オールインワンIP-PBX「AquaVocal」を活用した 通販向け受注管理システム(5ユーザパッケージ) を298万円で販売開始

日立電線株式会社 2006年01月31日

日立電線株式会社は、オールインワンIP-PBX*1「AquaVocal」*2を活用したIP電話コールセンターシステム「通販向け受注管理システム(5ユーザパッケージ)」の販売を2006年2月1日より開始いたしますのでお知らせいたします。

大規模コールセンターにおいては、お客様の電話番号を発信者番号通知から自動的に読み取り、自社のデータベースと照合して過去の受発注履歴や住所等をオペレーターのパソコン画面に表示させるコールセンターシステムを導入することにより、お客様への木目細かな対応を実現しております。加えて、通信費用の低減だけではなく、レイアウト変更に伴うメンテナンスや配線工事のコスト削減を図るためコールセンターのIP電話化が進んでおります。
 近年、インターネットの普及によって、中小規模の企業においても容易に通信販売事業に参入することが可能となり、また、大企業であっても製品の問い合せや受注受付業務等は5名から20名程度で行うことが多いことなどから、少人数用の低価格なコールセンターシステムのニーズが高まっております。
 しかし、コールセンターシステムを構成するCTI*3ソフトは大規模システム向けが中心であり、IP電話システムの中心となるIP-PBXは500~1,000ユーザ以上を収容する大規模オフィス向けの製品が多く、導入に数千万円掛かる場合もあり、小規模なコールセンターで同様のシステムを低価格で導入することは難しい状況でした。

 そこで当社では、オールインワンIP-PBX「AquaVocal」を活用した「通販向け受注管理システム(5ユーザパッケージ)」を開発し、298万円で販売を開始いたします*4。
 AquaVocalは200ユーザ以内の中小規模のオフィスや、大企業の支店・営業所向けに当社が開発したもので、IP-PBX機能のほか、各種ゲートウェイ機能*5、PPPoE機能*6、停電時でもアナログ電話機から公衆網へ発着信が可能なサバイバル機能等のオフィスでIP電話を導入するための各種機能を一台に搭載したオールインワンIP-PBXです。AquaVocalを導入すること設備投資額を抑えて内外線の電話をIP化することが可能となります。
 「通販向け受注管理システム(5ユーザパッケージ)」は、このAquaVocalに、イーサネット*7スイッチ「Apresia」*8、中小規模コールセンター向けCTIソフトウェア「CallNavi通販パッケージ(5名分)」*9、5席分のIP電話機、ヘッドセットにより構成されます。
 お客様は、「通販向け受注管理システム(5ユーザパッケージ)」を購入いただき、CTIソフトウェアをインストールするためのサーバー及びクライアントパソコン、公衆電話網・外部のIP電話網に接続できる電話回線をご用意いただくことで5席分のコールセンターシステムの導入をおこなうことができます。また、有償でCTIソフトウェアをカスタマイズすることで、製品データベース等との連携による保守窓口のヘルプデスク業務や電子地図との連携で配送業務等に対応をさせること等が可能となります。

 「通販向け受注管理システム」は、AquaVocalの販売代理店を介して販売を行います。当社では、AquaVocalとIP電話機やIP電話関連アプリケーションとの連携を進めることで、中小規模オフィス向けIP-PBX市場におけるシェア拡大を図ってまいります。

用語解説

*1 PBX(Private Branch Exchange):構内電話交換機。IP-PBXはIP電話用構内交換機のこと。
*2 AquaVocalは日立電線株式会社の登録商標です。
*3 CTI(Computer Telephony Integration):電話やFAXをコンピュータシステムに統合する技術。コールセンター等で利用されている。顧客データベースと連携したシステムでは、電話番号から顧客情報の表示を行うこと等ができる。
*4 設置費用、工事費用、保守費用、サーバー、クライアント用パソコン(5台)、電話回線は含まれません。
*5 ゲートウェイ:通信サービス事業者、IP電話網、一般電話網、構内電話網等の間を相互接続するためのプロトコル変換機のこと。
*6 PPPoE(Point to Point Protocol over Ethernet):電話回線を使用してコンピュータをネットワークに接続する際に使用されるプロトコルをイーサネット上で使用できるようにしたもの。
*7 イーサネットは富士ゼロックス株式会社の登録商標です。
*8 Apresiaは日立電線株式会社の登録商標です。
*9 CallNaviは株式会社アクション・システムズの登録商標です。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

日立電線株式会社の関連情報

日立電線株式会社

日立電線株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから