アイシェア、メールサービスを通してスポーツアスリートを支援

CLUB BBQプレミアム BLUETAGエディションを開始  ~bluetag.jpアドレスを利用してスポーツ・アスリートを支援。   サービス料金50%をスポーツ・アスリートの活動資金へ

株式会社アイシェア 2006年11月17日

 ポータビリティ対応のメールサービスを提供するアイシェアではスポー ツアスリートを支援する「プルータグプロジェクト(運営:ブルータグプ ロジェクト有限責任事業組合)」へ賛同。同プロジェクト運営ドメイン 「bluetag.jp」でのメール転送サービスを開始しました。 該当ドメインを選択した場合、利用費用の50%をブルータグの活動に寄 付します。 ※アイシェア http://ishare1.com/ ※ BLUETAG http://bluetag.jp/

 専用サイト(ブルータグ): (リンク »)
 専用サイト(アイシェア): (リンク »)

 ブルータグ( (リンク ») )はスポーツを変える青いチカラをテー
マにしたスポーツ振興事業。日本を代表するアスリートやマイナースポー
ツで活躍するアスリートへ金銭的支援も含めスポーツ振興をするプロジェ
クトとしてスタート。アフィリエイトでの支援、ワンコインプロダクト
購入費用での支援などインターネットを通した支援・振興活動を行ってお
ります。

アイシェア( (リンク ») )ではこの活動に共感し、自社運営中のメ
ールサービスの1ドメインとして提供することとなりました。
bluetag.jpでメールサービスを利用する会員のサービス利用料の50%を
活動へ寄付いたします。

◆転送サービスCLUB BBQプレミアム  (リンク »)

CLUB BBQプレミアムはポータビリティアドレスとして利用ができるサービ
ス。運営から10年になるオリジナルメールアドレスサービスCLUB BBQの高
機能版。昨今携帯を中心とした利用が高まっており機能を強化。端末は、
auをはじめSoftBank、DoCoMo、Willcomに対応。転送機能を活用することで、
自身の条件に合わせ、本文や宛先で自宅、会社携帯など柔軟な転送振り分
けが可能となるサービスです。

■CLUB BBQプレミアム ブルータグ エディション

 専用サイト(ブルータグ): (リンク »)
 専用サイト(アイシェア): (リンク »)

bluetag.jpを利用する会員にはサービス料金月額315円(年3750円)の50%
をブルータグの活動基金として寄付になります。ブルータグプロジェクト
では、各種競技の施設強化やアスリートの活動資金支援を目的とする「スポ
ーツ振興基金」や、アスリート本人に寄付していきます。


CLUB BBQプレミアム利用方法
・CLUB BBQプレミアム(年3750円 コンビニ/カード/振込/Webmoney)
 >>  (リンク »)
 ※PCでの決済後、各携帯端末でも利用可能

<<ブルータグエディションを選択することで利用可能>>

CLUB BBQプレミアムは各決済に対応
・ezweb版 au公式メニューから登録が可能(月315円)[au端末]
 コミュニケーション > グリーティング・メール >迷惑メール撃退BBQメール

・WILLCOM版 WILLCOM公式メニュー(月315円)[Willcom端末]
 WILLCOM公式メニュー> インターネット >メール >CLUB BBQ

・Yahoo!コンテンツストア(月315円)[Docomo Vodafone Au]
 >>  (リンク »)
 ヤフー!モバイル>ヤフーコンテンツストア>メール・ツール>CLUB BBQ

 ※Bluetagへの支援可能ドメインは現在PCからのお申し込みのみとなります。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社アイシェアの関連情報

株式会社アイシェア

株式会社アイシェアの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!