「アドベンチャーポータル」リリースのお知らせ

株式会社ライブウェア 2008年06月12日

From DreamNews

モバイルコンテンツの開発・配信を行う株式会社ライブウェア(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:中村俊一)は、6月12日(木)に株式会社KDDIの EZweb公式メニュー内にて「アドベンチャーポータル」の配信サービスを開始いたしました。

「アドベンチャーポータル」はテキストを読み進めていくアドベンチャーのアプリを配信するサイトになります。初回リリースでは学園ライトノベルやホラーアドベンチャー、サスペンスとアドベンチャーの中でも人気のジャンルを取り揃えております。株式会社グラスホッパー・マニファクチュアのプレイステーション(R)で発売されたシルバー事件の正統なる続編も配信予定です。



■各コンテンツとシナリオ

・修学旅行の生き残り方
目が覚めたら、そこは絶海の無人島。
修学旅行から一転、無人島生活を強いられる事になった五人。
だが、順調に行くかと思われたサバイバル生活に、暗雲が漂い始める...
『僕たちの他に...誰かいるのか?』
救助が来るまでの数日間、彼らの間に流れたドラマとは?

無人島を舞台に学生達が島からの脱出をめざすサバイバル要素と、
サスペンス要素をライトノベルテイストでテンポよくお届けします。


・死霊島-赤い手帳編-
・死霊島-怨霊編-
ある日、『川村あおい』は謎の転校生『神野和人』に赤い手帳を見せられる。
そこには数日前に起こった猟奇殺人の様子が、克明に記されていた。
まるで事件を目撃したかのように、奇妙なまでに一致する記述。
その謎を解くために、二人は事件の起こった孤島『志領島』へと向かう。
志領島で起こる惨劇のさなか、あおいが手帳を開くと、
そこには次なる犠牲者として自分の名前が記されていた...

死霊島-怨霊編-もプレイすることで、更にストーリーを楽しむ事が可能になります

女性主人公川島あおいを主軸に死霊島・赤い手長編と二つのストーリーが展開されます。さらに2つのアプリは連動し、両方のアプリをプレイすることでさらなる展開を楽しむことができます。



・恋☆OMA -桜色、恋もよう-
高校受験の合格発表。
藍沢理奈は受験票を風に飛ばされてしまう。
急いで追いかける理奈の目の前で、それを拾ってくれた男の子。
彼は受験票と合格発表を一瞥すると「合格おめでとう」と言って理奈に受験票を手渡した。
その男の子の事が頭から離れない理奈。

それまで自分とは無縁だと思っていた恋。
だが、自分の気持ちを自覚した時、理奈は一つのおまじないを試してみる事にした。
それは『運命的な再会をするおまじない』
名前も知らない彼との再会を信じ、おまじないを実行する理奈。
その結果は......?


■アクセス手順
au oneトップ⇒カテゴリ検索⇒ゲーム⇒アドベンチャー⇒アドベンチャーポータル


■料金
月額315円(アドベンチャーポータル基本料金)で毎月1日に300Point付加されます。
200~300Point消費でアプリを購入できます。
さらに従量課金を行うことでポイント追加を100・200・300・400・500円で行えます。


■スペック
BREW(R)3.1対応機種(一部端末は非対応になります)


※au、EZwebは、KDDI株式会社の登録商標です。


◆株式会社ライブウェアについて
1. 商号:株式会社ライブウェア
2. 代表者:代表取締役 中村 俊一
3. 所在地:東京都新宿区新宿2-3-13
4. 設立:2004(平成16)年6月1日
5. 資本金:2億5千万円
6. 売上高:492百万円(平成18年3月期)
7. 従業員数:43名(平成19年11月1日現在)
8. 主な事業の内容:モバイルコンテンツの開発・配信事業


●権利標記
(c) Liveware
(c) Arcadia Project


株式会社ライブウェア
(リンク »)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社ライブウェアの関連情報

株式会社ライブウェア

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから