アルカテルとフィンメカニカ社、宇宙関連事業で合弁会社2社を設立

アルカテル・アレニア・スペース社とテレスパツィオ・ホールディング社の経営陣を任命

日本アルカテル株式会社 2005年07月26日

 (7月1日、パリ、ローマ同時発) 通信システム・装置メーカー世界大手のアルカテル(本社:フランス、会長兼CEO:セルジュ・チュルク)と伊フィンメカニカ社(Finmeccanica)は7月1日、アルカテル・アレニア・スペース社(Alcatel Alenia Space)とテレスパツィオ・ホールディング社(Telespazio Holding)の2つの合弁会社を、同日付けで新たに設立したことを発表しました。

 これら合弁会社2社の設立は、アルカテルとフィンメカニカ社が大きく飛躍するための絶好の機会となるもので、通信衛星システムおよびサービスの分野でトップの地位を確立すること、欧州版GPS(全地球測位システム)「ガリレオ」(Galileo)計画やGMES(全地球的環境・安全保障監視)事業など、ヨーロッパにおける最重要計画で主導的な地位につくこと、宇宙防衛およびセキュリティ、さらには、宇宙観測・探査・科学の分野を強化することを目的としています。

 アルカテル・アレニア・スペース社は、アルカテルが株式の67%、フィンメカニカ社が33%をそれぞれ保有します。同社は、これまでアルカテル・スペース(Alcatel Space)とアレニア・スパツィオ社(Alenia Spazio)が行ってきた業務を統合し、宇宙システム、衛星、ペイロード、軌道インフラストラクチャと宇宙輸送、計器、民間および軍事用アプリケーション向けの関連地上システムなどの設計、開発、製造事業を専門に行っていきます。本拠をフランスのカンヌに置き、フランス、イタリア、ベルギー、スペインに工場を設置します。2004年度の売上高は推定18億ユーロ、従業員数約7,200人で、衛星システムの分野で欧州トップ企業となります。

 テレスパツィオ・ホールディング社は、フィンメカニカ社が株式の67%、アルカテルが33%をそれぞれ保有します。フィンメカニカ社の子会社であるテレスパツィオ社(Telespazio)に、アルカテル・スペースの運用サービス事業を統合し、宇宙システムの制御・開発利用の他、ネットワーキング、マルチメディア、地球観測用の付加価値サービスをはじめとする衛星ソリューションの運用サービスを専門に行っていきます。本拠をイタリアのローマに置き、イタリア、フランス、ドイツに工場を設置します。2004年の売上高は推定3億5,000万ユーロ、従業員数約1,400人で、宇宙サービス市場で重要な役割を果たす企業となります。

 アルカテルとフィンメカニカ社は、それぞれアルカテル・アレニア・スペース社とテレスパツィオ・ホールディング社を連結子会社として計上します。これらの合弁会社2社の設立により、両社の株主に対し、1億900万ユーロの現金と負債の影響を与えます。

 また、アルカテルとフィンメカニカ社は7月1日、合弁会社2社の経営陣を新たに任命しました。


■アルカテル・アレニア・スペース社
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◇フィンメカニカ社COO(最高執行責任者)、ジォルジオ・ザッパ(Georgio Zappa)氏が、アルカテル・アレニア・スペース社の監査委員会の委員長に就任。

◇パスカル・スーリス(Pascal Sourisse)女史が、社長兼CEO(最高経営責任者)に就任。


■テレスパツィオ・ホールディング社
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◇アルカテルのエグゼクティブ・バイス・プレジデント兼プライベート通信グループ・プレジデント、オリビエ・ウサン(Olivier Houssin)氏が、テレスパツィオ・ホールディング社の取締役会長に就任。

◇ジュゼッペ・ヴェレディーチェ(Giuseppe Veredice)氏が、CEO(最高経営責任者)に就任。


 本合弁会社設立に関して、アルカテルは仏BNPパリバ社(BNP Paribas)、フィンメカニカ社は米国ラザード社(Lazard)より、それぞれアドバイスを受けました。


<アルカテルについて>
 アルカテル(ALCATEL)は、フランスを本拠とする世界屈指の電気通信システム・装置メーカーで、通信事業者やサービスプロバイダ、一般企業に対し、音声、データ、ビデオ・アプリケーションなどへの通信ソリューションを世界規模で提供しています。固定および移動体通信向けブロードバンドネットワーク、アプリケーション、サービスの分野において主導的な地位を占め、ユーザー視点の“ブロードバンドワールド”の創造に寄与しています。
 世界130ヶ国以上でビジネスを展開し、連結総売上高は122億6,500万ユーロ(約1兆6,500億円)(2004年度)。URL: (リンク »)

<フィンメカニカ社について>
 フィンメカニカ社(Finmeccanica, S.p.A)は、イタリア最大のハイテク企業で、ヘリコプター、民間および軍事用飛行機、航空構造、宇宙衛星およびインフラストラクチャ、衛星関連サービス、指令制御システム、防衛電子機器およびシステム、通信、セキュリティ、ITなどの設計・製造を行っています。フィンメカニカ社は、欧州ならびに米国のパートナー企業との安定した協力関係を通して、いくつかの世界最大の国際プログラムに参加しています。また、搬送およびエネルギー事業部門でも優れた製造技術と資産を有しています。国内外で営業展開し、総従業員数は約51,000人。収益の16%を研究開発に当てています。詳しくは、 (リンク ») をご覧下さい。

<日本アルカテル株式会社>
 日本では1987年より事業を展開、アルカテルの各事業部門の統合的なサービスを提供しています。
所在地:〒108-6027 東京都港区港南2-15-1品川インターシティー A棟27F/
代表取締役社長:藤井克美/創業:1961年12月、設立:1987年5月/
資本金:4億6,400万円/従業員数:80名/URL: (リンク »)


……………………………………………………………………………………
            本件に関するお問い合わせ先:
             日本アルカテル株式会社
         TEL:03-5715-6300 FAX: 03-5715-6333
            E-mail:info@alcatel.co.jp
……………………………………………………………………………………

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

日本アルカテル株式会社の関連情報

日本アルカテル株式会社

日本アルカテル株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR