モンタビスタ、Carrier Grade Edition 4.0を発表

Linux2.6カーネル ベース 業界をリ-ドするネットワーク機器メーカーが採用する唯一のCarrier Grade Linux

モンタビスタソフトウエアジャパン株式会社 2005年05月17日

2005年5月16日(現地時間)米カリフォルニア州サニーベール発-
テレコム市場向けLinuxのリーディング プロバイダであるMontaVista Software Inc.(以下、モンタビスタ)は、本日、MontaVista Carrier Grade Edition 4.0(CGE)を発表しました。CGE4.0は、最新のLinux 2.6カーネルに、先進のハード リアルタイム機能やユニークなクラスタリングの新サービスを統合し、市場にリリースされているAdvancedTCA ハードウェアを最も広範にサポートします。

第4世代のリリースとなるCGE4.0は、その品質、厳しい機能要求への対応、先進テクノロジの採用といった点において実績を備えた市場で唯一のLinuxです。CGE4.0を利用するネットワーク機器メーカー(NEP:Network Equipment Provider)は、高信頼性を備えコスト効果に優れた次世代通信システムを、第1世代製品に見られるような懸念なく、迅速に構築し、リリースすることができるようになります。

モンタビスタのCEO兼プレジデント、ジム・レディ(Jim Ready)は、次のように述べています。
「NEPは、フィールドで実績があり技術的にも高度なソリューションを求めています。テレコム業界が、自社のネットワークを再設計し、新しい高度な機能を導入するという厳しいプレッシャーに対応する状況にあって、彼らは、利用するソフトウェア プラットフォームが、自社の設計目標の達成をサポートすると同時に、プロジェクト スケジュールをリスクに晒さずに済むという確信を持ちたいのです。」
「CGE4.0は、世界で唯一の第4世代のキャリア グレード Linuxであり、ネットワーク機器メーカーが先進のLinuxテクノロジをコスト効果に優れたCOTS(標準汎用品:Commercial-Off-The-Shelf)コンポーネントと組み合わせることを可能にしてきました。過去4年間にわたるこうした経験や技術をベースとするCGE4.0を利用することで、機器メーカーは、信頼性のある機能豊富なキャリア クラスのソリューションを大胆に構築、運用することができるようになります。」

CGE4.0は、フィールドで最も多くのテストを経て、市場で最も実績のあるLinux ディストリビューションです。3世代の製品を通じ、世界の主要なNEPがキャリア ネットワークに導入した唯一のキャリア グレードLinuxであり、現在、設計中の高度なテレコム ソリューションの基盤として利用されています。CGEはハイ アベイラビリティ システムのためのService Availability Forum(SA Forum)のアプリケーション インターフェイス仕様とOpen Source Development Labs (OSDL) Carrier Grade Linux 2.0 要求の両方の厳しい要求を達成する唯一のキャリア グレード Linux OSです。

モトローラ社のエンベディッド コミュニケーションズ コンピューティング担当ストラテジック マーケティング ダイレクタ、Wade Campbell氏は次のように述べています。
「MontaVista Linuxは、モトローラにとって戦略的な開発プラットフォームです。」
「キャリア グレードのオペレーティング システムの提供を通じてモンタビスタには業界で積み重ねてきた技術やノウハウが備わっているので、CGE4.0が今後も通信業界のユニークな要求に対応し続け、そして、モトローラがお客様の次世代アプリケーション構築のために、実証済みの統合型コミュニケーション サーバを提供し続けることを可能にするものと確信しています。」

インテル社のインフラストラクチャ プロセッサ ディビジョン、マーケティング ダイレクタのSteve Price氏は次のように述べています。
「多くのお客様の間で、キャリア グレードLinuxを搭載したAdvancedTCAプラットフォームを採用しようという傾向が見られます」「Intel(R)アークテクチャ ベースのプロセッサやネットワーク プロセッサとMontaVista Linux CGE 4.0の組み合わせは、ネットワーク機器メーカーにとって理想的なビルディング ブロックとなり、製品化の短縮とより優れた価格パフォーマンスを達成します。

世界の主要なハードウェア パートナーからの支持に加え、CGE4.0は、キャリア クラスのISVによる充実したエコシステムへの対応で、さらに業界をリードします。こうした組み合わせは、テレコム機器メーカーが迅速、かつ効果的に堅牢なサービス アプリケーションやハイ アベイラビリティ サービスを構築することを支援します。

Solid Information Technology社の共同設立者でありシニア バイス プレジデント兼CTOのAri Valtanen氏は次のように述べています。
「テレコム市場の潮流は、相互運用性と標準ベースの設計へと向かっています。こうした状況にあって、信頼性に優れたセキュアなソリューション構築をサポートする柔軟性を備えたビルディング ブロックが、OEMやテレコム機器メーカー向けに利用可能になっています。」「MontaVista Linux CGE 4.0は、Solidが通信業界向けのアプリケーション開発用に高信頼性データ管理ソリューションを提供する上で理想的なプラットフォームです。」

GGE 4.0は、オープン スタンダードなハイ アベイラビリティ サービスに強くフォーカスしたキャリアグレード クラスのアプリケーションのユニークで厳しい要求に対応することを目的に設計された、オープンで柔軟性に富んだ開発プラットフォームです。

CGE4.0の特長
●最新の業界標準
 ・安定した最新のLinux 2.6.10カーネル ベース
 ・OSDLのCarrier Grade Linux 2.0仕様準拠
 ・SA Forumのハードウェア プラットフォーム インターフェイス、アプリケーション インターフェイス仕様をサポート

●先進のリアルタイム サポート
 ・パフォーマンス ベンチマークでプリエンプション レイテンシーが標準2.6カーネルの200倍以上の応答性を示す統合リアルタイム テクノロジ
 ・新たな優先順位付けされたスレッドとして実装されたインターラプト ハンドラスケジューリング
 ・新たなリアルタイム構成オプション:4つのモードから選択可能

●ハイ アベイラビリティ サービスと冗長ハードウェア サポート
 ・アプリケーション保護機能:
  クラスター メンバーシップ、フォルト検出、チェック ポインティング、クラスター メッセージング サービス等
 ・ATCAホット スワップ
 ・イーサネットのフェイル オーバーとアグリゲーション リンク
 ・信頼性や冗長性を備えたファイル システムのサポート:ジャーナリングとディスク ミラーリング(RAID、DRDB)等

●サービサビリティ
 ・カーネル リソース モニタリング フレームワーク
 ・IPMIハードウェア マネージメント
 ・リモート アクセスでのシステム イベント ブローカーとイベント ログ
 ・高度なクラッシュ分析ツールを備えたLAN、メモリ内、ディスク経由のカーネル ダンプ
 ・運用システムのデバッグとライブ アプリケーション レベルのパッチ機能

●広範なプラットフォーム サポート
 ・最新のATCA (Advanced Telecommunications Computing Architecture)
  プラットフォーム サポート
 ・複数のアーキテクチャをベースとする10種類のプロセッサ ファミリ
  (32/64ビット)

●MontaVista DevRocket(TM)開発環境の強化
 ・ハイ パフォーマンス マルチスレッド設計
 ・デバッカ機能の改良
 ・オープンソース開発ツールの統合性を強化
 ・バージョンアップされたEclipse 3.0.1とCDT 2.1テクノロジを採用

リリース
MontaVista Linux Carrier Grade Edition 4.0のテスト版が現在利用可能です。

モンタビスタは、新たなCGEテクノロジを6月6日~10日にシカゴで開催されるSuperCommのSolid Information Technology ブース(#53015)とSA Forumブース(#71022)でデモします。


モンタビスタソフトウエアについて
モンタビスタは、オープン ソース プラットフォームの提供を通じて、システム設計者による多岐にわたるネットワーク対応のインテリジェント機器、通信用インフラストラクチャの革新を可能にします。商用レベルのLinux ベース オペレーティング システムをソフトウェア開発者に提供します。MontaVista Linuxは、ユニバーサルな開発プラットフォームで、お客様の製品の差別化を可能にし、より低い総開発コストで、より早い製品化を実現します。MontaVista Linuxは、世界的な大企業により採用されています。

リアルタイム オペレーティング システムの先駆者ジェームス・レディ(James Ready)により1999年に設立され、米カリフォルニア州サニーベールに本社を置きます。モンタビスタは、主要投資企業や戦略的な投資家より出資を受けた株式非公開企業です。詳しくは、 (リンク ») をご覧ください。

モンタビスタソフトウエアジャパン株式会社は、MontaVista Software Inc. の100%日本法人として2000年7月に設立され、日本市場に対して組込みLinux、およびそれに関わるあらゆるサービスを提供しています。
詳しくは、 (リンク ») をご覧ください。


Linux は Linus Torvalds の登録商標です。
MontaVistaは、MontaVista Software Inc.の登録商標です。
その他のすべての名称は、各社の商標、登録商標、またはサービス マークです。


【問い合わせ先】
モンタビスタソフトウエアジャパン株式会社
マーケティング部:安田 佳世子
TEL: 03-5469-8840  FAX: 03-5469-8801
Email: kayoko_yasuda@montavista.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

モンタビスタソフトウエアジャパン株式会社の関連情報

モンタビスタソフトウエアジャパン株式会社

モンタビスタソフトウエアジャパン株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR