第6回価格.comリサーチ  「夏のボーナス2007 あなたの使いみちは?」 調査結果 http://kakaku.com/research/

購買力ある年代で消費行動に消極的?!

株式会社カカクコム 2007年06月13日

株式会社カカクコムが運営する価格比較サイト「価格.com(http://kakaku.com/)」が 開始したユーザーへの意識調査「価格.comリサーチ」より、第6回調査『夏のボーナス2007 ~あなたの使いみちは?~』の結果をお知らせします。 日本経団連が発表した2007年夏の大手企業のボーナス妥結状況によれば、組合員1人当たり の金額は前年夏比2.77%増の93万8,588円と過去最高で、5年連続で増加することになります が、価格.comでは、ボーナスはいくらもらえそうか?何にどのくらい使うのか?気になる消費動向 について、サイト上で利用者にアンケート調査をおこないました。

■総評(鎌田剛 カカクコム メディアクリエイティブ部 部長)
今回の調査結果から感じたのは、「消費者は意外とお金を使わない」ということである。
もっとも購買力の強い30~40代の購買意欲があまり高くないというのが印象的で、
ボーナスの使いみちでも「ローン・貯金」といった貯蓄系が大半を占めている。
特に、40代の購買意欲の低さ(12.2%)は顕著で、夏のボーナスではあまりお金を使わない
傾向が現れた結果となっている。


昨年2006年の夏は、サッカーのワールドカップ効果などもあり、大型テレビやDVDレコーダー
などの家電製品が好調だったが、今年は消費を押し上げるそうした世界的なイベントがない
こともあって、テレビなど大型デジタル家電の消費は伸び悩むのではないかと予想される。
また、パソコン関連では、今年1月に発売 された新OS「Windows Vista」による市場の
盛り上がりも一段落しており、このシーズンはあまり目新しい製品がラインアップされていない
こともあり、パソコン関連も今ひとつ市場の盛り上がりがないままに、ボーナス商戦を迎えている。


また、今回の調査結果によれば、夏のボーナスで「商品を購入する」と答えた割合は全体の
18.4%に過ぎず、商品購入にかけるおおよその予算も「10万円未満」が大半であることを考える
と、大型の家電製品やパソコンなどの高額商品に関しては、苦戦を強いられそうだ。


逆に、10万円未満の比較的安めの商品についてはそこそこ購買意欲も高く、
洋服やファッション関連、PCパーツ、ゲームソフトなどの単価の安いものが、購入希望製品の
ランキング上位を占めたのが印象的だ。  家電・パソコン関連では、「コンパクトタイプの
デジタルカメラ」「携帯電話」といった3万前後の製品と、7万~8万円程度の「DVDレコーダー」、
さらに、昨年あたりから一気に価格が下がってきた32インチクラスの液晶テレビも10万円台
前半で購入可能ということもあって、家電全体の不振のなかでは、比較的堅調な売れ行きを
見せるのではないかと予想される。


【価格.comについて】
パソコン、家電、カメラをはじめ、ブロードバンドや携帯料金プラン、自動車保険、宿泊施設、
レストランなど全73カテゴリ、820万点超の商品・サービス情報を掲載。
月間利用者は、1000万人超(重複なし)、蓄積されたクチコミは累計600万件を超える。


【お問い合わせ先】
株式会社カカクコム 広報担当 甲斐 内山
e-mail: pr@kakaku.com Tell:03-5805-7511

※過去のリサーチ結果を含めた結果詳細は以下のページより参照いただけます
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR