となりました。

OKWave Booksシリーズは、「OKWave」サイト上のやり取りそのままにユーザからの投稿内容を原則的にそのまま掲載しています。このような、Web2.0の特徴であるユーザがコンテンツを生成する「集合知」を、書籍制作の手法にも取り入れた世界初の書籍シリーズとして、2006年9月の創刊以来、5タイトルを発売しています。

『使ってみました、VistaのQ&A』
編者: 株式会社オウケイウェイヴ
発売日: 2007年4月2日
仕様: B6変形判/184ページ/Q&A数:56篇
ISBN: 978-4-8443-2393-8
定価: 683円(税込)
発行: 株式会社インプレスR&D
内容構成:
「教えて!Vistaの素朴な疑問」
「知りたい!Vistaの新機能」
「聞かせて!Vistaとアプリの相性」
「助けて!Vistaのトラブル」

■株式会社インプレスR&Dについて
株式会社インプレスR&D は、Webビジネス関係者、ワイヤレスブロードバンド技術者、放送・通信融合およびデジタル家電関係者、IPv6関係者、ICTを活用するビジネスマン等、インターネットテクノロジーを核としたあらゆる分野の革新をいち早くキャッチし、これからの産業・社会の発展を作り出す人々に向けて、クロスメディア事業を展開しています。

■インプレスグループについて
株式会社インプレスホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:塚本慶一郎、証券コード:東証1部9479)を持株会社とするメディアグループ。「IT」「音楽」「デザイン」「医療」「山岳・自然」を主要テーマに専門性の高いコンテンツ+サービスを提供するメディア事業を展開しています。

■日本初、最大級のQ&Aサイト「OKWave」について
(リンク »)
2000年1月オープンの日本初、最大級のQ&Aサイト。会員ユーザからの質問に、別の会員ユーザが回答する場を提供。ユーザの知識・経験・知恵を引き出してコンテンツを生成するCGMの仕組みはWeb2.0そのもの。「OKWave」の1,100万件以上のQ&Aコンテンツは約72万人の会員ユーザはをはじめ、毎月約650万人の閲覧ユーザに利用されています。Q&Aコンテンツの質を管理するCVM(Contents Value Management)を追求した結果、大手ポータルサイトや企業のサポート部門等、約40社が導入。また、Q&Aコンテンツの閲覧が可能な「OKWave」モバイル版を3キャリア向けに提供しています。

■株式会社オウケイウェイヴについて
(リンク »)
1999年7月設立。世界中の人と人を信頼と満足で繋いでいくことを理念に、日本初、最大級のQ&Aサイト「OKWave」(会員約72万人、約1.4億PV/月)を運営。またその運営ノウハウを応用したFAQ作成管理ツール「OKWave Quick-A」やQ&A情報活性化ツール「OKWave ASK-OK」等のソリューションを開発・販売。2006年6月に名証セントレックスに株式上場(証券コード:3808)。

このプレスリリースの付帯情報

表紙

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!