Windowsの起動時間を短縮するための5つのティップス

文:Michael Kassner (Special to TechRepublic) 翻訳校正:村上雅章・野崎裕子 2011年01月28日 08時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Windowsの起動の遅さに日頃イライラさせられているというのであれば、起動時間を短縮するための方法がいくつかある。本記事で紹介している方法は、画期的とまでは言えないものの、実践すれば確実に起動時間を短縮できるはずだ。こういった方法について詳しく知りたいという方は以下を読み進めてもらいたい。

#1:BIOSの設定を変更する

 ハードウェアに詳しい多くの人々は、Quick Boot(クイックブート)やBoot Device Priority(起動デバイスの優先順位)というBIOS設定の変更が有効であると考えている。しかし筆者が複数のコンピュータで試してみたところ、どちらの設定を変更しても起動時間はほとんど短縮されなかった。とは言うものの、試してみる際に必要となることは、BIOS設定における2つのデフォルト値を変更するだけだ。

 残念なことに、BIOS設定を変更する方法はコンピュータによってまちまちである。BIOS設定ページを表示させる方法をまとめたウェブサイトとしては、MicrosoftのMVP(Most Valuable Professional)であるMichael Stevens氏のこのページがお勧めである。ただ、BIOS設定の変更は、一歩間違うとコンピュータが起動しなくなる危険性もあることを認識し、注意して作業してほしい。

#2:使用していないハードウェアを無効化する

 コンピュータのハードウェアの中には、使用されないにもかかわらず起動時にアクティブにされているものがあるはずだ。こういったハードウェアも起動時間を長くする原因となっている。デバイスマネージャーを用いて、使用していないネットワークアダプタやBluetoothコントローラ、PCMCIAカードコントローラ、モデム、マルチメディアデバイス(ゲームポート等)を探してほしい。

 Windows 7では新たに、Microsoft Virtual WiFi Miniport Adapterというデバイスが追加されている。このデバイスはWireless Hosted Networkという機能で用いられるものである。これは仮想デバイスであるものの、仮想であろうと起動時にはCPUリソースを消費するのである。

 仮想アダプタも含め、使用することのないデバイスは、デバイスマネージャーから該当デバイスを右クリックし、無効化しておくとよいだろう(図A)。ただし、「コンピューター」や「ディスクドライブ」「ディスプレイアダプター」「IDE ATA/ATAPIコントローラー」「システムデバイス」の下にあるデバイスを無効化してしまわないよう注意してもらいたい。

図A 図A

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SpecialPR

連載

CIO
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
データドリブンな経営
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
林雅之「スマートマシン時代」
デジタルバリューシフト
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
モバイルファーストは不可逆
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ベネッセ情報漏えい
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
OS
XP後のコンピュータ
スペシャル
より賢く活用するためのOSS最新動向
HPE Discover
Oracle OpenWorld
AWS re:Invent 2015 Report
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
マーケティングオートメーション
AWS re:Invent 2014
Teradata 2014 PARTNERS
Dreamforce 2014
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
VMworld 2014
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化
NSAデータ収集問題