Adobe AIRアプリケーションの作成を強力にサポートする 「iBizBlock/Studio for Flex Builder3」の提供開始について ~エンタープライズRIAを加速するiBizBlockシリーズを強化~

NECシステムテクノロジー株式会社 2008年07月17日

NECシステムテクノロジー株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役執行役員社長:今泉 澄夫、以下:NECシステムテクノロジー)は、このたび、エンタープライズ領域において高度なユーザビリティと開発生産性を実現するビジネスコンポーネント製品、iBizBlock(アイビズブロック)シリーズを強化、アドビ システムズ社の統合開発環境であるAdobe Flex 3、およびデスクトップ用の実行環境であるAdobe AIR(Adobe Integrated Runtime)に対応させた「iBizBlock/Studio for FlexBuilder3」を開発、営業活動を開始いたしました(注1)。

「iBizBlock/Studio」は、業務アプリケーションにおけるデータエントリやデータ表示、データ解析業務、予約、スケジューリングなどをRIAのコンポーネントとして提供するもので、このたび、Adobe Flex3およびAdobe AIRへの対応とともに、新たにコンポーネントの追加、ブラッシュアップを図りました。

「iBizBlock/Studio for Flex Builder3」の特長は次の通りです。
 
1.Adobe AIRに対応
「iBizBlock/Studio」のコンポーネント群を用いることにより、Adobe AIR上で動作するデスクトップアプリケーションの開発が簡単に行えます。これにより、エンタープライズRIAをAdobe AIRに容易に拡大することができます。

2.スケジュール機能を備えた3種のカレンダーコンポーネントの提供
スケジュールの書き込みや変更ができる「年次」「月次」「週次」の3種類のカレンダー
を用意。デフォルトにて予定の登録・編集画面を提供し、ドラッグ&ドロップ操作
による予定の変更ができるなど高い操作性も実現しています。

3.既存コンポーネントの視認性、操作性の向上
  タブ部分の多段表示による視認性の向上や、キー入力を必要とせずマウス操作だけ
で、開始・終了日時が指定できるプログレスチャートなど、既存コンポーネントに
おいてもさらにリッチなユーザインターフェースを実現させました。
 
製品の価格は、5万円(税抜き)となります。
  
NECシステムテクノロジーは、iBizBlockシリーズで、今後3年間に20億円の売上を目指します。

iBizBlockシリーズの詳しい紹介は、下記URLよりご覧下さい。
(リンク »)

アドビ システムズ株式会社 マーケティング本部 エンタープライズ&デベロッパーマーケティング部 部長 小島 英揮氏からのコメント、および、「iBizBlock/Studio」のコンポーネント例については別紙をご覧下さい。

 近年、リッチなユーザインターフェースが求められる背景には、単なる画面操作性の向上だけではなく、マッシュアップなどの技術進化もあり、既存の業務システムの機能性はそのままに、経営コックピットのようなデータ処理結果の分かりやすいビジュアル表示や部門間の情報共有のためのインタラクティブな表示機能など、業務システムに対する、より高いユーザビリティ向上のニーズがあります。NECシステムテクノロジーはエンタープライズ分野において、早期にRIAに取り組んで参りました。これからも、エンタープライズ分野におけるRIA開発の高生産性を追求し、お客様の業務システム開発ならび保守業務への効果的なサポートを提供して参ります。

以 上

このプレスリリースの付帯情報

iBizBlock/studioのコンポーネント例

用語解説

(注1)出荷開始は9月末を予定しています。
(注2)iBizBlockはNECシステムテクノロジーの登録商標です。
    AdobeならびにAIRはAdobe Systems Incorporatedの米国ならびにその他の国における商標または登録商標です。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?