アルカテル、ブロードバンドアクセス製品「ISAM」シリーズの新製品を発表

日本アルカテル株式会社 2005年10月13日

 (10月4日、スペイン、マドリッド発) 通信システム・装置メーカ世界大手のアルカテル(本社:フランス、会長兼CEO:セルジュ・チュルク)は10月4日、業界トップのアクセス製品シリーズの新製品「Alcatel ISAM Voice Package」を発表しました。本製品は、レガシーなPOTSやISDNのラインカードだけでなくVoIPメディアゲートウェイを備えており、NGN/IMSネットワークへの移行をサポートします。

 徐々に老朽化してきた従来のPSTN(公衆交換電話網)の近代化が進むことで、サービスプロバイダは戦略的な選択を行うことができるようになります。その中でも、多くのサービスプロバイダは、単にレガシーな音声サービス機能を置き換えるより、今後成長が見込めるサービスをサポートできる光ファイバを利用した新たなブロードバンドアクセスインフラへの投資を選択しています。

 今後は二つの技術的選択がアクセス製品の展開を大きく変えていきます。一つはネットワーク統合のためコアプラットフォームにIPおよびイーサネットを採用するかどうかということ。もう一つはIPTVサービスをサポートするためファイバアクセスに対応できる広帯域のプラットフォームを採用するかということです。これらの選択は明らかであり、IPおよびイーサネットをプラットフォーム上で実現しながら、光ファイバをできるだけ経済的にエンドユーザの近くまで引き込むことができるような柔軟なフォーム・ファクタとインターフェースが必要です。

 「Alcatel ISAM Voice Package」は、IPTV/トリプルプレイサービスの展開とレガシーなPSTNからNGN/IMSへの移行の両方をサポートする統合型ブロードバンドアクセスネットワークを敷設することができ、アクセスネットワークの変革を成功させるための重要なソリューションです。

 インフォネティックス・リサーチ社(Infonetics Research)、主席アナリスト、マイケル・ハワード(Michael Howard)氏は次のように述べています。
 「インフォネティックス・リサーチ社が世界の主要サービスプロバイダに対して実施した最近の調査によると、92%のプロバイダが自社のブロードバンドアクセスネットワーク上でパケット化された音声サービスをサポートする必要があると回答しています。さらに、62%のプロバイダが、2006年初めまでにIPTVをサポートする必要があるとしています。アルカテルのISAM製品シリーズは、タイムリーなソリューションで、これら通信事業者のニーズを満たすものです。」

 アルカテル、固定通信ビジネス事業部プレジデント、ミシェル・ライエー(Michael Rahier)氏は次のように述べています。
 「『Alcatel ISAM Voice Package』は、アルカテルが革新的なエンド・ツー・エンドのトリプルプレイソリューションの提供に努めていることを示す製品です。35 社以上の顧客がISAMシリーズの導入を予定しており、アジアの通信事業者大手は既に『Alcatel ISAM Voice Package』を導入済みであるなど、アルカテルは着実に実績を積み上げています。」

 アルカテルは、既に世界中で7,000万回線のDSLを出荷しており、120社を超えるサービスプロバイダにブロードバンドアクセスソリューションを導入しているなど、傑出した実績を上げています。


<アルカテルのユーザ中心型トリプルプレイについて>
 アルカテルは、今日増大している個人向けおよびインタラクティブなサービスに対するニーズに応えるため、世界中の通信事業者が自社のネットワークを変容し、はるかに優れた新しいサービスをエンドユーザに提供できるようサポートします。アルカテルのユーザ中心型のトリプルプレイサービスは、ブロードバンド技術、IPネットワーキング、オプティクス、マルチメディア、ビデオ・アプリケーション、エンド・ツー・エンドのサービス統合などの分野における業界トップクラスの技術と経験のもとにつくられたものです。エンドユーザは、様々なデバイスやネットワークを通じて、簡単かつシームレスにVoD(ビデオ・オン・デマンド)、パーソナルTV、コミュニティチャネル、オンラインゲーム、そして、音楽・写真・ホームビデオの共有など、独自のサービスを楽しむことができます。

<アルカテルについて>
 アルカテル(ALCATEL)は、フランスを本拠とする世界屈指の電気通信システム・装置メーカで、通信事業者やサービスプロバイダ、一般企業に対し、音声、データ、ビデオ・アプリケーションなどへの通信ソリューションを世界規模で提供しています。固定および移動体通信向けブロードバンドネットワーク、アプリケーション、サービスの分野において主導的な地位を占め、ユーザ中心型“ブロードバンドワールド”の創造に寄与しています。
 世界130ヶ国以上でビジネスを展開し、連結総売上高は122億6,500万ユーロ(約1兆6,500億円)(2004年度)。URL: (リンク »)

<日本アルカテル株式会社>
 日本では1987年より事業を展開、アルカテルの各事業部門の統合的なサービスを提供しています。
所在地:〒108-6027 東京都港区港南2-15-1品川インターシティー A棟27F/
代表取締役社長:西山直人/創業:1961年12月、設立:1987年5月/
資本金:4億6,400万円/従業員数:80名/URL: (リンク »)


  ……………………………………………………………………………………
         本件に関する読者からのお問い合わせ先:
             日本アルカテル株式会社
         TEL:03-5715-6300 FAX: 03-5715-6333
            E-mail:info@alcatel.co.jp
  ……………………………………………………………………………………

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

日本アルカテル株式会社の関連情報

日本アルカテル株式会社

日本アルカテル株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから