「Alibaba JAPAN」、ペット用品に関する調査 犬・猫保険に関心がある人 約7割

アリババ株式会社 2008年10月21日

From PR TIMES

~ 「Alibaba JAPAN」、ペット用品に関する調査 ~
「飼い主とペットが一緒」のサービスへの期待大
犬・猫保険に関心がある人 約7割



 世界最大級の企業間トレードサイト「Alibaba JAPAN」( (リンク ») )を運営するアリババ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:香山 誠、以下 アリババ)では、2008年10月6日~10月8日の3日間、現在ペットを飼っている人に対してインターネット調査を実施、計300名の回答を集計しました。

 ペットの家族化が進み、少子化の流れとは逆にペット数が増加している中、ペット市場は拡大傾向にあると期待されています。今回の調査では、ペット用品の購入ルートや購入頻度、金額等の傾向を把握する事ができ、今後の市場のトレンドが読み取ることができる結果となっています。

~調査結果~

■ペット用品を最もよく購入する場所 約6割が「ホームセンター」
 ペット用品を購入したことがある場所を複数回答形式で尋ねたところ、トップになったのは「ホームセンター」89.0%、2位「ペットショップ」62.0%、3位「ネットショップ」43.0%という結果になりました。更に回答のうち、ペット用品を最も購入する場所を単一回答形式で聞いたところ、トップは「ホームセンター」59.3%、2位「ペットショップ」17.0%、3位は僅差で「ネットショップ」14.3%となりました。専門店であるペットショップと比較して日用品の品ぞろえも豊富なホームセンターでの購入経験が多いことから、ペット用品は「目的・指名買い」による購入ではなく、日常の買い物の中での「ついで買い」の傾向が伺えます。次に、ペット用品の一ヶ月あたりの購入頻度を聞いたところ、「1ヶ月に3回以上」11.0%、「1ヶ月に2回」13.3%、「1ヶ月に1回」34.3%、「それ以下」41.3%となり、ペット用品について約4割の人が「1ヶ月に1回未満」の購入頻度であることがわかりました。また、ペット用品を購入する際、1回あたりいくらくらい使うのかを聞いたところ、最も多い回答は「1,000円~2,500円未満」で36.7%、次に多いのは「2,500円以上~5,000円未満」で21.0%、僅差で「500円以上~1,000円未満」20.0%となっています。

■ペットを飼っていて最も困っていることのトップ 犬・猫の場合「抜け毛」
 ペットを飼っていて最も困ることを尋ねたところ、トップになったのは「抜け毛」18.3%、2位「ニオイ」12.0%、3位「鳴き声」8.0%、4位「寄生虫や伝染病、その他の病気」7.0%、5位「留守中の様子」5.0%という結果になりました。
 また、最も可愛がっているペットとして犬を選択した人(131人)と、猫を選択した人(91人)にフォーカスしてみると、犬、猫ともに約3割弱の人が「抜け毛」と回答しました。さらに、その問題の対処方法を自由回答形式で聞いたところ、「ブラッシングをこまめに行うこと」や「こまめに掃除をすること」との回答が多く挙がりました。

■今後利用したい商品やサービス 飼い主とペット「一緒に」がポイントに
 現在飼っているペットの中で「犬を最も可愛がっている」人(131名)に、現在利用している商品やサービスを複数回答形式で聞いたところ、1位 「シャンプー、トリミング」59.5%、2位「ペットを預かってくれるホテル」32.8%、3位は「一緒に宿泊できるホテル」21.4%、4位が「一緒に入れるカフェ・レストラン」19.1%、5位以下は「葬儀・お墓」13.7%、「しつけ教室」13.0%、「ペット用のケーキ・おせち」12.2%という結果になりました。
 次に、今後利用してみたいサービスを複数回答形式で聞いたところ(現在利用しているサービスも選択可)、1位「シャンプー、トリミング」51.1%、2位「一緒に宿泊できるホテル」46.6%、3位「一緒に入れるカフェ・レストラン」38.2%、4位「ペットを預かってくれるホテル」34.4%、5位「しつけ教室」18.3%という結果になりました。「一緒に宿泊できるホテル」、「一緒に入れるカフェ・レストラン」については、「利用意向」が「現在利用」の割合の2倍以上となっており、「一緒に」というワードが、今後のペットのための商品やサービスのキーワードとなることが推察できる結果となりました。

■犬・猫保険に関心がある人 約7割
 「犬」もしくは「猫」を飼っている人を対象に、最近発表された「犬・猫用保険」の関心の有無を聞いたところ、「関心があり、すでに加入した」1.8%、「関心があり、これから加入したいと思う」2.7%、「関心があるが、加入するかどうかはわからない」62.6%となり、『関心がある』と回答した人は約7割に上りました。ペットフードや動物医療の進歩によって、ペットの寿命自体が伸びる傾向にあり、医療費自体の拡大に対する不安が高まっていると同時に、一緒に過ごす時間が増えてペットを家族のように扱う家庭が増えている事からも、犬・猫保険の関心の高さがうかがえる結果となりました。

■調査概要(クローズド調査)
◆調査テーマ・・・「ペット用品に関する調査」
◆回答サンプル数・・・300サンプル
◆対象者・・・ペットを飼っている人
20代~50代の男女 計300サンプル

◆調査内容
・ペット用品を購入したことがある場所
・ペット用品を最も購入する場所
・1ヶ月あたりのペット用品の購入頻度
・ペット用品を購入する際、1回に使う金額
・ペットを飼っていて困っていること
・利用したことのあるペットのための商品やサービス
・今後利用してみたいペットのための商品やサービス

■「Alibaba JAPAN」でのペット用品について
 「Alibaba JAPAN」は、世界規模の企業間トレードサイトとして、新たな商材のリサーチ・仕入れ先選定や、自社製品のさらなる販売拡大等、バイヤー企業とサプライヤー企業の国際的なマッチングの場を提供しています。現在のサイト内では130万点以上の製品を取り扱っており、その中でもペット・ペット用品に関連した商品は11,859点と豊富に取り扱っております。より多くのお客様にご利用頂けるよう今後もさらなる登録商品の拡充が見込まれています。

■Alibaba JAPANとは・・・( (リンク ») )
 Alibaba JAPANは、Alibaba.comの日本語サイトで、自社製品の販売先を求める売り手企業と、新たな仕入れ先を求める買い手企業とをインターネットを通じて結び、世界規模での売買取引を実現する企業間トレードサイトです。現在、130万点以上の製品点数を誇る最大級の企業間トレードサイトです。

■Alibaba.comとは・・・( (リンク ») )
 「Alibaba.com」は、アリババドットコム リミテッドが運営する世界中の企業との売買取引が可能な企業間トレードサイトです。1999年のサイト開設以降、中国国内で圧倒的なシェアを獲得するのみならず、世界規模で取り扱いを拡大し、ユーザー登録ID数約3,250万、240あまりの国・地域で利用されている世界最大規模のトレードサイトです。

■■報道関係者様へのお願い■■

 本リリース内容の転載にあたりましては、アリババ調べという表記をお使い頂けますよう、お願い申し上げます。

■会社名    :アリババ株式会社
■代表者名   :代表取締役 香山 誠
■所在地    :東京都中央区日本橋浜町2-12-4 エスエス製薬本社ビル4階
■事業内容   :企業間トレードサイトの開発および運営
■ホームページ : (リンク »)

【一般の方からのお問い合わせ先】
アリババお客様サポートセンター
■TEL     :0120-288-378  
■E-mail   :info@alibaba-inc.jp

【本件に関する報道関係者のお問い合わせ先】
アリババ株式会社 広報担当:安藤・浜迫
■TEL     :03-6892-0288(代表) 
■FAX     :03-6892-0212 
■E-mail   :pr@alibaba-inc.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

アリババ株式会社の関連情報

アリババ株式会社

アリババ株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!