株式会社オウケイウェイヴ、株式会社アップライツ、Q&Aコミュニティサイト、コンテンツの共同開発と展開を目的に資本業務提携を締結

エンターテインメント分野における協業による事業拡大を目指す

株式会社オウケイウェイヴ

2021-12-15 16:00

互い助け合いをベースとした法人・個人向けサービスを展開する株式会社オウケイウェイヴ(所在地:東京都港区、代表取締役社長:福田 道夫、以下「オウケイウェイヴ」)は、音楽制作、映像制作、コンサート制作、スタジオ運営、著作権管理を行う総合制作会社、株式会社アップライツ(所在地:東京都港区、代表取締役社長:山田 公平、以下「アップライツ」)と、Q&Aコミュニティサイト「OKWAVE」を中心とした新たなコンテンツ事業をより充実させ展開していくことを目的に資本業務提携を締結いたしました。
本資本業務提携では、両社が持つそれぞれの強みとノウハウを生かし、国内外へ向け音楽、映像のエンターテインメント、クリエイターの方々とファンやユーザーのナレッジ(情報・知識・知恵)のやり取りなどのニーズを多角的に結びつける新たなコンテンツ・サービスとして提供し、事業拡大を目指すものです。

■資本業務提携について
オウケイウェイヴは、ミッションである「互い助け合いの場の創造を通して、物心両面の幸福を実現し、世界の発展に寄与する」ことを目指し、Q&Aコミュニティサイト「OKWAVE」を2000年1月より運営し、“互い助け合い”をベースとしたサポート領域における総合ベンダーとして、ビジネス貢献と社会課題の解決に寄与してきました。そして、2021年7月1日より新体制にてオウケイウェイヴのミッションの実現に向けて、新たに全社スローガン「OKWAVE ReBORN 2021」を掲げて事業加速と組織体制の強化を推進しております。
一方、アップライツは、エンターテインメントにおける総合制作企業として、音楽、映像などのエンターテインメント事業を手掛けており、時代と共に移り変わる社会の人々の様々なニーズに的確に対応しながら、日本に、そして世界に“勇気”や“活力”を提供し、創造し続けているエンターテインメント企業です。

こうした中、この度、昨今のコロナ禍で多くの人々が閉塞感を感じる状況などが生じる中、様々な音楽・映像等のソフトやコンテンツが人の心や生活に“勇気”や“活力”をもたらすという大事な役割に着目し、国内外に向けて人々の生活の心の充実や“勇気”や“活力”をさらに持ってほしい、という思いが合致し、両社が持つそれぞれのノウハウを生かし、DX(デジタルトランスフォーメーション)の進展に即したクリエイターとユーザーを繋ぐ新たな事業展開を追求することで一致しました。

国内外へ向け音楽のエンターテインメントコンテンツの発信、さらにクリエイター同士の専門的な情報交換や、クリエイターの方々とファンやユーザーとの情報のやり取りをQ&Aコミュニティサイトなどの場を活用することで、アップライツが制作及び著作権を管理する楽曲等のコンテンツや所属するクリエイターとユーザーを繋ぐBtoC事業に発展させるとともに、オウケイウェイヴのQ&A関連ビジネスをし、一層活性化していく考えです 。昨今のニーズを踏まえて新たな事業構築を追求し、エンターテインメント業界のナレッジを持ったクリエイターの活躍の場を増やすとともに、そのファン層へアプローチし、アップライツのクリエイターやコンテンツの価値向上とQ&Aコミュニティサイトのユーザーへの新たな価値を提供する共同事業を推進していきます。

両社による共同事業を速やかに推進するため、オウケイウェイヴは2021年12月10日に特定子会社化した投資ファンドのOK FUND L.Pを通じて、アップライツの株式を取得し、同社を子会社化することで、共同事業を加速していく考えです(出資比率52.6%)。(※1)

■資本業務提携について各社のコメント
株式会社オウケイウェイヴ 代表取締役社長 福田 道夫
「このコロナ禍の中で、みなさんの働き方や生活様式が大きく変化をしてきました。皆さんがお持ちのクリエイティブな側面を他の方々にも、より届けやすく、ユーザーにも入手しやすい環境が整ってきたと思います。今回アップライツ社と手を組むことで、オウケイウェイヴとアップライツのアセットの相乗効果と、さまざまなクリエイターへの貢献ができる社会を一緒に創造できる心強い仲間を得られたと確信しております。」

株式会社アップライツ 代表取締役社長 山田 公平
「創業以来16年常に、クリエイターが創り出す作品が評価され輝くように、そして着実に収益を上げ、サスティナブルに創作とビジネスを両立し遂行出来ることを日々心がけております。作品を産み出し携わるクリエイターやスタッフ、そして応援していただくファンやユーザーの皆様が、安心して作品やコンテンツに乗船できるように、水先案内人やタグボートの役目を担うと共に、新たな作品に出会うきっかけや、作品を楽しみ続けられるような、環境やサービスをオウケイウェイヴと共に、アナログ/デジタルを問わず、全ての経験・技術・知見・集合知を駆使し醸成して参ります。」


オウケイウェイヴは、今後も互い助け合いをベースとした、様々な社会課題の解決や地域の発展に寄与するサービス提供を通じて「ありがとう」の総量を増やし、皆様に感動を与える企業として貢献してまいります。オウケイウェイヴの成長にご期待ください。

※1 アップライツは、オウケイウェイヴによる第三者割当増資後、2022年1月末日を目途に、同社グループ会社の株式会社アップドリーム及び株式会社OMTYとの間でそれぞれ株式交換を行い、両社はアップライツの完全子会社、オウケイウェイヴの孫会社となる予定です。本資本業務提携に基づく共同事業は、同グループの中心会社として事業展開する株式会社アップドリームにおいて推進していく予定です。

■株式会社アップライツについて
(リンク »)
株式会社アップライツは、2006年1月設立。音楽制作、映像制作、コンサート制作をはじめ、スタジオ運営を行い、また、著作権管理の一元化と関係各社及びクリエイターオフィス群のハブ会社となる、株式会社アップドリームをグループ会社として有する総合制作会社です。幅広いジャンルの楽曲を生み出し、TVアニメシリーズ主題歌、ゲーム音楽や劇伴/BGMなどを数多く手掛けています。グループ会社に、音楽制作、映像制作、著作権管理を行う株式会社アップドリーム(代表取締役社長 山田 公平)、ライブ・コンサート制作を行う株式会社OMTY(代表取締役社長 山田 公平)があります。

■株式会社オウケイウェイヴについて
(リンク »)
株式会社オウケイウェイヴ(証券コード:3808)は1999年7月設立。「互い助け合いの場の創造を通して、物心両面の幸福を実現し、世界の発展に寄与する」ことを企業理念に、2021年7月より全社スローガン「OKWAVE ReBORN 2021」を掲げ、様々な社会課題の解決に寄与し、「ありがとう」の総量を増やしていくことを最重要テーマとしています。
その目標に向け、2000年1月より運営するQ&Aサイト「OKWAVE」を軸に、顧客サポートの効率化やCS向上、さらには移住希望者の相談にコミュニティの力で課題解決を促進するサポートシェアリングソリューション「OKWAVE Plus」を企業や地方自治体向けに提供しています。また、700社以上が組織の活性化に利用するクラウドサンクスカード「GRATICA」を提供しています。

※記載された商品名、製品名は各社の登録商標または商標です。
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]