アルカテル、ピッツバーグ大学医療センターより通信インフラの移行プロジェクトを受注

受注総額2億3,600万ユーロ(3億米ドル)

日本アルカテル株式会社 2006年11月13日

 (11月6日、パリ発) 通信システム・機器メーカー世界大手のアルカテル(本社:フランス、会長兼CEO:セルジュ・チュルク)は11月6日、医療機関のピッツバーグ大学医療センター(UPMC)から通信インフラをアップグレードするIPネットワーク移行プロジェクトを受注したことを発表しました。契約条件は、複数年契約で、総額2億3,600万ユーロ(3億米ドル)。本契約の一部として、アルカテルとUPMCは、医療業界向けに最先端の通信技術とアプリケーションを開発するジョイント・ベンチャーも設立します。

 2007年初めに開始予定のIPネットワーク移行プロジェクトでは、UPMCの有線/無線データインフラストラクチャ、エンタープライズ・テレフォニー・システム、コンタクトセンター・プラットフォームおよびアプリケーションを新しい統合IPインフラストラクチャにアップグレードします。これにより、音声、データ、ビデオを統合するネットワークが構築され、患者や医者に利益をもたらす高度な通信機能の開発が可能となります。

 アルカテルは、幅広いソリューション群、世界的な営業力、医療業界特有のニーズに対する深い理解を有していることから、インフラストラクチャおよびアプリケーションの提供ベンダーに選ばれました。本プロジェクトでは、企業向けのデータ・ソリューションおよびテレフォニー・ソリューション、IPルーティング製品、光伝送技術、コンタクトセンター・ソリューションなどをはじめとするアルカテルの幅広い製品群が用いられます。

 アルカテルとUPMCは、医療業界向けのアプリケーション、テクノロジー、ソリューションの開発のため、ジョイント・ベンチャーにそれぞれ2,500万米ドルずつ投資します。当初は、公安分野に重点を置き、緊急時に救急隊員、主要な意思決定者、医療機関が重要な情報やアプリケーションを安全に共有しアクセスできるようなシステム、プロセス、テクノロジーの確立を目指します。

 UPMC、CIO(最高情報責任者)、Dan Drawbaugh氏は次のように述べています。
 「UPMCの使命は、優れた患者治療と、臨床研究や技術革新によって新しい医療システムを構築することです。このため、信頼性と拡張性のある最新式の通信システムを必要としています。アルカテルの革新的な製品によって、音声ネットワークとデータネットワークが統合され、シームレスな通信が可能となります。臨床および経営上必要な情報へのアクセスは、最も適切な通信経路を用いて行います。我々は、このイニシアチブが、地域や国内外におけるUPMCのニーズに応えるべく拡大すると考えています。」

 アルカテル、北米担当プレジデント、Hubert des Pesquidoux氏は次のように述べています。
 「アルカテルは、医療業界が、緊急時における従来の通信手段と業務プロセスをより迅速に、より効率良く初期対応できるようなモデルに見直すためのサポートを行います。UPMCのネットワーク移行に際して、当社の幅広い通信ソリューションを活用することにより、業務プロセス全体を合理化し、業界のリーダーとしての役割を確固たるものにする新しいサービスとアプリケーションを提供できるようになると確信しています。」


<ピッツバーグ大学医療センターについて>
 ピッツバーグ大学医療センター(UPMC)は、米国ペンシルベニア州最大の総合医療センターで、米国有数の非営利医療機関です。U.S. News & World Report誌の2006年度「America’s Best Hospitals」、「America’s Best Health Plans」の両方のランキングに選出された唯一の組織です。UPMCは、患者の治療、研究、技術、健康管理の分野における革新に定評があり、ペンシルベニア州西部地域の経済状況を変化させました。UPMCは、同地域最大の雇用主として43,000人の従業員を抱えており、収益は約60億米ドル、19の三次病院、専門病院、地域病院と、400の外来患者向け施設、医局、退職者向けおよび長期者向け養護施設、医療保険、国際出資会社で構成されています。約5,000人の医師がUPMCと関係しており、内2,300人は医師として雇われています。2005年4月、IBM、Cerner、アルカテル、dbMotionなどの業界トップ企業と総額1億7,500万米ドルの共同開発契約を締結し、世界中の医療の安全性と効率性が強化されるような革新的な技術とサービスの商用化を目指しています。

<アルカテルについて>
 アルカテル(ALCATEL)は、フランスを本拠とする世界屈指の電気通信システム・機器メーカーで、通信事業者やサービスプロバイダ、一般企業に対し、音声、データ、ビデオ・アプリケーションなどへの通信ソリューションを世界規模で提供しています。固定および移動体通信向けブロードバンドネットワーク、アプリケーション、サービスの分野において主導的な地位を占め、ユーザー視点の“ブロードバンドワールド”の創造に寄与しています。
 世界130ヶ国以上でビジネスを展開し、連結総売上高は131億3,500万ユーロ(約1兆8,500億円)(2005年度)。URL: (リンク »)

<日本アルカテル株式会社>
 日本では1987年より事業を展開、アルカテルの各事業部門の統合的なサービスを提供しています。
所在地:〒108-6027 東京都港区港南2-15-1品川インターシティー A棟27F/
代表取締役社長:西山直人/創業:1961年12月、設立:1987年5月/
資本金:4億6,400万円/従業員数:80名/URL: (リンク »)


  ……………………………………………………………………
            本件に関するお問い合わせ先:
             日本アルカテル株式会社
         TEL:03-5715-6300 FAX:03-5715-6333
            E-mail:info@alcatel.co.jp
  ……………………………………………………………………

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

日本アルカテル株式会社の関連情報

日本アルカテル株式会社

日本アルカテル株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR