個人情報保護法対策30の鉄則

日本電気株式会社 2005年04月04日

開催場所: 

開催日:  2005年4月4日~4月30日

申込締切日: 1970年1月1日

コース概要
国内弁護士で唯一のシステム監査技術者である藤谷護人氏が、個人情報保護法の全面施行を2005年4月に控え、企業・組織として、知っておくべきこと、やるべきことがなにか、個人情報保護法の鉄則を短時間でスッキリ解説します。

プラクティス(到達目標)
● ポイントを明確に捕らえて個人情報保護法対策ができる

コース内容 (カリキュラム詳細 (リンク »)

1.個人情報保護法対策30の鉄則
2.NECの個人情報保護関連サービスと事例紹介


*講師略歴
##藤谷 護人(弁護士法人エルティ総合法律事務所 所長弁護士/システム監査技術者)##我が国弁護士で唯一のシステム監査技術者。11年間、千代田区職員時代の住民情報システムの設計・製造・開発プロジェクトリーダーを経験。弁護士開業後はコンピュータ関係訴訟を多く手掛け、日本で初めての2000年問題訴訟も担当。システム訴訟、システム監査等の豊富な経験を踏まえて、実践に裏打ちされた「システム技術(含むセキュリティ技術)と法律技術との結合」について取り組む。現在、(財)地方自治情報センター評議員、日本弁護士連合会コンピュータ委員会副委員長。著書は、「e-Japan時代の情報セキュリティと個人情報保護」「IT企業法務」(IMS出版)、「地方自治IT法務大全」(日経BP社)、「個人情報保護法対策30の鉄則」(メディアセレクト)等、多数 。また、個人情報保護やネットワークセキュリティについて多数の講義・講演。


講師からのメッセージ
個人情報保護の漏えい対策は、IT基盤や入退室といった物理的対策に始まり、社員への啓蒙・教育などの人的対策、ルール・体制の整備などの組織的対策など広範囲な対応が必要です。また、万一、情報漏えいがあれば巨額の損害賠償責任が発生するので、経営上のリスクマネジメントが必須です。

講習日数
0.5 日間

受講料
5,000円(税抜き)/5,250円(税込み)

備考

・講習時間13:30~16:15
・講師は、藤谷(ふじたに)護人(もりひと) 氏。(弁護士法人エルティ総合法律事務所 所長弁護士/システム監査技術者)
・費用には藤谷講師の著書「個人情報保護法対策30の鉄則」(発行:メディアセレクト)の代金を含みます。(当日会場で配付)

■コース内容問い合わせ■
外線:03-5232-3080 内線:8-20-25641
担当:Eラーニング事業部 E-Mail:メール:isms-faq@spconsul.jp.nec.com

開催スケジュール ( (リンク »)
・本コース内容は、「カスタムメイド研修」にて対応することが可能です。お問合せください。

関連情報へのリンク »

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR