オールインワンIP-PBX「AquaVocal」とソニックウォールのUTM(統合脅威管理)アプライアンスとの動作連携を確認

日立電線株式会社 2007年01月10日

日立電線株式会社は、オールインワンIP-PBX(注1)「AquaVocal」(注2)と、ソニックウォール(SonicWALL, Inc. 本社:米国カリフォルニア州サニーベル、日本オフィス:東京都港区)のUTM(統合脅威管理)アプライアンス(注3)「SonicWALL Proシリーズ」および「SonicWALL TZシリーズ」(以下、「SonicWALL UTM」といいます。)との動作連携を確認いたしましたのでお知らせいたします。

近年、データ通信網の低価格化と高機能化が進む中、企業においてはIP電話によって拠点間を結んだ内線電話網が急速に普及しつつあります。
本社と支店や営業所等の拠点間でIP電話による内線電話網を構築する場合、各拠点でIP電話用の機器を導入し、通信事業者のIP電話サービスに加入して拠点間を接続することが一般的です。しかし中小規模拠点では、これらの導入コストが問題となる場合がありました。そのため、より安価に内線電話網が構築できるシステムが求められております。

そこで当社は、当社のAquaVocalシリーズとソニックウォールのSonicWALL UTMとの動作連携を確認いたしました。
AquaVocalは、200ユーザー以内の中小規模のオフィス等向けに電話をIP化するための各種機能(注4)を一台に搭載したオールインワンIP-PBXで、コストを抑えてIP電話を導入することが可能です。また、ソニックウォールのSonicWALL UTMは、ファイアウォール機能やVPN機能(注5)等を一台に搭載し、価格を抑えながらインターネットをあたかも専用線のように使用することができるセキュリティ機器です。
このAquaVocalとSonicWALL UTMを組み合わせることで、中小規模オフィスでもユーザー数に合わせて効率的にIP電話の導入が行えるとともに、通信事業者のIP電話サービスに加入することなく、インターネット網を経由しIP電話による拠点間の内線電話通信ができ、導入費用を抑えてIP電話による内線電話網の構築が行えます。
また、運用面でもSonicWALL UTMのVPN機能を利用することにより、インターネット経由で遠隔地のAquaVocalの設定変更が行えるため、システム担当者が出張をすることなく対応が可能であるほか、ソフトフォン(注6)をインストールしたノートPCを利用することで、出張先のホテル等、インターネットと接続できる環境であればどこからでも内線通話を行うことが可能となります。(注7)
今後当社は、ソニックウォールの販売代理店であるキヤノンシステムソリューションズ株式会社と販売協力を行っていく予定です。

当社では、AquaVocalシリーズとさまざまなソフトウェアやアプリケーションとの連携を進め、より便利にIP電話システムを利用できるソリューションを提供することで、お客様の多様なニーズに対応し、中小規模オフィス向けIP-PBX市場におけるシェアの拡大を目指してまいります。
以上

【注釈】

(注1) PBX(Private Branch Exchange)は、構内電話交換機の略語です。IP-PBXはIP電話用構内交換機のことです。
(注2) AquaVocalは、日立電線株式会社の登録商標です。
(注3) UTM(統合脅威管理)アプライアンスとは、ファイアウォール、VPN、ゲートウェイ・アンチウィルス、アンチスパイウェア、侵入検知/防御等のセキュリティ機能を1台に統合した機器のことです。UTMは、Unified Threat Managementの略語です。
(注4) IP-PBX機能のほか、各種ゲートウェイ(通信サービス事業者、IP電話網、一般電話網、構内電話網等の間を相互接続するためのプロトコル変換機)機能、PPPoE(Point to Point Protocol over Ethernetの略語で電話回線を使用してコンピュータをネットワークに接続する際に使用されるプロトコルをイーサネット上で使用できるようにしたもの)機能、停電時でもアナログ電話機から公衆網へ発着信が可能なサバイバル機能等を備えています。
(注5) VPN(Virtual Private Network)は、インターネット網等を使用して、拠点間を専用線のように相互に接続し、安全な通信を可能にする技術のことです。
(注6) ソフトフォンは、PCにIP電話ソフトを組み込み、ヘッドセットや受話器等をつなげることでPCを電話機として使用するものです。
(注7) 使用するノートPCには、ソニックウォールの「SonicWALLグローバルVPNクライアント」のインストールが必要です。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

日立電線株式会社の関連情報

日立電線株式会社

日立電線株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR