モンタビスタ、2100万ドルの資金を調達

モンタビスタソフトウエアジャパン株式会社 2006年12月06日

2006 年 12月5 日(現地時間)米カリフォルニア州サンタクララ発-
組込み Linux および開発ツールの世界的なリーディング プロバイダである MontaVista Software Inc.,( 以下、モンタビスタ ) は、本日、Siemens Venture Capital を筆頭として、NEC、Alloy Ventures、US Venture Partners、Aplix等から、2100万ドルの資金を調達することを発表しました。

「モンタビスタは、2000社以上の顧客が既に数千万を超える製品に搭載し出荷しているという、高い実績を持つLinuxを提供するリーディングサプライヤです。」とモンタビスタの社長兼CEO、Thomas F. Kelly は述べています。「今回の資金調達により、当社は、製品ラインを拡大し、また市場にいる最もハイレベルな人材を雇用し続けていきます。」

Venture Development Corporation (VDC)によると、組込み・リアルタイムのモバイルアプリケーションのOS、同梱のツールおよびその関連サービスの世界規模での出荷は、2005年の10億ドルから、2008年までには20億ドルに達すると予測されています。

「当社は、ここ何年もの間でモンタビスタとのビジネスを増大してきており、モンタビスタの技術をベースにした戦略的な製品ラインを市場に出しています。」とSiemens AG、Siemens Corporate Research and TechnologiesのReinhold Achatz 氏は述べています。「モンタビスタは、重要なサプライヤであり、Siemens Venture Capitalによる投資拡大がそれを示しています。」

モンタビスタは、3種類のエディション-携帯電話およびモバイル機器対象のMobilinux、テレコムインフラ用機器対象のCarrier Grade Edition、広範囲な電子機器を対象としたProfessional Edition を提供しています。

「MontaVista Linuxは、実績のある、信頼性の高いソフトウエアです。」と、NEC 執行役員常務、丸山 好一氏は述べています。「当社では、MontaVista Linuxを採用したインフラ機器を稼動させており、シックスナイン(99.9999%)の信頼性を実現しています。当社では、今後も、より一層モンタビスタとの戦略的な関係を築き、拡大するNGN(Next Generation Network)関連市場に向けてMontaVista Linuxを採用してまいります。」

今回の資金調達は、11月24日に終了しています。この資金は、主に手元資金の増額のために使用される予定です。

「組込みLinuxのマーケットリーダに対して、当社が出資を増額することは適切な決断でした。」と、US Venture Partners のSteve Krausz 氏は述べています。「トップクラスの顧客の採用実績と技術におけるリーダーシップ、強力な経営陣および市場の大きさと成長性といった理由から、この出資は当然のことでした。」


MontaVista Softwareについて
モンタビスタは、通信、モバイルおよび組込み市場に対応した組込みLinuxのリーディングプロバイダです。モンタビスタでは、システム設計者が多岐にわたるネットワーク対応のインテリジェント機器、通信用インフラストラクチャの革新的な開発ができるよう、柔軟性が高く、オープンで完全なオペレーティングシステムを提供しています。
モンタビスタは、米カリフォルニア州サンタクララに本社を置き、15カ国に拠点を置いています。詳しくは、 www.mvista.com をご覧ください。

Siemens Venture Capitalについて
Siemens Venture Capital(SVC)は、Siemens AG -2005年度の世界での売り上げが754億ユーロと公表されている世界で最も大規模なエレクトロニクスおよびエンジニアリング会社-のための7億ユーロのコーポレートベンチャ組織です。

SVCの目的は、Siemensのコアビジネス、とりわけ情報通信、医療ソリューション、オートメーションおよび制御、電力、自動車技術と交通システム、および照明の分野におけるビジネスを強化する革新的な技術を見出し、投資していくことです。

SVCは、これまで、主に、US、ヨーロッパおよびイスラエルにある100社をはるかに超えるスタートアップ企業および30社のベンチャーキャピタルに対して、7億ユーロ以上の投資をしており、技術革新の世界規模のネットワークにおいて主要な役割を果たしています。SVCは、ドイツのミュンヘン、USのカリフォルニア州サンノゼとマサチューセッツ州ボストン、中国の北京と上海、およびインドのムンバイとバンガローに所在しており、またイスラエルの現地拠点を通しても活動しています。


Linux は Linus Torvalds の登録商標です。 MontaVista は、 MontaVista Software Inc. の登録商標です。その他のすべての名称は、各社の商標、登録商標、またはサービス マークです。



【問い合わせ先】
モンタビスタソフトウエアジャパン株式会社
info@montavista.co.jp
TEL: 03-5469-8840 FAX: 03-5469-8801

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

モンタビスタソフトウエアジャパン株式会社の関連情報

モンタビスタソフトウエアジャパン株式会社

モンタビスタソフトウエアジャパン株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?