イーサネットサービススイッチ「7450 ESS」シリーズの販売を開始 ~自社開発の高性能ASICによりフルワイヤースイッチングと高度なQoSを実現~

日本アルカテル株式会社 2004年07月28日

 日本アルカテル株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:藤井克美)は、イーサネットサービススイッチ「7450 ESS(イーサネットサービススイッチ)」シリーズの出荷を8月より開始します。販売代理店を通じて国内の通信事業者を主対象に販売を行い、価格はオープンプライス。7450 ESSシリーズ全体で初年度100億円の売上を目標としています。

 広域イーサネットを中心としたイーサネットサービスは、通信事業者のサービスの中でも最もホットな分野で、旧来型の専用線、フレームリレー、ATMに代わる企業向けデータ通信のインフラストラクチャとして普及が急速に進んでおり、今後も高い伸びが期待されています。広域イーサネットサービスは、利用者にとっては、コストパフォーマンスが高く、レイヤ2レベルの透過性があるため、非常に使いやすいといったメリットがあります。しかし、通信事業者側にとっては、これまでのレイヤ3スイッチが不安定であったため高品質サービスの提供が難しく、またレイヤ2レベルのネットワークで網の安全性を確保することも難しいといった改善を要する点も残されていました。

 7450 ESSシリーズは、これらの問題点を解決し、通信事業者の次世代イーサネットサービスの構築を強力に支援します。本製品シリーズにより、通信事業者は、高品質なMPLSベースのイーサネットサービスを容易に、そして安価に実現することができます。また、先進の階層化QoS、拡張性あるVPLSにより、収益性が高く競争力のあるメトロイーサネットサービスの提供を可能にします。

 7450 ESSシリーズは、1スロットのESS1、および7スロットのESS7の2つのタイプから構成されます。
 ESS1は、優れたコストパフォーマンスを発揮する、小規模拠点への展開に最適なイーサネットサービススイッチです。1.5U(高さ6.6cm)のコンパクトな筐体に20Gb/s(全2重ノンブロッキング)のスイッチング容量を持っています。10ギガイーサネットにも対応しており、ワイヤレートのパケット転送が可能です。
 ESS7は、キャリアクラスの信頼性を提供する高機能スイッチです。8U(高さ36cm)の大きさで200Gbps(全2重ノンブロッキング)のスイッチ容量を持っています。10ギガイーサネットインタフェースを最大10ポート搭載可能で、全ポートでワイヤースピードでのルーティングおよびスイッチングに対応。電源、ファン、コントロールカード、スイッチファブリック等の共通部は全て2重化に対応しています。

用語解説

■製品の特長

分散型パケットフォワーディング アーキテクチャ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 自社開発のASICにより、20Gbps/スロットのスイッチ容量と全てのポートでのフルワイヤースイッチングを実現。

サービスベースの階層型QoS
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 自社開発のQoS専用ASICを搭載しており、ユーザトラフィックの優先順位毎に最大帯域と保証帯域を個別に設定することができます。また、残余帯域は複数のサービスあるいはユーザで共有することができ、ネットワーク使用率を収益に対して最適化することが可能になります。このサービス単位で設定可能な階層型QoS機能のサポートにより、通信事業者のネットワークのトラフィックを最適化することができると同時に、サービスとして提供するSLA(サービス品質保証契約)をより魅力あるものにします。

スケーラビリティの高いVPLS
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 MPLSをベースとした業界最先端のVLL(仮想専用線)、VPLS(仮想私設LANサービス)、そして階層型VPLSを使うことによって、通信事業者が差別化されたメトロサービスを利用者に提供することが可能です。また、サービスに対して高い収容密度を有しており、ESS7ではVPLSを4000インスタンスまでサポートしています。その他、コストパフォーマンスの高いMPLSノードとして、50msec以内の回復機能、トンネリング、トラフィックエンジニアリング機能等を提供しています。

充実したOAM機能
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 サービスごとのOAMを提供。VPLS内での遅延時間、接続性確認、優先制御の確認などが可能になり、これにより通信事業者はこれまで以上に高度なSLAの提供と、運用、保守、開通のためのコストの大幅削減を実現できます。

高いポート実装密度
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ┌────────┬──────┬──────┐
 │            │  ESS1    │  ESS7    │
 ├────────┼──────┼──────┤
 │ 10/100BT      │  120     │  600     │
 ├────────┼──────┼──────┤
 │ 1G Ethernet     │   20      │  100     │
 ├────────┼──────┼──────┤
 │ 10G Ethernet    │   2      │   10     │
 ├────────┼──────┼──────┤
 │ OC-3/OC-12 PoS│   32     │  160      │
 ├────────┼──────┼──────┤
 │ OC-48 PoS     │   8      │   40      │
 └────────┴──────┴──────┘


<VPLSについて>
 VPLSは、新しいメトロ、国内および全世界規模のイーサネットサービスで、完全メッシュ型のレイヤ2マルチポイント接続性によって、顧客のローカルエリアネットワーク(LAN)を複数のロケーションに拡張します。VPLSによって、サービスプロバイダはMPLSを強化し、拡張性や信頼性があり、効率的に運用できるソリューションを実現できます。また、企業はイーサネットを強化し、異なるトラヒックに対しサービス品質(QoS)をサポートした簡単でコスト効率の良いマルチポイントサービスを提供することができます。アルカテルは、IETF、MEF、 MPLS/フレームリレー・アライアンスなど、VPLS規格の確立や新しいIP/MPLS技術サービスのマルチベンダー相互運用テストの実施などを手がける規格団体や業界フォーラムに積極的に参加しています。

<アルカテルについて>
 アルカテル(ALCATEL)は、フランスを本拠とする世界屈指の電気通信システム・装置メーカーで、通信事業者やサービスプロバイダ、一般企業に対し、音声、データ、ビデオ・アプリケーションなどへの通信ソリューションを世界規模で提供しています。固定および移動通信向けブロードバンドネットワーク、アプリケーション、サービスの分野において主導的な地位を占め、顧客に対し、付加価値を提供しています。
 世界 130ヶ国以上でビジネスを展開し、連結総売上高は125億ユーロ(約1兆6千億円)(2003 年度)。URL: (リンク ») 。

<日本アルカテル株式会社>
 日本では1987年より事業を展開、アルカテルの各事業部門の統合的なサービスを提供しています。
所在地:〒108-6027 東京都港区港南2-15-1品川インターシティー A棟27F/
代表取締役社長:藤井克美/創業:1961年12月、設立:1987年5月/
資本金:4億6,400万円/従業員数:80名/URL: (リンク »)


  ……………………………………………………………………………………
         製品に関する読者からのお問い合わせ先:
             日本アルカテル株式会社
         TEL:03-5715-6300 FAX: 03-5715-6333
            E-mail:press@alcatel.co.jp
  ……………………………………………………………………………………

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

日本アルカテル株式会社の関連情報

日本アルカテル株式会社

日本アルカテル株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR