アルカテルとKodiak Kenai Cable Company、アラスカで海底ケーブル網および陸上ソリューションを敷設

日本アルカテル株式会社 2006年07月27日

 (7月17日、パリ発) 通信システム・機器メーカー世界大手のアルカテル(本社:フランス、会長兼CEO:セルジュ・チュルク)は7月17日、海底ケーブル敷設船「Maersk Defender」が、アラスカ州スワードで、Old Harbor Native Corporationの子会社であるKodiak Kenai Cable Company向けに、地域海底ケーブル網の敷設を開始することを発表しました。

 この新しい海底ケーブル網「Kodiak Kenai Fiber Link(KKFL)」の一括敷設は、アンカレジやスワードからキナイ半島やコディアック島の住民に初の光ファイバー通信を提供するもので、約6万人の地域住民やコディアック島にあるAlaska Aerospace Development Corporationのロケット打ち上げ施設の通信要件を満たします。

 KKFLは、最大で毎秒約1テラビット(Tbit/s)の伝送容量を提供できるよう設計されており、全長900キロメートル以上、アンカレジ、ホーマー、キナイ、ミルベイ、ナローケープに陸揚げ地点を置きます。本プロジェクトは、2006年12月までに完了する予定です。

 KKFLによって提供される高速ネットワーク接続性やより大きな伝送容量は、経済開発をサポートします。また、研究および教育への刷新されたアクセスの提供や、先端の遠隔医療アプリケーションの使用を可能にするなど、既存の活動を強化します。Kodiak Kenai Cable Companyは、地域電話会社や長距離電話会社と協力して、音声、インターネット、イーサネット・ベースのサービスを含むその他のデータサービスのためにブロードバンドへのアクセスを提供します。

 Kodiak Kenai Cable CompanyのCEO、Walt Ebell氏は次のように述べています。
 「本プロジェクトによって、既存サービスのセキュリティとクオリティを向上させると同時に、先端サービスをより多くの家庭ユーザーや企業ユーザーが利用できるようにします。本プロジェクトのパートナーを選定する上で、アルカテルが光通信ネットワーク分野における豊富なノウハウと最高レベルの専門サービスを有していることが、重要な要素となりました。」

 アルカテル、サブマリン・ネットワーク事業部プレジデント、Jean Godeluck氏は次のように述べています。 
 「Kodiak Kenai Cable Companyは、KKFLにより、地域開発をサポートするネットワーク容量や信頼性をもたらす地域通信インフラストラクチャを再構築します。当社は、最近着手されたほぼ全ての地域海底通信プロジェクトに参加しており、無事完成させています。これらに続く今回の新プロジェクトは、アルカテルが海底通信ネットワーク敷設に最適なパートナーとなるよう努めていることを裏付けるものです。」

 アルカテルは、安全かつ信頼性のある伝送能力を提供するターミナル技術や実績ある無中継海底ケーブル、ランディングステーションでの柔軟な接続性を提供するマルチプレクサー装置「1677 SL SONET」などを敷設します。高密度波長分割多重(DWDM)を用いることで、将来のトラヒック・ニーズに対応し、容量を拡大することができます。また、アルカテルは、海底、陸上システムのインストレーション(設置)を含む包括的なサービス一式と、ネットワークのコミッショニング(性能検証)も提供します。


<Kodiak Kenai Cable Companyについて>
 Kodiak Kenai Cable Company(KKCC)は、サービスプロバイダ向けの高度通信設備の敷設および運用を目的として、Old Harbor Native CorporationとOuzinkie Native Corporationによって設立されました。KKCCは、電話、インターネット、その他データサービスの提供を行う地域電話会社や長距離電話会社にブロードバンド容量を提供する、通信事業者のための通信事業者として活動しています。

<アルカテルについて>
 アルカテル(ALCATEL)は、フランスを本拠とする世界屈指の電気通信システム・機器メーカーで、通信事業者やサービスプロバイダ、一般企業に対し、音声、データ、ビデオ・アプリケーションなどへの通信ソリューションを世界規模で提供しています。固定および移動体通信向けブロードバンドネットワーク、アプリケーション、サービスの分野において主導的な地位を占め、ユーザー視点の“ブロードバンドワールド”の創造に寄与しています。
 世界130ヶ国以上でビジネスを展開し、連結総売上高は131億3,500万ユーロ(約1兆8,500億円)(2005年度)。URL: (リンク »)

<日本アルカテル株式会社>
 日本では1987年より事業を展開、アルカテルの各事業部門の統合的なサービスを提供しています。
所在地:〒108-6027 東京都港区港南2-15-1品川インターシティー A棟27F/
代表取締役社長:西山直人/創業:1961年12月、設立:1987年5月/
資本金:4億6,400万円/従業員数:80名/URL: (リンク »)


  ………………………………………………………………………
            本件に関するお問い合わせ先:
             日本アルカテル株式会社
         TEL:03-5715-6300 FAX: 03-5715-6333
            E-mail:info@alcatel.co.jp
  ………………………………………………………………………

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

日本アルカテル株式会社の関連情報

日本アルカテル株式会社

日本アルカテル株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!