エス・エス・ジェイ、認定資格「SuperStream Professional」を9月1日より開始

~ SuperStream技術者認定制度を拡充、全国で受験可能に ~

スーパーストリーム株式会社 2006年08月31日

エス・エス・ジェイ株式会社 (本社:東京都品川区、代表取締役社長:佐藤祐次、以下 SSJ)は、2006年9月1日(金)よりSuperStream技術者認定制度を拡充し、「SuperStream Professional(スーパーストリームプロフェッショナル)」認定資格試験を開始することを発表致します。

これまで、SuperStreamの認定資格は初期設定、マスタ登録、運用指導などを行う「SuperStream Specialist」認定資格試験のみでしたが、今回、企業の要求仕様に基づきFit&Gap分析から本番稼働まで全プロセスに携わる高度な知識および経験を証明する資格である「SuperStream Professional」認定資格を開始する事により、質の高いサービス提供を実現できる技術者の育成と、SuperStreamエンジニアが持つ技術レベルの客観的な判断基準の提供を実現いたします。
なお当社では、「SuperStream Professional」の認定技術者に関し、今後一年間で約100名の資格取得者を見込んでおります。

■「SuperStream Professional」認定資格概要
○開始日:2006年9月1日(金)
○受験会場:全国約124個所 (※2006年9月1日現在)
○受験資格: 3社以上のSuperStream導入経験
○内容: ユーザーから提示された要求仕様に基づき、当該モジュールをインプリメントできるコンサルタント
○業務範囲:Fit & Gap~本番稼動までの全てのプロセス
○認定対象モジュール:(モジュール毎に認定資格が付与されます)
【会計】SuperStream-CORE、AP+、AR+、PN+、FA+、field、Planning
【人事・給与】SuperStream-HR+、PR+、field/HR
※詳細に関しましては、  (リンク »)   をご参照下さい。

現在、中堅企業におけるERPまたは業務パッケージの導入が増加しており、業務パッケージ技術者の確保が重要な課題となっています。SuperStreamの市場規模も一層の拡大が予想され、SuperStreamにおいてもパッケージ導入プロジェクトの増加に伴い、質の高いコンサルティングサービスと短期導入の実現が市場から求められるようになっておりました。
そうしたことから、SuperStream技術者不足を早期に解消し、より質の高いサービスを提供できる技術者を育成するために、当社では2004年8月よりSuperStream技術者認定制度および「SuperStream Specialist」認定資格を開始。現在までの約二年間に200名を超える「SuperStream Specialist」認定技術者が誕生しております。
今回の「SuperStream Professional」認定資格の導入に伴い、SuperStreamパートナーにとっては、より多くのSuperStream認定技術者を確保することで、パートナー間の技術水準と競争力の強化が可能になります。一方導入検討企業はパートナーの認定技術者の数、認定モジュール等の情報により客観的な技術水準を予め知ることができ、最適と判断できるパートナーを選択することができるようになります。

当社では現在、最上位の認定資格となる「SuperStream Expert(スーパーストリームエキスパート)」の開設準備もすすめており、今後とも、質の高いコンサルティングサービスと短期導入の実現に向け、認定制度の充実を図って参ります。

なお今回より、コンピュータを利用したテスト(CBT:Computer Based Testing)事業分野におけるリーディングカンパニーであるアール・プロメトリック社のCBTテストへ認定試験方法を変更したことにより、受験者の都合に合わせて受験する場所や日時が自由に選択できる「随時型試験」が可能となっております。

■エス・エス・ジェイ株式会社について
エス・エス・ジェイ株式会社は統合業務パッケージ「SuperStream(財務会計・人事/給与)」の開発・販売を行っています。SuperStreamは1995年6月の発売開始以来、国内の中堅企業を中心に支持を受け、累計で4,284社(2006年3月現在)を超える導入実績があります。(そのうち約465社が店頭市場以上に公開。)販売開始から10年間、様々な業種の業務ノウハウと日本の商慣習を充分にふまえた製品開発を続けており、基本的にノンカスタマイズ・ローコストでの短期間導入が可能です。特に機能の充実度については高い評価をいただいており、費用対効果の高い基幹システムの構築を実現します。


<問い合わせ先>
エス・エス・ジェイ株式会社 営業本部マーケティング企画部
TEL: 03-5702-9141 FAX: 03-5702-9111
Email: mkt_p@ssjkk.co.jp URL: (リンク »)

【ご参考】SuperStream技術者認定制度

SuperStream技術者認定制度は、SuperStream製品に関する十分な知識とノウハウを持つパートナー技術者をエス・エス・ジェイ株式会社が認定技術者として証明する制度です。
SuperStream技術者認定制度では、認定カテゴリを製品毎にSpecialist/Professionalの2レベルに分類しています。更にProfessional認定された技術者には、会計、人事給与の業務モジュールにおいてExpert認定をおこなっています。
技術者の認定はエス・エス・ジェイ株式会社が実施する製品知識試験(SuperStream技術者認定試験)に合格する事が条件となります。

◇SuperStream Specialist ※2004年8月1日~
当該モジュールの標準機能と操作を理解し、重要な設定項目に関する基礎的な知識を備え、導入支援が行えるコンサルタント
○業務範囲:初期設定、マスタ登録、運用指導
○認定対象モジュール(各モジュール毎に認定資格が付与されます)
【会計】SuperStream-CORE、AP+、AR+、PN+、FA+、field、Planning
【人事・給与】SuperStream-HR+、PR+、field/HR

◇SuperStream Professional ※2006年9月1日~
ユーザーから提示された要求仕様に基づき、当該モジュールをインプリメントできるコンサルタント
○業務範囲Fit & Gap~本番稼動までの全てのプロセス
○認定対象モジュール(各モジュール毎に認定資格が付与されます)
【会計】SuperStream-CORE、AP+、AR+、PN+、FA+、field、Planning
【人事・給与】SuperStream-HR+、PR+、field/HR

◇SuperStream Expert Accounting (※実施予定)
SuperStream Professional の会計モジュールのうち5資格取得者に自動付与

◇SuperStream Expert Human Resources (※実施予定)
SuperStream Professional の人事給与の全モジュール資格取得者に自動付与

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?