ドキュメント共有サイト『docune(ドキュン)』にて名作文学100選掲載開始

「青空文庫」の協力により、国内の名作文学を続々公開

株式会社オウケイウェイヴ 2007年11月21日

日本初、最大級のQ&Aサイト「OKWave」を運営する株式会社オウケイウェイヴ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:兼元謙任)は、インターネット上で様々な文書ファイルをみんなで発表・利用・共有できるドキュメント共有サイト『docune(ドキュン)』にて、日本の名作100選の掲載を開始します。また、あわせてサイト・リニューアルも実施しました。

(リンク »)

『docune』での日本文学100選の掲載は、著作権の消滅した作品と、「自由に読んでもらってかまわない」とされたものを公開しているインターネット電子図書館「青空文庫」( (リンク ») )の協力により実現しました。「青空文庫」に公開された文学作品の選りすぐり100作品を『docune』上でも公開することで、インターネット時代の新しい「読書」スタイルを提案するとともに、そこから新たな作品の公開の場となっていくことを期待しています。

これまでも『docune』では同じく著作権の消滅した作品を公開している「うわずら文庫」より投稿をいただく等により、文学をはじめとする過去の知識資産の蓄積が進んでいます。

また、『docune』ではサイト・リニューアルも実施。順調に投稿数が伸びてきていることを受け、閲覧数ランキング公開やおすすめドキュメントの掲載等、より公開されたドキュメントを楽しめるようなサイト改修を行っています。

『docune』は、誰でも自由にドキュメント(文書)を投稿して公開し、みんなで共有できるドキュメント共有サイトです(投稿は無料の会員登録が必要)。Excelで作成した表や、PowerPointで作成したプレゼンテーション資料等、特定のアプリケーションで作成されたドキュメントを『docune』に公開することで、アプリケーションがなくてもWEBサイト上で閲覧できるようにし、簡単にみんなで共有できます。

(使用例)
・Wordで作成したお菓子のオリジナルレシピを公開する
・Excelで作成したビジネステンプレートを公開する
・PowerPointで作成したセミナー資料の一部を公開して集客に活用
・一般には非公開で、友人同士で文書の共有をする
・投稿された文書を参照(リファレンス)して、新しい文書を生み出す

『docune』では、今後も様々な機能を追加し、新しい情報流通の場を形成していきます。

■株式会社オウケイウェイヴについて
(リンク »)
1999年7月設立。世界中の人と人を信頼と満足で繋いでいくことを理念に、日本初、最大級のQ&Aサイト「OKWave」( (リンク ») )を運営。またその運営ノウハウを応用したFAQ(よくある質問と回答)作成管理ツール「OKWave Quick-A」やQ&A情報活性化ツール「OKWave ASK-OK」等のソリューションを開発・販売。2006年6月に名証セントレックスに株式上場(証券コード:3808)。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!