ファクティバ、重要な公的地位を有する者(PEP)のリスクに対応する 数々のパワフルなツールを発表

独自の新PEPリスクスコアツールがリスクマネジメント機能を向上させます

ファクティバ ダウジョーンズ&ロイター 2006年07月04日

ファクティバ ダウジョーンズ&ロイターは本日業界初のPEPリスクスコアツールを含む、ファクティバ・パブリックフィギュア&アソシエーツ(PFA)の新機能を発表しました。 信頼性の高いPFAグローバルデータベースには、重要な公的地位を有する者(PEPs)およびその親族や密接な関係にある者の50万名以上のプロファイルに加え、広範な国際制裁および法的処罰リストが含まれます。

今回の新機能追加によって、コンプライアンス担当者向けの新しい検索機能、検索結果処理能力、管理機能が加わり、マネーローンダリングにまつわるリスクを更に軽減することができます。

ファクティバ暫定CEOクロード・グリーンは次のように述べています。「ファクティバ・パブリックフィギュア&アソシエーツは世界中の重要な公的地位を有する者のプロファイルを提供するツールとしての業界基準を確立しました。 北米の5大金融機関の3行、そして世界の7大金融機関の5行において、反マネーローンダリング管理のためにファクティバが全社内で利用され信頼を得ています。」

ファクティバ・パブリックフィギュア&アソシエーツの新機能:

●PEPリスクスコアツール:管理者が、重要な公的地位を有する者(PEP)に関するリスクガイドを定義し管理することを可能にした業界初の新機能。 PEPレコードに自動的にリスク情報が生成され、コンプライアンス担当者が組織のリスクマネジメント戦略に該当するPEPをどのように取り扱うべきか判断する際に役立ちます。

●PEP情報フィルタ:ファクティバ・パブリックフィギュア&アソシエーツのPEP情報を現地の財界や規制環境に合わせてカスタマイズすることができ、効率的な絞込みを促進。

●ニュースリサーチ:ファクティバ・パブリックフィギュア&アソシエーツの最も新しい機能としてPFAリサーチを追加。この新機能は、批判記事検索におけるファクティバの経験に基づいて構築されたものであり、ファクティバ・パブリックフィギュア&アソシエーツのユーザーはファクティバの比類ない1万以上の信頼性の高い情報ソースコレクションのシームレスな検索が可能となります。

●ユーザー体験の強化: ファクティバ・パブリックフィギュア&アソシエーツの新機能により、ユーザーは新規に検索条件を追加でき、ユーザーは検索の幅や精度を調節することができます。さらに検索する際に除外フィルタが利用でき、検索結果の処理に費やす時間を短縮できます。

「新しいPEPリスクツールはマーケットからのフィードバックと、ファクティバが過去5年間にわたりお客様の特殊なリスクに対応するために蓄積してきた経験を反映したものです。」とグリーンは述べています。「PEPは特殊であると言えます。というのも金融機関はPEPとの取引を禁じられてはいませんが、好ましくないPEPとの関係が明らかになった場合に企業は多大な影響を受けるからです。多忙なコンプライアンス部門からの更なる需要に応えたPEPリスクスコアツールは、企業が市場やリスクの許容範囲を理解し、適切な経歴を基にデューディリジェンス(適正評価)や監視が実行できるようにいたします。」

ファクティバ・パブリックフィギュア&アソシエーツについて

2001年に発表されたファクティバ・パブリックフィギュア&アソシエーツは、重要な公的地位を有する者(PEPs)に関する信頼性の高いグローバルデータベースです。 ファクティバ・パブリックフィギュア&アソシエーツはファクティバによって構築および更新されており、公人の親族や密接な関係にある者に関する広範な情報を含みます。 また、世界中の国際制裁および法的処罰リストに含まれる人物の詳細も提供しております。 アーカイブには50万人以上の独自の情報が含まれています。

ファクティバについて

ファクティバ ダウジョーンズ&ロイターは、ビジネスプロフェッショナルがより良い意思決定をより迅速に行えるようコンテンツ配信ツールおよびサービスを通じて、ビジネスにおいて必要不可欠なニュースと情報を提供します。 ファクティバのコンテンツコレクションには、ウォールストリートジャーナル、フィナンシャル・タイムズ、ダウ・ジョーンズおよびロイターのニュースワイヤー、A P通信、毎日新聞、読売新聞、産経新聞、時事通信、D&Bカンパニープロファイルを含む、10,000以上の信頼性の高い情報ソースから集められた、他社では提供することのできない唯一の情報コレクションになっています。

ファクティバのXMLベースとウェブサービスを可能にした革新的なテクノロジープラットフォームが、目的に応じたファクティバ製品、または企業、グループ、個人向けにカスタマイズされたソリューションを通じて、この豊富な情報コレクションへのアクセスを提供します。 役員、情報部門、マーケティング、営業、その他ビジネスプロフェッショナルは、Microsoft Officeや日常的に使用している業務アプリケーションから、最新ニュース、市場動向、経営課題を調査、把握することができます。

世界各国に180万人以上のユーザーがおり、フォーチュングローバル500社の80%がファクティバの製品を利用しています。ファクティバに関する更に詳しい情報は、ファクティバのウェブサイトwww.factiva.com(英語) (リンク ») (日本語)をご覧ください。


このプレスリリースに関するお問い合わせ:

ファクティバ ダウジョーンズ&ロイター
マーケティング・マネージャー
山本 彩子
Tel: 03-3432-4824
Fax: 03-3432-4288
saiko.yamamoto@factiva.com

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから