無料プレゼント中!iPhoneなどの米国スマートフォン調査レポート 米国インターネット業界マーケティングレポート最新号発行 http://tnetpress.com/slUsa/

トレジャーネット株式会社 2008年04月10日

米国法人トレジャーネット・インク日本支店(本社:米国シアトル、CEO:花房 寛、以下:トレジャーネット)は、米国インターネット業界の最新動向をマンスリーでまとめた『米国インターネット業界マーケティングレポート』の最新号を発行した。

最新号ではiPhoneやWindows Mobileなどの米国スマートフォン市場を特集。
今話題のiPhoneとWindows Mobileの攻防について重点的に取り上げる。他にも米国ウェブサービスの大手5社(Google、Yahoo!、Microsoft、Apple、Amazon)の1ヶ月の動向や、SNS業界動向などの他に、インターネット業界全体の動向など取り上げている。また今米国で注目を浴び始めているブロガーと広告主を繋ぐ広告サービス「Federated Media」についても取り上げている。この米国インターネット業界マーケティングレポートを、企業を対象に、初回のみサンプルとして提供する。

米国インターネット業界マーケティングレポートは、ウェブサービスが絶えずリリースされている米国インターネット業界の最新動向をまとめ毎月発行している。購読企業は100社を超え、その業種も携帯電話通信事業者、広告代理店、ソリューション開発・販売、システム開発、コンテンツプロバイダー、コンサルティングなど多岐にわたっている。

【米国インターネット業界マーケティングレポート最新号目次】

◆【特集記事】スマートフォン市場の動向
~スマートフォン市場の動向(Apple対Microsoft)~

◆【 Google月次動向サマリー】
~「Social Graph API」公開のリリースなど~

◆【 Yahoo!月次動向サマリー】
~「Yahoo! oneConnect」開始など~

◆【 Microsoft月次動向サマリー】
~「Yahoo!」買収提案のその後など~

◆【 Apple 月次動向サマリー】
~「iPhone」新モデル発売など~

◆【 Amazon 月次動向サマリー】
~「Product Ads」開始など~

◆【 SNS市場動向 月次動向サマリー】
~3大SNSサービスモバイル進出など~

◆【その他 業界動向】
~米国有力紙ジョイントベンチャー設立など~

◆【HOT NOW! 今月の注目サービス】
~広告サービスFederated Media~

【米国法人 トレジャーネット・インク 日本支店 会社概要】
MicrosoftやAmazonなどの大手IT企業が本社を構える米国シアトル近郊を拠点として、
米国、日本、韓国にてWEBコンサルティング事業、リサーチ事業、WEBメディア事業を展開しています。
-本社所在地:15337 NE 90th Street,Redmond,WA 98052, U.S.A.
-日本支店所在地:〒150-0012 東京都渋谷区広尾1-12-16 Hanasakiビル4F
-代表者: 花 房 寛
-設立年月日:2005年2月
-事業内容:ITコンサルタント、インターネット・サービス事業、広告事業、システム開発事業

<本件についてのお問い合わせ先>
【米国法人】 トレジャーネット・インク 日本支店
〒150-0012東京都渋谷区広尾1-12-16 Hanasakiビル4F
広報担当: 松坂 / press@treasurenet-usa.com/TEL.03-5789-4232/FAX.03-5421-6539

このプレスリリースの付帯情報

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

トレジャーネット株式会社の関連情報

トレジャーネット株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!