スマートフォンからPCのデスクトップに接続する--3つの方法を紹介

文:Debra Littlejohn Shinder (Special to TechRepublic) 翻訳校正:村上雅章・野崎裕子 2011年01月14日 08時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スマートフォンの価値は、インターネットに接続したり、自らのデータにアクセスしたり、職場のコンピュータを操作できるという点にあると言ってもよいだろう。もっとも現在では、さまざまな情報をクラウド上に格納し、どこからでもアクセスできるようにしておくことが可能になっている。とは言うものの、職場に置かれているPCのデスクトップにアクセスし、プログラムやスクリプトを実行させたり、何かをシャットダウンさせたり、そのマシン上で動作中のアプリケーションやサービスをチェックしたりする必要が出てくることもまだあるはずだ。

リモートデスクトップ機能を用いた接続

 職場に置かれているコンピュータのOSがWindows XP Professionalであるか、あるいはWindows Vista BusinessやWindows 7 Professional、Windows Serverであれば、それらをリモートデスクトップサーバとして設定することができる。そうすることで、iPhone/iPadやAndroidデバイス、WindowsフォンからRemote Desktop Protocol(RDP)を介して該当コンピュータに接続できるようになる。

 WindowsコンピュータがRemote Desktop接続を受け入れるようにするための設定については、このページの手順に従ってほしい。

 その際にはファイアウォールを設定し、RDPが許可されるようにしておくことも忘れないでほしい。なお、RDPはデフォルトではポート3389を使用するようになっている。

 次に、スマートフォンにRDPクライアントアプリケーションをインストールする必要がある。こういったアプリケーションは、スマートフォンのプラットフォームごとに数多く提供されている。

  • Android用クライアントとしては、OmnideskWyse PocketCloudRemote RDPなどがある(Remote RDPには無償のLite版と、9.98ドルの通常版、19.98ドルのEnterprise版がある。なお、Enterprise版ではTLS/SSLによる暗号化と双方向オーディオがサポートされている。そして、Lite版ではタッチパッドモードやドライブマッピング、音声、クリップボード、画面の自動回転がサポートされていない)。
  • iPhone/iPad用クライアントとしては、MochaSoftのRemote Desktop Lite - RDPHLWのiTap RDPSplashtopのSplashtop Remoteがある。なお、2010年10月にはSplashtop RemoteがiPad向けの有料アプリケーションとして4カ国(オーストラリアと日本、韓国、英国)でトップの座を獲得し、カナダと中国で2位につけるとともに、米国の有料ビジネスアプリケーションにおけるナンバーワンの栄誉を勝ち取った(同社プレスリリース)と報じられた。
  • Windows Phone 7向けのRDPクライアントは、Windows Phone Marketplaceでもまだ提供されていない(Remote Desktopという名前のアプリケーションがあるが、実際にはVNCアプリケーションである)。その一方、Windows Mobileを搭載した多くのデバイスには、あらかじめリモートデスクトップクライアントが搭載されているうえ、多くのクライアントがさまざまなウェブサイトからダウンロードできるようになっている。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ZDNet Japanクイックポール
4月にサポートが終了した「Windows XP」の対応はどうしていますか。
過去の記事
カテゴリーランキング

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。

ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

ZDNet Japan Headline

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信